本文へ移動します

平成30年4月から行われる組織再編成後の情報を表示しています。

現在の組織について調べたい場合は、教育 -学部・大学院-からご確認ください。

健康福祉学部

あなたの熱い気持ちを大切に、優れた臨床能力、問題解決能力を育みます。

健康福祉学部 イメージ

今、日本の保健医療は大きな転換点に立っています。社会保障制度の見直し、需要供給バランスの不一致や格差拡大、専門知識・技術の高度化に伴う保健医療職の質保証等、早急に解決すべき問題が山積しています。このような状況で、質の高い保健医療を進めるには、一人ひとりの医療専門職が優れた科学性と高い臨床能力を兼ね備え、どんな問題に対しても柔軟に対応できる応用力を持つ必要があります。しかし、何よりも保健医療職として必要なのは、患者様や障がい者の方々、そのご家族や介護者の方がともに幸せになるように、常に相手を敬い、相手と一緒に人生を歩み、相手から教わるという人間としての根本です。保健医療の「知と理の拠点」、健康福祉学部。その新たな歴史を作り、明日の健康・医療を担うのは、意欲と情熱にあふれた皆さんです。人を支えていきたい、という熱い気持ちを持った皆さんを、私たちは心よりお待ちしています。

健康福祉学部の特色

本学部の使命は、豊かな人間性、幅広い教養、高度な専門知識と技術、さらに学びを現場での実践に応用できる力を持った保健医療職業人の育成です。

本学部の大きな特色は地域との連携です。東京都が設置した医療系学部として、大都市・東京が抱える多種多様な健康・医療課題を解決すべく、様々な形で東京都や荒川区等の自治体、地域との連携が本学部では進められています。また、東京は世界都市でもあります。「国際的視点を有する医療人」の育成も目標の一つです。本学部は、様々な研究・教育プログラムを通して海外との交流を進めています。

このような目的に向かって、自ら課題を見つけ、自ら考え、自ら実践できる高度医療専門職・研究者・教育者を育成するためのプログラムが、本学部には備わっています。具体的には、1年次には南大沢キャンパスで様々な学部の学生とともに教養科目や専門基礎科目を学び、総合大学ならではのカリキュラムの中で、幅広い視点を獲得します。2年次からは荒川キャンパスで学び、医療専門家として必要な、高度で専門化された知識・技術を学びます。

チーム医療に貢献できる医療人の育成

現在、高度な知識と技術を持つ専門職間の連携と協働(IPC:Interprofessional Collaboration)が保健医療に求められています。IPCを基盤とするチーム医療・ケアに資する人材を育む目的で、学科を越え互いに理解し学び合う多職種間連携教育を進めています。講義や演習、また他の医療系大学との合同セミナーやIPC学習用シミュレーションルームでの実習も実施しています。これらの機会・設備を活用した学生自身の学習活動も活発です。

国際的視点を有する医療人の育成

将来、国際的な活躍を志す学生の育成に力を入れています。経済支援を伴う留学プログラムも複数用意されています。たとえば多職種間連携・海外短期研修では、イギリスやスウェーデンなどの大学・保健医療施設へ2週間程度留学し、チーム医療の現場で現地の学生と共に実際的・実践的に学びます。文化や言語の違いを体感しながら、新しい発見が得られる機会が広がっています。

高いレベルの研究者・教育者の育成

大都市東京の健康・医療課題に応えるカリキュラムを豊富に用意しています。最新知識・技術を教授する講義、高度な機材を用いた実習などを通じて、先進的な教育が行われています。学部は博士前期・後期課程を有する大学院人間健康科学研究科と連結しており、教員は高度な専門的研究を展開しています。これら先進的な研究・教育環境を通じて、研究者・教育者としての成長も支援します。

概要

オリジナル
ホームページ
健康福祉学部 ホームページ 外部リンク
設置学科看護学科
理学療法学科
作業療法学科
放射線学科
キャンパス南大沢キャンパス(1年次)
荒川キャンパス(2~4年次)

アドミッション・ポリシー

(クリックで表示)

生命の誕生から終焉に至るまでの多種・多様な健康・医療課題を有する方々と時間を共有し、その方々を敬愛し寄り添うことができ、かつ、自己の成長とともに豊かな人間性を得るために自己研鑽できる人材を求めます。

大都市の健康未来を創ることのできる実践的医療職・専門職を養成します。そのためには、幅広い教養を身につけ専門的知識・技術とともに医療的倫理観を基盤にして、患者の皆様や障がいを有する方々の病状や症状並びにその方々を取り巻く環境を把握し、様々な状況にも対応できる人材を育成します。

【求める学生像】
  1. 人の健康に関心を持ち、グローバル化した大都市東京の多種・多様な健康・医療課題に挑戦できる人
  2. 健康に問題を抱える人々を敬愛し、寄り添うことのできる豊かな人間性を有する人
  3. 豊かな教養と専門的学問知識(知の継承)を基盤にし、自ら考え、実践(知の応用・展開)できる人
  4. 現在の臨床医療の遂行にはチーム医療が不可欠であり、他の専門職を理解し協働して学ぶ姿勢を有する人
  5. 国際的視点を有し、異文化に対して寛容かつ柔軟に対応できる人

※試験教科・科目の詳細については、受験する年度用の「入学者選抜要項」又は「学生募集要項」を参照してください。

ページトップへ