本文へ移動します

山根 亮一

氏 名山根 亮一ヤマネ リョウイチやまね りょういち
職 位助教
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 欧米文化論 英語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 英文学教室
 
専門・研究分野アメリカ文学
最終学歴・学位慶應義塾大学大学院文学研究科英米文学専攻博士課程単位取得退学;博士(文学)
研究テーマアメリカ南部のグラマトロジー
研究キーワードWilliam Faulkner、The Federal Writers' Project、Deconstruction、Marxist Literary Criticism、
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【論文】
「『八月の光』におけるトロープの運動と地政学的幻想」松柏社、2016年4月。(『フォークナー』第18号、160頁〜169頁)

「「熊」における言文一致のイデオロギー」首都大学東京人文科学研究科、2016年3月。(『人文学報』512-13、61頁〜81頁)

Cosmos and Cosmopolitanism: William Faulkner’s American South. 慶應義塾大学、2014年7月。(博士号請求論文)

“‘Dar Mr Jason Car’: Persons in Transition in The Sound and the Fury.” Journal of the American Literature Society of Japan(日本アメリカ文学会)10(2012年3月): 1-19.

“Mechanical Syndrome: Twain, Faulkner, and the Typewriter.” Mark Twain Studies. (The Japan Mark Twain Society) 3(2010年10月):157-163.

“Faulknerian Totality as Process: Historical Scope of Jason Compson, Joe Christmas, and Thomas Sutpen.” Colloquis(慶應義塾大学文学研究科英米文学専攻)30(2009年11月): 123-134.

ほか

【発表】
「真正性の衝突 The Federal Writers’ Projectの記録した元・奴隷の声とAbsalom, Absalom!の描く奴隷の声」日本英文学会第88回全国大会、2016年5月。

「コズモポリタン・ノスタルジア――Longfellow, Voorhies, そしてFaulknerの音楽表象」日本アメリカ文学会第53回全国大会、2014年10月。

ほか
受 賞第二回日本アメリカ文学会新人賞
主な学会活動<所属学会>
日本アメリカ文学会
日本英文学会
日本ウィリアム・フォークナー協会
慶應英文学会
首都大学東京英文学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
オフィスアワー
研究室550(5号館5階)
内線番号内線1380
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ