本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

看護学科

総合大学で学ぶ長所を保健・医療・福祉の現場で生かせる資質の高い看護職へ。

看護学科 イメージ

コンセプト

総合大学で学ぶメリットを生かし、他学科とも連携しあいながら、一般教養や基盤科目をしっかり学び、人のぬくもりのある看護に欠かせない豊かな人間性、社会性を身につけます。都立病院との連携を深め、より実践的な教育を展開、医療機関を中心とした従来の看護に加え、高齢者・在宅・地域・家族看護やターミナルケアなど、大都市東京の地域特性に対応した、より専門性の高い看護技術を習得し、特に必要性が高まっている在宅看護では、的確な判断力を元に患者の身体の状態に応じた看護の実現をめざします。演習にも力を入れ、教員のデモンストレーション、視聴覚教材を用いた学習、患者と看護者役を経験するグループワークなどを通して実践的な技術や判断力、倫理的な感受性を身につけます。さらに、臨地実習では事前にOSCE(客観的臨床能力試験)を実施し、学生の基礎的な臨床能力を評価した上で、すべての看護学専門領域において実際に患者を受けもち、問題解決法を用いて看護を実践します。

概要

オリジナル
ホームページ
看護学科 ホームページ 外部リンク
キャンパス南大沢キャンパス(1年次)
荒川キャンパス(2~4年次)
大学院人間健康科学研究科 人間健康科学専攻
看護科学域

カリキュラム

病院等の医療機関はもちろん、在宅や地域における看護活動を重視する本学科では、4年間を通して、様々な健康状態にある人々を対象としたカリキュラムを編成。特に、身体を系統的に観察するフィジカルアセスメントなど、科学的根拠に基づいた専門的な看護技術の習得に力を入れています。また、節目となる学内演習には都立病院から臨床指導担当の看護師が参加するなど、臨床現場からの視点が組み込まれるよう配慮しています。4年次には、卒業研究や総合臨地看護学実習などを実施し、学んできた知識と実践を統合。さらに、看護倫理学や看護管理学なども履修し、倫理的な判断能力、マネジメント能力の基礎を身につけます。

求める学生像

看護は人の命、心に寄り添って行われるもの。したがって、他者の権利や尊厳を重んじる心を培い、安全で的確な看護を提供できる高度なスキルや専門的知識を積極的に身につけようという意欲のある人、科学的かつ柔軟な発想で問題を解決する能力を備えた人、周りと協調しながらも主体的に行動し、リーダーシップが発揮できる人など、看護の専門職として、豊かな人間性で人や社会に貢献したいという人を歓迎します。

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

専門的な知識や技術、判断力、及び倫理的な感受性を身につけ、地域包括ケアの時代に、病院のみならず保健・医療・福祉のそれぞれの分野で、社会からの期待に応えられるサービスを提供する専門職として活躍できる看護職を育成します。

国際社会における看護の役割と機能に関心をもち、国際的視野を有する看護職を育成します。

【求める学生像】
  1. 人の健康と生命に関心を持ち、看護に関する学問・実践に意欲がある人
  2. 豊かな人間性を持ち、他者の権利と尊厳を重んじる態度が備わっている人
  3. 科学的かつ柔軟な発想をもって問題を解決する意欲と行動力を備えた人
  4. 主体性をもって多様な人々と連携・協働し、リーダーシップがとれる人
  5. 国際社会や異文化に対して広い関心をもった人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 大学で看護学を学ぶために必要となる諸科学に対する十分な基礎学力
  2. 状況に応じて的確な判断を下せる論理的思考能力
  3. 主体性をもって多様な人々と協働する力
  4. 国際社会においても活躍できるコミュニケーション力
【入学者選抜の基本方針】

  • 一般選抜
    • (1) 前期日程
      前期日程では、大学入試センター試験により、高等学校等において基本とされる教科を幅広く勉強して偏りのない素養を身につけ、十分に基礎学力を修得していることに加え、保健医療職として必要不可欠な豊かな人間性を確認するため面接試験及び口頭試問を実施し、総合的に優れた人を選抜します。
    • (2) 後期日程
      後期日程では、大学入試センター試験により、上記の基礎学力に加え、保健医療職として必要不可欠な豊かな人間性を確認するため面接試験及び口頭試問を実施し、総合的に優れた人を選抜します。
  • 多様な選抜
    • (1) 指定校推薦入試
      本学科が指定する高等学校との信頼関係に基づき、出願書類及び面接により総合的に判定します。
    • (2) 一般推薦入試
      出願書類、小論文、面接(口頭試問を含む)により総合的に判定します。
    • (3) 特別選抜
      ・社会人入試
      自己推薦書(受験理由書)卒業した大学の成績証明書、履歴書等による社会人経験、小論文、面接及び、TOEFL公式スコアにより、1から4の能力を総合的に判定します。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

看護学科の構成

ページトップへ