本文へ移動します

陳 肇斌

氏 名陳 肇斌チェン ヅァオビンちぇん づぁおびん
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 法学系 政治学コース
社会科学研究科 法学政治学専攻
 
専門・研究分野日本政治外交史、中国政治外交、日中関係
最終学歴・学位東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了・博士(法学)
研究テーマ戦後日本外交、戦後中国外交、日米中関係
研究キーワード対中政策、対日外交、台湾問題、日中関係、日米関係
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
[主要著書]
・『戦後日本の中国政策――1950年代東アジア国際政治の文脈』(東京大学出版会、2000年7月)。
[主要論文]
・「戦後日本の中国政策の原型――1950年代における「二つの中国」と「政経分離」」『思想』(岩波書店、1998年5月)。
・「「吉田書簡」再考――「西村調書」を中心に」『北大法学論集』第54巻第4号、2003年11月。
・「対日講和と「中国問題」、東西雪解けと東アジア」川島真・服部龍二編『東アジア国際政治史』(名古屋大学出版会、2007年6月)。
・「新発見の「吉田書簡F」――戦後日中関係における「経済要因」」『法学会雑誌』第49巻第2号、2009年1月。
・「米(ライス)と鉄鉱石をめぐる日・中・米の連動関係―― 一九五〇年代アジア太平洋地域において」『法学会雑誌』第51巻第1号、2010年7月。
・「中国の対日外交と世論――日本人戦犯の釈放・日本商品展覧会の開催をめぐって」『法学会雑誌』第53巻第1号、2012年7月。
・China y el tratado de paz con Japon: Retrospective en torno al rearme japones y al Misiva de Yoshida, ISTOR, invierno de 2012
・「中国市民と朝鮮戦争――「毛沢東の朝鮮戦争」の陰翳から」『法学会雑誌』第56巻第2号、2016年1月。
・「中国“知識分子”と朝鮮戦争――海外派兵・原爆・同盟・租税をめぐって」『法学会雑誌』第57巻第1号、2016年7月。
受 賞大平正芳記念賞(2001年)
主な学会活動日本政治学会、日本国際政治学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 日本政治史
  • 法律学政治学演習(日本政治外交史)
  • 政治学総合演習
  • 政治学総合演習
  • 政治学総合演習
  • 政治学総合演習
  • 政治学特別演習
  • 政治外交史特殊研究Ⅱ
  • 政治外交史特殊研究Ⅱ
  • 政治外交史特殊研究Ⅱ
  • 政治外交史特殊研究Ⅱ
  • 政治学総合演習
  • 政治学特殊授業2
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ