本文へ移動します

山田 昌久

氏 名山田 昌久ヤマダ マサヒサやまだ まさひさ
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 歴史・考古学教室
人文科学研究科 文化基礎論専攻 歴史・考古学教室
 
専門・研究分野考古学
最終学歴・学位明治大学大学院文学研究科博士前期課程修了 文学修士
研究テーマ人類の生活技術史, 家族・家系・所有権・相続権・地域社会の起源, 縄文時代以降の定住による環境適合, 森林資源の利用技術, 集落(都市)水利
研究キーワード手法=実験考古学,環境社会学,植生史学, 対象時代=新石器時代から現代, 対象地域(研究フィールド)=東北アジア(中国・台湾・大韓民国・極東ロシア・日本列島), 素材=考古資料,民族資料,民俗資料
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
「木材の利用と実験考古学」『縄文時代の考古学』同成社(2007),
『是川縄文シンポジウム記録集2006』東奥日報社(2007),
「縄文・弥生幻想からの覚醒『狩猟採集社会の考古学』朝倉書店(2005),
『縄文人の世界-日本人の現像を求めて』角川書店(2004),
『考古資料大観-第8巻 木・繊維製品』小学館(2003),
『人類史集報1997〜2005』東京都立大学考古学報告2〜11(1997〜2006),
『縄文集落の復元』学生社(2001),
『シンポジウム縄文時代の考古学』学生社(2000),
『先史時代の木造建築』木造建築フォラム(2000),
『環境と歴史』朝倉書店(1999),
『縄文学の世界』朝日新聞社(1999),
『ここまでわかった日本の先史時代』角川書店(1998),
『縄文都市を掘る』日本放送協会出版会(1997),
『縄文時代研究の新視点』新泉社(1995),
『第四紀試料調査法』東京大学出版会(1994),
『新視点日本の歴史』新人物往来社(1993),
『岩波講座日本考古学-別巻2』岩波書店(1984),他。

「磨製石斧の実験考古学」『季刊考古学』81号雄山閣(2002),
「漆器」『季刊考古学』80号雄山閣(2002),
「組合せ式針葉樹鋤の再検討」『月間考古学ジャーナル』486号(2002),
「村にすむ時間の蓄積」『日本人はるかな旅』5(2002),
「縄文人の村づくり」『日本人はるかな旅』3NHK出版(2001),
「縄文の鍬鋤を使い続けた人々」『東北学』2(2000),
「木質遺物出土遺跡文献集成」『植生史研究特別1号』日本植生史学会(1993),
「考古学における木製遺物の樹種選択研究の現状」『日本民具学会論集』4日本民具学会(1990),
「縄紋文化の構図(上・下)『古代文化』古代学協会第48巻8号12号(1990),
「古墳時代牛馬耕開始説再論」『歴史人類17-筑波大学歴史人類学系紀要』(1990)
受 賞駿台史学会賞(1976)
主な学会活動日本考古学協会理事, 日本植生史学会評議員, 日本民具学会会員, 北アジア考古学研究会会員, 韓国考古学会会員, 北海道考古学会会員
社会等との関わり史跡整備委員(岩手県御所野遺跡), 国立歴史民俗博物館基幹研究共同研究員, 国立歴史民俗博物館展示プロジェクト委員, 遺跡調査指導委員(福島県浦尻貝塚調査, 富山県桜町遺跡調査, 大分県横尾貝塚調査, ほか), 埋蔵文化財専門指導員(青森県埋蔵文化財センター, 秋田県埋蔵文化財センターほか)
個人のURL
担当科目
  • 自然と共生する文明
  • 考古学入門
  • 博物館情報・メディア論
  • 博物館実習I
  • 考古学概論
  • 考古学実習Ⅰ
  • 考古学演習II
  • 考古学特殊講義Ⅱ
  • 博物館実習II
  • 考古学実習II
  • 考古学研究演習第二
  • 考古学特論演習第二
  • 考古学研究第二
  • 考古学特論第二
  • 考古学研究演習第二
  • 考古学特論演習第二
  • 修士論文指導(歴史考古)
  • 博士論文指導(歴史考古)
  • 修士論文指導(歴史考古)
  • 博士論文指導(歴史考古)
  • 自然と共生する文明
  • 考古学入門
オフィスアワー随時(アポイントをとってください)
研究室5号館437号室
内線番号内線1295
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ