本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

放射線学科

充実した教育および研究環境で、現代医療に欠かせないスペシャリストを育成します。

放射線学科 イメージ

コンセプト

放射線学科では、科学的に放射線を理解できる力を養い、その基礎に基づいた知識と技術で先端医療施設や関連する機関で活躍できる放射線のスペシャリストを育成します。

荒川キャンパスには、X線CTや磁気共鳴イメージング(MRI)、およびSPECT-CT装置などの診断装置をはじめ、放射線治療装置(リニアック)、治療計画用X線シミュレータ装置、非密封RI施設など、充実した教育・研究環境が整っています。また、創造的かつ科学的な思考に基づいた高度放射線専門職の育成や、先端医療技術を開発できる人材の育成を進めている大学院教育との連携を図っています。3年次後期からは放射線診断物理学・核医学物理学・放射線治療物理学・医用画像情報学・医用画像診断学・放射線計測学・医用計測システム学・画像診断システム学の各分野の研究室に所属して先端の研究に取り組むための基礎知識と研究手法を習得できます。

概要

オリジナル
ホームページ
放射線学科 ホームページ 外部リンク
キャンパス南大沢キャンパス(1年次)
荒川キャンパス(2~4年次)
大学院人間健康科学研究科 人間健康科学専攻
放射線科学域

カリキュラム

専門教育だけにとらわれない幅広い知識と、医療を支える理工学の基礎と実践がバランスよく配置されたカリキュラムで構成されています。

1年次には、南大沢キャンパスで基礎ゼミナールや教養科目群および専門教育科目群を学び、2年次以降、荒川キャンパスにおいて専門分野を履修する上で必要となる理工学・医学の基礎知識(数学、物理、生物、化学、生理学および解剖学など)を確実に身につけることができます。3・4年次には、臨床実習(画像診断臨床実習・核医学臨床実習・放射線治療臨床実習)に臨み、医療への理解を深めます。また、卒業研究(特別研究、専門放射線学セミナー)では、柔軟な発想で研究テーマに取り組むことができるよう充実した環境を提供しています。さらに学生の自主性と研究へのモチベーションを高めるために各分野の学会などで発表する機会を積極的に設けています。所定の単位を修得すると卒業年度には「診療放射線技師国家試験」の受験資格を取得できます。この試験に合格することにより診療放射線技師として医療機関等で働くことができます。

求める学生像

放射線学科では、人体に関する正確な医学知識と理工学分野に関する専門知識、応用能力はもちろん、チーム医療に貢献できる協調性と医療スタッフの一員としての倫理観と責任感をもち、人とのかかわりを大切に、相手を思いやる心優しい人材となる学生を求めています。また、大学院への進学を推奨しており、人体の構造や臨床診断などの医学分野や、放射線物理・診断・治療・放射線計測・コンピュータなどの理工学分野について高い学習意欲のある

所属教員一覧

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

放射線学科は、放射線技術学の分野で確立された医療技術を理解し、それを安全かつ正確に遂行できる能力を持った診療放射線技師の育成を図っています。そのため、充分な基礎学力を有し、医療の知識・技術への学修意欲を持ち、責任感と協調性に優れた能力の高い人材を求めます。

【求める学生像】
  1. 人体の構造など医学分野や、放射線、診療機器、コンピュータなどの理工学分野について学修意欲のある人
  2. チーム医療を行う中で、協調性に富み、かつ責任を持って自分の役割を果たせる人
  3. 人を思いやる優しい心を持ち、かかわりを大切にする人
【高等学校段階までに修得すべき学力・能力】
  1. 大学で放射線科学を学ぶために必要となる数学及び理科の十分な基礎学力
  2. 自然科学に関する論理的な思考力と表現力
  3. 状況に応じて的確な判断を下せる論理的能力と研究能力
  4. 主体性および協調性をもって多様な人々と協働する力
【入学者選抜の基本方針】
  • 一般選抜
    • (1) 前期日程
      大学入試センター試験と個別学力検査、面接試験及び口頭試問により、高等学校等において基本とされる教科を幅広く勉強して偏りのない素養を身につけ、十分に基礎学力を習得した学生、特に修得すべき学力・能力の1に優れた人を選抜します。
    • (2) 後期日程
      大学入試センター試験と個別学力検査により、上記の基礎学力に加え、保健医療職として必要不可欠な豊かな人間性を確認するため面接試験及び口頭試問を実施し、修得すべき学力・能力の1から4の力を総合的に判定します。
  • 多様な選抜
    • (1) 指定校推薦入試
      本学科が指定する高等学校との信頼関係に基づき、出願書類及び面接により総合的に判定します。さらに、大学入試センター試験にて「一般選抜:前期日程」必須教科を受験することが条件となります。
    • (2) 一般推薦入試
      出願書類、小論文、面接及び口頭試問により総合的に判定します。さらに、大学入試センター試験にて「一般選抜:前期日程」必須教科を受験することが条件となります。

「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」及び「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」

放射線学科の構成

ページトップへ