本文へ移動します

吉田 朋正

氏 名吉田 朋正ヨシダ トモナオよしだ ともなお
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 欧米文化論 英語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 英文学教室
H30再編後の所属
人文社会学部 人文学科 英語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 英語文化論分野
 
専門・研究分野英語圏を中心とした批評史 / 20世紀アメリカの文化・思潮
最終学歴・学位東京都立大学大学院後期博士課程単位取得満期退学
研究テーマKenneth Burke, Marshall McLuhanなど英語圏の文化理論家たちの仕事の解説 / 18世紀以降の美学・批評的言説の検討 / K. Burke, M. Cowley, E. Wilsonと雑誌The New Republicを通して見た1920-30年代の知的趨勢 / ほか
研究キーワードモダニズム,美学,マクルーハン,ケネス・バーク,メディア論,etc.
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
最近の仕事:

・〔雑誌翻訳〕ダンカン・フォーブズ「思想史という営みの感性的側面について」, 『思想』 2017年5月号〔特集:政治思想史における近代〕(岩波書店.原著: Duncan Forbes, "Aesthetic Thoughts on Doing the History of Ideas.")

・〔雑誌翻訳〕J・G・A・ポーコック「クェンティン・スキナー──政治学の歴史と歴史の政治学」, 『思想』 2017年5月号〔特集:政治思想史における近代〕(岩波書店.原著: J. G. A. Pocock, "Quentin Skinner: the History of Politics and the Politics of History.")

・〔雑誌翻訳〕ジョン・ダン「政治理論の歴史」, 『思想』 2017年5月号〔特集:政治思想史における近代〕(岩波書店.原著: John Dunn, "The History of Political Theory.")

・〔雑誌論文〕照応と総合──〈土岐恒二の仕事〉への一視点, 『Metropolitan』 第II期第2号, 2016年3月発行(メトロポリタン編集局)

・〔雑誌論文〕ニューヨーク黎明 (1) 『ニュー・リパブリック』と三人の批評家, 『Metropolitan』 第II期第2号, 2016年3月発行(メトロポリタン編集局)

・〔雑誌論文〕ヒューモアの概念──〈小説〉とエピソディカルな構造, 『Metropolitan』 第II期第2号, 2016年3月発行(メトロポリタン編集局)

・〔書評〕岡室美奈子・川島健編『ベケットを見る八つの方法──批評のボーダレス』 水声社, 『英文学研究』2015年, 第92巻(日本英文学会)

・〔雑誌翻訳〕エリザベス・シューエル「法廷と夢」, 『ユリイカ』 2015年2月臨時増刊号〔総特集150年目の『不思議の国のアリス』〕(青土社)

・〔雑誌翻訳〕マルカム・カウリー「回想の1930年代」, 『Metropolitan』 第II期第1号, 2015年1月発行(メトロポリタン編集局)

・〔学会〕モダンの縒り糸──Malcolm Cowley, Edmund Wilson, Kenneth Burkeの「危機の20年」, 於日本英文学会関東支部第10回大会(2014年度秋季大会)シンポジウム「モダニズム文学と知識人サークル」司会:辻秀雄;講師:越智博美, 大田信良, 吉田朋正. 2014年10月26日.

・〔雑誌翻訳〕クリストファー・マギン「奪いし王国,奪われし王国――エリザベス1世のアイルランド,1560-1603年」, 『思想』 2012年11月号〔特集:アイルランド問題――近代初期研究の最前線〕(岩波書店.原著: Christopher Maginn, "A Kingdom Won and Lost: the Ireland of Elizabeth I, 1560-1603.")

・〔雑誌論文〕「アメリカン・ナルシスの相貌」, 『現代のエスプリ』 2011年1月号(ぎょうせい)

・〔雑誌論文〕「モダンな二人──カウリーとバーク1」, 『みすず』 2009年6月号(みすず書房)

・〔雑誌論文〕「マルカム・カウリー『ロスト・ジェネレーション』のこと」, 『みすず』 2008年9月号(みすず書房)

・〔翻訳〕マルカム・カウリー『ロスト・ジェネレーション──異郷からの帰還』(みすず書房,2008年6月.坂下健太郎,笠原一郎との共訳,原著: Malcolm Cowley, Exile's Return: A Literary Odyssey of the 1920s [Penguin Twentieth Century Classics])

・〔雑誌論文〕「内容と形式──『新・意味の意味』(仮題)序説」(東京都立大学・首都大学東京英文学会発行『メトロポリタン』第52号,2007年12月発行)

・〔共著〕Lucy Daniel, ed., Defining Moments in Books: The Greatest Books, Writers, Characters, Passages and Events that Shook the Literary World.(London: Cassell Illustrated, 2007. David Taylorとの共著項目:"A Dark Night's Passing [暗夜行路]," "Futabatei Shimei [二葉亭四迷]," "Kafu Nagai [永井荷風],""Kenzaburo Oe [大江健三郎]")
受 賞
主な学会活動
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 実践英語Ia(612)
  • 実践英語Ib(612)
  • 実践英語IIa(606)
  • 実践英語IIb(606)
  • 英語圏文学史II
  • 英語圏文学演習
  • 修士論文指導(英文)
  • 博士論文指導(英文)
  • 修士論文指導(英文)
  • 博士論文指導(英文)
  • 英語圏文化論研究
  • 英語圏文化論特論
オフィスアワー
研究室534
内線番号内線1414
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ