本文へ移動します

矢﨑 淳司

氏 名矢﨑 淳司ヤザキ ジユンジやざき じゆんじ
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 法学系 法律学コース
社会科学研究科 法曹養成専攻
 
専門・研究分野商法
最終学歴・学位博士(法学)(大阪市立大学)
研究テーマコーポレート・ガバナンス、企業買収に関する法制度
研究キーワードM&A、敵対的買収、マネジメント・バイアウト
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
著書
『敵対的買収防衛策をめぐる法規制』(多賀出版、2007年)
『現代商取引法』(共著、弘文堂、2011年)
『会社法講義―会社法の仕組みと働き』(共著、日本評論社、2014年)
論文等
「わが国の企業買収法制構築に関する一考察」MARR171号20-23頁(2009年)
「取締役会議事録の一部の謄写を許可した佐賀銀行取締役会議事録謄写申請事件」ビジネス法務2010年2月号114-119頁(2009年)
「四国銀行株主代表訴訟上告審判決」法学会雑誌51巻2号287-302頁(2011年)
「買収防衛策の適法性判断基準―新株予約権が利用された事例を素材として―」永井和之=南保勝美=中島弘雅編『会社法学の省察』186-211頁(中央経済社、2012年)
「アメリカにおけるキャッシュ・アウト」北村雅史=高橋英治編『グローバル化の中の会社法改正(藤田勝利先生古稀記念論文集)』221〜233頁(中央経済社、2014年)
「基準日後株主の全部取得条項付種類株式に係る取得価格決定申立てーセレブリックス事件ー東京地裁平成25年9月17日決定(金融・商事判例1427号54頁)」法学会雑誌55巻2号413-428頁(2015年)
「募集株式の発行が「著しく不公正な方法」による発行ではないとされた事例―仙台地裁平成26年3月26日決定(金融・商事判例1441号57頁)」法学会雑誌56巻2号415-428頁(2016年)
「退任役員に対する退職慰労金の不支給と会社及び代表取締役に対する損害賠償請求」判例セレクト2015[Ⅱ](法教426号別冊付録)21頁(2016年)
受 賞
主な学会活動日本私法学会
社会等との関わり公認会計士試験試験委員
個人のURL
担当科目
  • 商法2
  • 商法総合1A
  • 商法総合1B
  • 商法総合3
  • 商法
オフィスアワー水曜5限
研究室晴海609
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ