本文へ移動します

山登 正文

氏 名山登 正文ヤマト マサフミやまと まさふみ
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
 
専門・研究分野高分子構造、高分子物性、磁気科学
最終学歴・学位東京都立大学工学部卒・博士(工学)(東京工業大学)
研究テーマ高分子材料の磁気プロセッシング
1:磁場配向を利用した複合材料の開発
2:磁気モジュレータを用いた微結晶の空間配置制御
3:造核剤の磁場配向を利用した結晶性高分子の機能制御
4:磁気プロセスによる相分離構造制御
5:磁場配向を利用した異方性ゲルの創生
研究キーワード磁場配向、磁気力、異方性材料、真球、パターニング、高分子高次構造制御,ナノコンポジットゲル
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
磁場による配向制御を用いた塗膜中のパール顔料の分光特性評価,山登正文,金丸昌司,渕田泰司,高橋敦,北原清志,色材,83, 330-332 (2010).
Magnetic Alignment in Solid State and Temperature Hysteresis in Aqueous Tetrahydrofuran Solution for Tetrathiafulvaleno[18]annulenes, Hideo Enozawa, Masashi Hasegawa, Eigo Isomura, Tohru Nishinaga, Tadashi Kato, Masafumi Yamato, Tsunehisa Kimura, and Masahiko Iyoda, ChemPhysChem ,10, 2607-2611 (2009).
Magnetic Alignment of Poly(ethylene terephthalate) in Molten State, M Yamato, T Kimura, K Takahashi and K Watanabe, Journal of Physics: Conference Series, 156, 012001.1-012001.5 (2009) .
強磁場によるパール顔料の配向(2) 磁気モジュレータによるパール顔料のパターニング, 渕田泰司,高橋敦,北原清志,山登正文,木村恒久, 日本印刷学会誌, 45, 27-32 (2008) .
磁場配向から見た結晶性高分子の溶融結晶化における初期構造の大きさ,山登正文,木村恒久, 高分子論文集, 67, 464-474 (2007).
Relationship between magnetic alignment and the crystallization condition of isotactic polystyrene, M. Yamato and T. Kimura, Sci. Tech. Adv. Mater., 7, 337-341 (2006).
強磁場によるパール顔料の配向, 高橋敦,小山博,渕田泰司,北原清志,山登正文,木村恒久, 日本印刷学会誌, 43, 125-128 (2006) .
受 賞2009年日本印刷学会論文賞
主な学会活動高分子学会、応用物理学会、日本化学会、日本磁気科学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 先端材料化学入門
  • 材料物理化学第1
  • 高分子マテリアル化学
  • 計算機化学
  • 材料熱力学1
  • コンピューターケミストリー
  • 先端機能物質化学講究Ⅰ
  • 先端機能物質化学講究Ⅱ
  • Advanced Polymer & Biological Chemistry
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
  • 先端材料化学入門
オフィスアワー月 15:00-17:00
研究室9号館137号室
内線番号内線4837
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ