本文へ移動します

徳永 浩雄

氏 名徳永 浩雄トクナガ ヒロオとくなが ひろお
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 数理科学コース
理工学研究科 数理情報科学専攻
 
専門・研究分野代数幾何学,複素多様体論, 学習理論
最終学歴・学位京都大学大学院理学研究科博士課程退学(1988年10月)京都大学理学博士(1989年3月)
研究テーマ代数多様体のGalois 分岐被覆とそのトポロジーへの応用をテーマに研究を行っている.Galois分岐被覆とは係数にパラメータを含む代数方程式を幾何学的にみたものということができる.代数方程式に重点をおくと,整数論的な研究対象になり,幾何学の部分に重点をおくと,開代数多様体や特異点理論に関連した研究対象となる.このように二つの分野にまたが研究対象であるけれども,対象を扱う手法は代数幾何学や複素多様体論で用いる手法をとっている.また,近年は代数系と機械学習の関わりについても研究をしている.
研究キーワード代数幾何学,複素多様体論,Galois 分岐被覆,基本群,正例からの学習
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1. 楕円曲線入門, (Cassels: Lecture on ellitpic curves, Cambridgeの翻訳), 岩波書店 (1996)
2. 代数曲線と特異点: 第I部, 特異点の数理 第 4 巻, 共立出版 (2001) (島田伊知朗氏と共著)

1. (with E. Artal Bartolo and J.-I. Cogolludo) A survey on Zariski pairs, Advanced Studies in
Pure Math. 50 (2008), 1-100.
2. (with S. Bannai) A note on embeddings of $S¥sb 4$ and $A¥sb 5$ into the two-dimensional Cremona group and versal Galois covers. Publ. Res. Inst. Math. Sci. 43 (2007) 1111-1123.
3, 徳永浩雄,山本章博,小林正典:人工知能における計算論的学習理論とNoether環,「数学」59-3 (2007), 307-318.
4. Dihedral covers andan elementary arithmetic on ellitpc surfaces, J. of Math.Kyoto Univ. vol 44(2004), 255-270.
5. (with E. Artal Bartolo) Zariski k-plets of rational curve arrangements and dihedral covers, Topology Appl. 142 (2004), 227-233.
6. Galois covers for S4 and A4 and their applications, Osaka Math. J., 39 (2002), 621-645. 4
受 賞
主な学会活動日本数学会会員, 日本数学会教育委員会委員
人工知能学会会員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 線形代数I a
  • 線形代数I a
  • 線形代数I演習
  • 代数学C
  • 数学科教育法D
オフィスアワー
研究室8号館673号室
内線番号内線3173
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ