本文へ移動します

田村 浩一郎

氏 名田村 浩一郎タムラ コウイチロウたむら こういちろう
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 生命科学コース
理工学研究科 生命科学専攻
 
専門・研究分野分子進化遺伝学、進化ゲノミクス、バイオインフォマティクス
最終学歴・学位東京都立大学大学院理学研究科博士課程修了・理学博士
研究テーマショウジョウバエを用いた適応進化の遺伝機構に関する研究、分子進化遺伝学解析に関するバイオインフォマティクス 、分子進化・分子系統解析に関する理論的研究
研究キーワードショウジョウバエ、比較ゲノム解析、環境適応、分子進化、分子系統、数理モデル、コンピュータ・シミュレーション
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Kumar S, Stecher, G and Tamura K. (2016) MEGA7: Molecular Evolutionary Genetics Analysis Version 7.0 for Bigger Datasets. Mol. Biol. Evol. 33:1870-1874.

Satomura K, Tamura K. (2016) Ancient male recombination shaped genetic diversity of neo-Y chromosome in Drosophila albomicans. Mol. Biol. Evol. 33:367-374.

Liu L, Tamura K, Sanderford M, Gray VE, Kumar S. (2016) A molecular evolutionary reference for the human variome. Mol. Biol. Evol. 33:245-254.

Ohta S, Seto Y, Tamura K, Ishikawa Y, Matsuo T. (2015) Comprehensive identification of odorant-binding protein genes in the seed fly, Delia platura (Diptera: Anthomyiidae). Applied Entomology and Zoology 50:457-463.

Filipski A, Tamura K, Billing-Ross P, Murillo O, Kumar S. (2015) Phylogenetic placement of metagenomic reads using the minimum evolution principle. BMC Genomics 16:1-9.

Filipski A, Murillo O, Freydenzon A, Tamura K, Kumar S. (2014) Prospects for building large timetrees using molecular data with incomplete gene coverage among species. Mol. Biol. Evol. 31:2542-2550.

Takezaki N, Nei M, Tamura K. (2014) POPTREEW: Web version of POPTREE for constructing population trees from allele frequency data and computing some other quantities. Mol. Biol. Evol. 31: 1622-1624.

Stecher G, Liu L, Sanderford M, Peterson P, Tamura K, Kumar S. (2014) MEGA-MD: Molecular Evolutionary Genetics Analysis software with mutational diagnosis of amino acid variation. Bioinformatics 30:1305-1307.

Isobe K, Takahashi A, Tamura K. (2013) Cold tolerance and metabolic rate increased by cold acclimation in Drosophila albomicans from natural populations. Genes Genet. Syst. 88:289-300.

Tamura K, Stecher G, Peterson D, Filipski A, Kumar S. (2013) MEGA6: Molecular Evolutionary Genetics Analysis version 6.0. Mol Biol. Evol. 30:2725-2729.

Seto Y, Tamura K. (2013) Extensive Differences in Antifungal Immune Response in Two Drosophila Species Revealed by Comparative Transcriptome Analysis. Int. J. Genomics 2013:Article ID 542139.

Tamura K, Battistuzzi FU, Billing-Ross P, Kumar S. (2012) Estimating Divergence Times in Large Molecular Phylogenies. Proc. Nat. Acad. Sci. USA 109:19333-19338.

Kumar S, Filipski AJ, Battistuzzi FU, Kosakovsky Pond SL, Tamura K. (2012) Statistics and Truth in Phylogenomics. Mol Biol. Evol. 29:457-472.

Tamura K, Peterson D, Peterson N, Stecher G, Nei M, Kumar S. (2011) MEGA5: Molecular Evolutionary Genetics Analysis Using Maximum Likelihood, Evolutionary Distance, and Maximum Parsimony Methods. Mol Biol. Evol. 28:2731-2739.
受 賞科学技術政策研究所「科学技術への顕著な貢献 2007」(2007年)
日本遺伝学会奨励賞(2003年)
日本進化学会研究奨励賞(2002年)
主な学会活動日本進化学会(会長)
日本遺伝学会(評議委員)
Society for Molecular Biology and Evolution(Associate Editor)
社会等との関わりMEGAソフトウェア(http://www.megasoftware.net/)
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践I 44
  • ゲノム科学
  • 遺伝学各論(進化遺伝学)
  • 生物学基礎演習2
  • 進化生物学実験(進化遺伝)
  • ゲノム科学各論
  • Special Lecture in Biology(生物学特別講義)
  • Evolutionary Biology(進化生物学各論)
  • Genetics(遺伝学各論)
  • 遺伝情報特別講義
  • 遺伝情報特別講義
  • 遺伝情報特別講義
  • 遺伝情報特別講義
  • 生命科学特別演習Ⅰ(コンピュータ活用 基礎編)
  • 生命科学特別演習Ⅰ(コンピュータ活用 基礎編)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝2)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝2)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝2)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝2)
  • 生命科学実験1(進化遺伝)
  • 生命科学実験1(進化遺伝)
  • 生命科学実験2(進化遺伝)
  • 生命科学実験2(進化遺伝)
  • ゲノム科学
オフィスアワー平日 随時(メール・電話でご連絡ください)
研究室8号館415号室
内線番号内線3725
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ