本文へ移動します

山田 拓実

氏 名山田 拓実ヤマダ タクミやまだ たくみ  
職 位教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 理学療法学科
人間健康科学研究科 理学療法科学域
 
専門・研究分野理学療法学
最終学歴・学位EMORY University 大学院・医学博士(2000)
研究テーマ高齢者転倒予防,介護予防,呼吸リハビリテーション,バイオメカニクス,整形外科徒手療法、
研究キーワード嚥下障害・介護予防・慢性呼吸不全・呼吸筋トレーニング・呼吸理学療法
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
山田拓実:介護予防事業として取り組んでいる荒川版転倒予防体操の紹介.福祉のまちづくり研究6:11-15,2004
山田拓実,その他4名:身体機能低下の改善を目的に荒川版転倒予防体操の実施.GPnet8:33-37,2004
山田拓実,阿部直,片桐真人,横場正典,土橋ゆかり,冨田友幸:ヒト腹横筋の電気的活動に対する姿勢の影響.日呼吸会誌,38:100-106,2000
山田拓実,阿部直:呼吸筋と姿勢制御筋-呼吸リハビリテーションとの関係.呼吸と循環48:231-239,2000
山田拓実,町田和子:慢性閉塞性肺疾患患者に対する運動負荷の方法とその効果.理学療法17:382-389,2000
Abe T, Yamada T, Tomita T, and P.A. Easton, Posture effects on timing of abdominal muscle activity during stimulated ventilation. J Appl Physiol 86(6), 1994-2000, 1999
山田拓実,額谷一夫,佐野直樹,三沢和弥,夏井けい子:Flutterを使用しての呼吸訓練中の胸郭および腹部の運動,東京保健科学学会誌,1(2),72-75,1999
柳原幸治,額谷一夫,山田拓実:呼吸リハビリテーションの基本手技とその理論.臨床リハ別冊-呼吸リハビリテーション,72-98,2000
受 賞荒川区区政功労賞
主な学会活動日本理学療法士学会・日本リハビリテーション医学会・日本バイオメカニクス学会
社会等との関わり荒川区介護保険認定審査会委員
個人のURL
担当科目
  • 義肢装具学
  • 理学療法機器技術学
  • 義肢装具学実習
  • 運動学実習
  • 理学療法学セミナー
  • 心肺系理学療法学実習
  • 高齢者理学療法学
  • 機能・能力診断学臨床実習
  • 総合臨床実習Ⅰ
  • 総合臨床実習Ⅱ
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
  • 障害予防理学療法学特論
  • 障害予防理学療法学特論
  • 障害予防理学療法学特論演習
  • 障害予防理学療法学特論演習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 障害予防理学療法学特講
  • 障害予防理学療法学特講
  • 障害予防理学療法学特講演習
  • 障害予防理学療法学特講演習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
オフィスアワー月?金 10:00-17:00
研究室校舎棟研究室467
内線番号内線467
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ