本文へ移動します

脇田 成

氏 名脇田 成ワキタ シゲルわきた しげる
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 経営学系 経営学コース・経済学コース
社会科学研究科 経営学専攻
 
専門・研究分野マクロ経済学
最終学歴・学位博士(経済学)
研究テーマ
研究キーワード
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
脇田成(1998)『マクロ経済学のパースペクティブ』日本経済新聞社
脇田成(2003)『日本の労働経済システム:成功から閉塞へ』東洋経済新聞社
脇田成(2004)『マクロ経済学のナビゲーター第2版』日本評論社
Shigeru Wakita(1997)"Chronic Labor Hoarding:Direct Evidence from Japan,"Japanese Economic Review Vol.48,No3p.307-323.(September 1997)
Shigeru Wakita(2001)"Why has the Unemployment Rate Been so Low in Japan? An Explanation by Two-Part Wage Bargaining,"Japanese Economic Revuew 52-1,116-133.
Shigeru Wakita(2001)"Effciency of the Dojima Rice Futures Market in Tokugawa Period Japan,"Journal of Banking and Finance 25-3,535-554.
受 賞
主な学会活動
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • マクロ経済学
  • 上級マクロ経済学
  • 演習(脇田)
  • 卒業論文(脇田)
  • マクロ経済動学
  • マクロ経済学1
  • マクロ経済学2
  • 演習(脇田)
  • 演習(脇田)
  • 卒業論文(脇田)
  • マクロ経済学特殊研究
  • マクロ経済学特別講義
  • マクロ経済学特別講義
  • マクロ経済学特殊研究
  • マクロ経済学特殊研究
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ