本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

理学療法学科

状況に柔軟に適応できる「臨床実践能力」を備えたメディカル・スペシャリストを育成します。

理学療法学科 イメージ

コンセプト

病気やケガにより「起きる・立つ・歩く」などの基本的動作が不自由になった人や、呼吸・循環器疾患や糖尿病などの身体機能に障がいをもつ人に対し、能力回復のための治療やトレーニングを行うのが理学療法士です。そのために、運動療法や超音波などの物理療法だけでなく、住宅環境の整備や訪問理学療法を行うなど、急速に進む高齢社会において、身体機能の維持・改善を援助するメディカル・スペシャリストとしての活躍がますます期待されています。理学療法学科では、「医学的基礎科目」「理学療法科目」「臨床医学科目」の3つの専門的分野を柱に学び、医療機関での実習を通して臨床実践能力を身につけます。さらに、各分野の専門教員がこまやかで実践的な指導を実践、充実した設備の実習室も完備し、専門知識と医療技術をしっかり身につけた医療の専門家の育成をめざしています。また、国家試験の合格に向けて学科全体でバックアップしており、例年、高い合格率を誇っています。

概要

オリジナル
ホームページ
理学療法学科 ホームページ 外部リンク
キャンパス南大沢キャンパス(1年次)
荒川キャンパス(2~4年次)
大学院人間健康科学研究科 人間健康科学専攻
理学療法科学域

カリキュラム

早期から医療専門職としての意識を高めるため、1年次に医学的基礎科目を専門科目として学び、学年が上がるにつれ、理学療法・臨床医学などの講義・実習を通して専門性を深めていきます。特に、19週間にも及ぶ長期間を実習教育に充て、2年次の後期には3週間の「機能・能力診断学臨床実習」を、3年次後期と4年次前期にそれぞれ8週間ずつの「総合臨床実習」を実施。都内および近隣県の病院や施設など、それぞれの医療機関の実習指導者によるマンツーマン指導のもと、理学療法評価や分析、治療計画の作成などを実践的に学び、身につけた理論や技術を確かなものにしていきます。さらに、患者さんと向き合うことで、個々の症状や悩み、家族の環境などを知り、理学療法士としての責任と自覚を新たにすることができます。

求める学生像

理学療法士は、身体運動機能に困難をもつ人と接し、その機能回復と心の支えになるのが仕事であるため、理学療法士を志した初心を忘れず、礼を重んじ、和を尊ぶ心、そして、学生として自身を律し、反省を忘れず努力する態度が求められます。また、現代のチーム医療の一翼を担う専門スタッフとして、知識と技術の向上のため、意欲と情熱をもって自ら学ぶ姿勢や、協調性、コミュニケーション能力も大切です。

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

超高齢化社会の世界のトップランナーとなった日本において、理学療法には、理学療法の知識・技術に立脚し、各職種間の連携を通して医療分野をはじめ、地域、予防・健康増進、スポーツなど幅広い分野での活躍が求められています。本学科では柔軟な思考力と広い視野と豊かな人間性といった資質を備え、医療専門職や研究者として国際・地域社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

【求める学生像】
  1. 豊かな人間性を持ち、理学療法を学ぶことで、保健・医療・福祉の分野に貢献できる人
  2. 幅広い基礎学力と応用能力を持ち、初心を忘れずに入学後も継続的自己学修ができる人
  3. 国際的視野を持ち、関係職種と協調し活躍できる人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 大学で理学療法を学ぶために必要となる高等学校主要科目の十分な基礎学力
  2. 自然科学に関する論理的な思考力と表現力
  3. 状況に応じて的確な判断を下せる論理的思考能力
  4. 主体性をもって多様な人々と協働する力
【入学者選抜の基本方針】
  • 一般選抜
    • (1) 前期日程
      前期日程では、大学入試センター試験により、高等学校等において基本とされる教科の基礎学力に加え、保健医療職として必要不可欠な豊かな人間性を確認するため面接試験及び口頭試問を実施し、1から4の力を総合的に判定します。
    • (2) 後期日程
      後期日程では、大学入試センター試験により、上記の基礎学力に加え、保健医療職として必要不可欠な豊かな人間性を確認するため面接試験及び口頭試問を実施し、1から4の力を総合的に判定します。
  • 多様な選抜
    ・一般推薦入試
    出願書類、小論文、面接及び口頭試問により総合的に判定します。さらに、大学入試センター試験にて「一般選抜:前期日程」必須教科を受験することが条件となります。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

理学療法学科の構成

ページトップへ