本文へ移動します

山口 亨

氏 名山口 亨ヤマグチ トオルやまぐち とおる
職 位教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 情報通信システムコース
システムデザイン研究科 情報通信システム学域
 
専門・研究分野知能情報処理
最終学歴・学位千葉大学大学院工学研究科電子工学専攻修士課程(1981年修了),博士(工学)(1992年取得)
研究テーマ成長するネットワーク型知能と人間中心システム、知能情報処理とネットワーク技術を活用した新たなシステムデザイン
研究キーワード知能システム、ネットワークインテリジェンス,空間知能化,人間中心システム、人工オントロジー
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
著書
S.シュレィアー、S.J.メーラー 著、本位田真一、山口 亨 訳:オブジェクト指向システム分析,啓学出版(現在、近代科学社),(1990)

萩原 将文、山口 亨 (編著 谷萩 隆嗣):ニューラルネットワークとファジイ信号処理,コロナ社,(1998)

山口 亨,久保田 直行,高間 康史(監修 原島 文雄):インテリジェントネットワークシステム入門,コロナ社(2008)


論文
[1] “Approach Function Study for Concierge-type Robot by Model-Based Development with User Model for Human-Centred Design”, Y. Akimoto, E. Sato-Shimokawara Y. Fujimoto, T. Yamaguchi, ROBOMECH Journal 20163:26, DOI: 10.1186/s40648-016-0065-z(査読あり)
[2] “Model-Based Development with User Model as Practical Process of HCD for Developing Robots”, Y. Akimoto, E. Sato-Shimokawara, Y. Fujimoto, T. Yamaguchi, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.28, No.4, pp.579-590, 2016 (査読あり)
[3] “ソーシャルロボットに向けたコミュニティセントリックアプローチ”, 山口亨 , 久保田 直行, 下川原(佐藤)英理, 日本ロボット学会誌, Vol. 34 (2016) No. 5 p. 292-298 (解説, 査読無し)
[4] “高齢者と音声対話ロボットの雑談履歴の解析”, 下川原(佐藤)英理, 篠田遥子, 李海妍, 高谷智哉, 和田一義, 山口亨, 日本ロボット学会誌. Vol. 34 (2016) No. 5 p. 309-315 (査読あり)


国際会議
[1] “Relationship between personal space and the big ?ve with telepresence robot”, Y. Kokubo, E. Sato-Shimokawara., T. Yamaguchi, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Arti?cial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 9835, pp. 257-265. 2016(査読あり)
[2] “Robot control interface system using glasses-type wearable devices”, E. Tamura, Y. Yamashita, Y. Ho, E. Sato-Shimokawara, T. Yamaguchi, (2016) Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Arti?cial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 9835, pp.247-256. (査読あり)
[3] “Matching of Co-occurrence and Mutual Assistnce by using Personal Characteristics from human-robot Dialogue”, R. Gomi, S. Iwasaki, E. Sato-Shimokawara, T. Yamaguchi, The International Conference on Electrical Engineering 2016 (ICEE2016), ID90483, 2016 (査読あり)
[4] “VR Telepresence system to encourage the proactive participation of the audience”, K. Noda, T. Yamaguchi, E. Sato-Shimokawara, The International Conference on Electrical Engineering 2016 (ICEE2016), ID90335, 2016 (査読あり)
[5] “Acquiring Personal Attributes Using Communication Robots for Recommendation System”, A.Suzuki, E, Sato-Shimokawara, T. Yamaguchiand K. Ikehata, Intelligent Robotics and Applications Volume 9835 of the series Lecture Notes in Computer Science pp 237-246, 2016 (査読あり)
[6] “Robot Control Interface System Using Glasses-Type Wearable Devices”, E. Tamura, Y. Yamashita, Y. Ho, E. Sato-Shimokawara and T. Yamaguchi, Intelligent Robotics and Applications Volume 9835 of the series Lecture Notes in Computer Science pp 247-256, 2016 (査読あり)
[7] “Special lectures: Introduction to Fusion of Social Big Data and Robotics”, T. Yamaguchi, 3rd International Joint Symposium on ICT & Robot Informatics (IJSIRI2016), March, 2016 (基調講演,査読無し)
受 賞日本ロボット学会フェロー
主な学会活動IEEE(米国電気電子学会),日本知能情報ファジィ学会、電気学会、電子情報通信学会、計測自動制御学会、日本神経回路網学会、日本e-Learning学会、日本ロボット学会各会員 IEEE Transaction on Industrial Electronics Associate Editor,日本知能情報ファジィ学会理事(2001-2002年)、日本e-Learning学会理事 ほか
社会等との関わり首都大学東京オープンユニバーシティ講座「Javaプログラミング」
個人のURL
担当科目
  • 都市生活を支える情報ネットワーク技術
  • 知的ネットワークシステム
  • 知能情報処理
  • ヒューマン・コンピュータ・インタラクション
  • 情報工学実習第一
  • 情報工学実習第二
  • 情報工学実習第三
  • 情報工学実習第四
  • メディア情報処理特論I
  • メディア情報処理特別講義
  • 知能情報処理特論
  • 都市生活を支える情報ネットワーク技術
オフィスアワー
研究室2号館601号室
内線番号内線8644
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ