本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

作業療法学科

最新かつ細心の知識と配慮で心と体のリハビリができる医療専門職をめざします。

作業療法学科 イメージ

コンセプト

心や体に病気や障がいのある人々が、その人らしく、生き生きとした生活が送れるよう支援するのが作業療法士であり、その内容は、運動機能や精神機能の回復支援、日常生活での環境整備、対象者の症状や年齢に応じた就学・就労の支援など多岐にわたり、いまや社会において重要な役割を担っています。

作業療法学科では、学内での講義や実習をはじめ、病院やリハビリテーション施設での見学体験、評価実習、臨地実習など、密度の濃い実践的なカリキュラムと充実した設備を用意。作業療法の知識や支援技術などを幅広く徹底して学び、作業療法士として自立して活躍できる真の実力を身につけることを目標としています。また、「作業療法総合臨地実習」において、身体障がい・精神障がい・発達障がい・老年期の4つの領域すべてをバランスよく体験できるのも、本学科の特色のひとつです。さらに、4年次の終わりに受験する国家試験対策にも万全の体制で臨んでいます。

卒業後は、保健医療の専門職として、病院、保健・医療施設、国や地域の機関などを舞台に活躍するほか、大学院に進学し、研究者や指導者をめざす道も開かれています。

概要

オリジナル
ホームページ
作業療法学科 ホームページ 外部リンク
キャンパス南大沢キャンパス(1年次)
荒川キャンパス(2~4年次)
大学院人間健康科学研究科 人間健康科学専攻
作業療法科学域

カリキュラム

共通教養科目や基礎医学などの基礎科目をベースに、2・3年次で臨床医学系科目と専門科目を中心に学びます。病院や施設などの医療現場で実際に働く臨地実習は、2年次の学年末から3年次にかけての「作業療法初期臨地実習」(3週間×2回)と、3年次の学年末から4年次にかけて行う「作業療法総合臨地実習」(8週間×2回)を体験。治療を必要とする人々とのかかわりを通して学びながら、身につけた知識と技術、実践の融合をめざします。また、地域の健康増進に力を注いでいるのも本学科の特色です。

求める学生像

作業療法士には、高い目的意識と、周りとの協調性、社会性、人間に対する深い思いやりの心が大切です。また、文系と理系のバランスのとれた学力に加え、自分の意見を相手にわかりやすく伝えられる力も求められます。持てる力を発揮し、病気や障がいを抱えている人に対して貢献したい、さまざまな課題の解決に向けて積極的に挑戦したいなど、対象者の自立的な生活支援に喜びを見いだすことができる人を待っています。

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

作業療法学科では、人種や言語等を問わず人間を思いやる心と問題解決のための思考力・創造性を自ら育むことができる人を求めています。健康と生活の専門職である作業療法に興味と具体的なイメージを持ち、人と社会に貢献するための強い探究心と向上心を持ち続けられる人材を期待しています。

【求める学生像】
  1. コミュニケーションの幅をひろげ、障がいのある人や他の職種の人と交流する意欲を持つ人
  2. 作業療法を理解し、人々の健康的な生活に役立てる意欲と能力をもつ人
  3. 柔軟な思考力と創造性を身につけて、様々な問題解決のために行動できる人
  4. 科学的視点を基盤として、社会で活躍できる学際性とリーダーシップ能力を自ら育む意思をもつ人
  5. 諸外国の人々と交流し、グローバルな視点で事象をとらえることができる人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 高等学校までに修得すべき科目の十分な学力
  2. 相手を思いやりながら判断を下せる柔軟な思考力と予見力
  3. 基礎科学を基盤とした観察力と表現力
  4. 諸外国を問わず多様な人々と交わり協働する力
【入学者選抜の基本方針】
  • 一般選抜
    • (1) 前期日程
      前期日程では、大学入試センター試験と口頭試問を含む面接を行い、上記1から4を総合的に判定します。
    • (2) 後期日程
      後期日程では、大学入試センター試験と口頭試問を含む面接を行い、上記1から4を総合的に判定します。
  • 多様な選抜
    • (1) 指定校推薦入試
      本学科が指定する高等学校との信頼関係に基づき、出願書類及び面接により上記1から4を総合的に判定します。
    • (2) 一般推薦入試
      出願書類、小論文、口頭試問を含む面接により上記1から4を総合的に判定します。
    • (3) 特別選抜
      ・社会人入試
      自己推薦書、社会人経験、小論文、面接により、1から4の能力を総合的に判定します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

作業療法学科の構成

ページトップへ