本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

法学部

専門分野をリードする教員による少人数教育で、リーガルマインドを養います。

法学部 イメージ

首都大学東京・法学部は、東京都立大学法学部の50年以上にも及ぶ伝統を礎にした、法律学及び政治学に関する専門教育を行います。

ネット社会化に象徴されるように、現代社会はその構造を急速に変化させています。それによりさまざまなメリットを享受できると同時に、これまで経験したことのない新たな問題も生じるようになっています。このような状況下、私たちは「一人一人の能力を引き出す専門教育」を心がけ、現代社会の諸問題に積極的に取り組む人材の育成に取り組んでいます。専門分野の基礎知識や体系的な諸理論を学ぶ講義科目と、学生の主体性が発揮される専門演習とを、車の両輪の働きをなすよう配置し、各専門分野をリードする教員を揃えています。

本学部の卒業生は企業、官庁をはじめ、幅広い分野で活躍しています。また、法曹を目指す方は法科大学院、より専門的な研究者を目指す方は、東京都立大学時代以来の定評ある研究者養成大学院への進学も可能です。

皆さんの積極的な挑戦を期待します。

法学部の特色

私たちの日常の諸活動は、ことごとく社会秩序の安定のうえに成り立っています。その秩序の形成には、公正なルールの確立とその適切な解釈と運用、さらには社会的諸力を結集させてそのルールに実効性をもたせることが必要です。そして、これこそが法学部のなかで学ばれる「法」や「政治」の働きなのです。

現代社会のグローバル化の急速な進展のなかで、環境問題や地域紛争、失業問題や社会保障不安など、さまざまな社会問題が生じて、私たちの日々の生活を脅かしています。こうした状況に適切に対応していくためには、社会の基本原理やルールを知ったうえで問題の性質を見極め、必要な情報を取捨選択し、問題解決の手段や方法を論理的に構成しなければなりません。今日、法や政治の原理的な探求が切実に求められている所以です。4年間の教育課程を通じて、法的思考(legal mind)と良き社会人としての特性(civility)を備え、現代に山積する諸問題に果敢に挑む多くの有益な人材を、社会のさまざまな領域に送り出すことこそ、本学部の責務であると考えています。

学生一人ひとりの能力を引き出す少人数教育を実現

徹底した少人数制を重視。10~20人参加の専門ゼミは約40教室を開講し、教員と学生との直接的な対話が成り立つ教育を実践しています。法律学・政治学研究をリードする教員の、さまざまな学界の先端をいく新しい知見が授業に生かされているため、高度な研究能力や知識とともに、総合的な思考力が身につきます。

問題関心と将来構想に応じた自由度の高い科目履修

両コースの枠を越えた科目選択が可能であるため、幅広い知識と教養、柔軟な発想、多角的な視点を身につけることができ、卒業後の進路もますます広がります。また、成績優秀者は3年次修了時に大学院に飛び入学できる制度もあります。

実務家との密接な連携による実務教育

司法試験合格率全国トップクラスを誇る本学の法科大学院の教員が学部の授業を担当しています。また、公務員志望者を対象にした都庁・官公庁の職員によるオムニバス形式の特別授業もあり、学生は実務上の素養を養い、資質を高めることができます。

概要

設置学科法学科
法律学コース、政治学コース
キャンパス南大沢キャンパス

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

私たちの日常の諸活動は、ことごとく社会秩序の安定のうえに成り立っています。その秩序の形成には、公正なルールの確立とその適切な解釈と運用、さらには社会的諸力を結集させてそのルールに実効性をもたせることが必要です。そして、これこそが法学部のなかで学ばれる「法」や「政治」の働きなのです。

現代社会のグローバル化の急速な進展のなかで、環境問題や地域紛争、失業問題や社会保障不安など、さまざまな社会問題が生じて、私たちの日々の生活を脅かしています。こうした状況に適切に対応していくためには、社会の基本原理やルールを知ったうえで問題の性質を見極め、必要な情報を取捨選択し、問題解決の手段や方法を論理的に構成しなければなりません。今日、法や政治の原理的な探求が切実に求められている所以です。

法学部では、東京都立大学法学部の伝統を引き継ぎ、学生一人ひとりの能力を引き出す少人数教育を通じて、法的思考(legal mind)と良き社会人としての特性(civility)を備え、現代に山積する諸問題に果敢に挑む有益な人材の育成を目的としています。

【求める学生像】
  1. 現代社会の諸問題を解決するために法学・政治学を学びたいと思う人
  2. 社会的に有意義な活動に積極的に取り組もうという意欲がある人
  3. 法曹、公務員、企業等、社会の第一線で活躍したい人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 現代社会の諸問題を学ぶために必要な基礎知識および基礎学力
  2. 問題への主体的な取り組みのために必要な論理的な思考力と表現力
  3. 問題への深く、幅広い視野からの取り組みのために必要な外国語能力
【入学者選抜の基本方針】

法学部では、一般選抜入試のほか、推薦・特別選抜入試を実施し、本学部のアドミッション・ポリシーに合致した多様な人材を選抜します。

  • 一般選抜
    • ・前期日程
      大学入試センター試験(必須教科として国語と外国語、選択教科として地理歴史、数学から1科目)によって、主に1の知識・学力を有しているか、また個別学力検査(国語と外国語)によって、主に2と3の能力を有しているかを評価します。
  • 多様な選抜
    • (1) 指定校推薦
      本学部が指定する高校から、本学部が求める学生像に合致し、本学部が高等学校段階までに修得していることを求める学力・能力を有していると推薦のあった生徒を対象とした選抜です。出願書類と面接によって、本学部が求める学生像に合致し、1から3の知識・学力・能力を有しているかを総合的に評価します。
    • (2) 特別選抜
      ・チャレンジ入試
      高等学校中退等の理由で大学入学資格を有していないが、強い勉学意欲のある人で、法学部が指定する本学部の科目の履修許可を受け、優秀成績で単位を修得した人を対象とした選抜です。出願書類、指定科目の履修成績、面接によって、本学部が求める学生像に合致し、1から3の知識・学力・能力を有しているかを総合的に評価します。
      ・帰国子女入試
      帰国子女を対象とした選抜です。出願書類、学力試験(外国語と国語)、面接によって、法学部が求める学生像に合致し、1から3の知識・学力・能力を有しているかを総合的に評価します。
      ・中国引揚者等子女入試
      中国引揚者等子女を対象とした選抜です。出願書類、学力試験(外国語と国語)、面接によって、法学部が求める学生像に合致し、1から3の知識・学力・能力を有しているかを総合的に評価します。
      ・私費外国人留学生入試
      私費外国人留学生を対象とした選抜です。日本留学試験の成績、TOEFLのスコア、学力試験(地理歴史)、面接によって、法学部が求める学生像に合致し、1から3の知識・学力・能力を有しているかを総合的に評価します。

※試験教科・科目の詳細については、受験する年度用の「入学者選抜要項」又は「学生募集要項」を参照してください。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

ページトップへ