本文へ移動します

玉野 和志

氏 名玉野 和志タマノ カズシたまの かずし
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 社会学コース 社会学教室
人文科学研究科 社会行動学専攻 社会学教室
 
専門・研究分野都市社会学、地域社会学
最終学歴・学位東京大学社会学研究科博士課程中退,2005年都立大学大学院社会科学研究科より社会学博士取得
研究テーマ都市におけるローカルコミュニティ(特定地区)の社会的な成り立ちや住民生活のあり様を実証的な調査研究によって明らかにし,都市政策や地方自治体との関係,住民自治の可能性について考える。
研究キーワード都市,地域,コミュニティ,住民,生活,自治,都市政策,まちづくり,地方自治体
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
浅川達人・玉野和志編,2010,『現代都市とコミュニティ』,放送大学教育振興会
玉野和志・浅川達人編,2009,『東京大都市圏の空間形成とコミュニティ』,古今書院
玉野和志編,2008,『ブリッジブック社会学』,信山社
玉野和志,2008,『創価学会の研究』,講談社現代新書
玉野和志,2008,『実践社会調査入門――今すぐ調査を始めたい人へ』,世界思想社
玉野和志,2005,『東京のローカル・コミュニティ――ある町の物語一九〇〇─八〇』,東京大学出版会
玉野和志,1993,『近代日本の都市化と町内会の成立』,行人社
『立川市地域コミュニティ活性化検討調査報告書』,首都大学東京人文科学研究科社会行動学専攻社会学分野玉野和志研究室,2011年
旧産炭地研究会(JAFCOF):赤平調査中間報告書,『炭鉱労働の実際──住友赤平炭鉱の場合』(科学研究費補助金基盤研究A 研究代表者:中澤秀雄「旧産炭地のネットワーキング型再生のための資料救出とアーカイブ構築」),2011年
玉野和志『都市の構造転換とコミュニティの変容に関する実証的研究』, 平成15年度〜17年度科学研究費補助金(基盤研究B) 研究代表者 玉野和志,2011年
玉野和志『市民活動カ団体調査報告書――横浜市青葉区・川崎市宮前区周辺を事例として』, 東京都立大学都市研究所・共同研究Ⅰ「大都市における環境と社会経済システムの再編に関する総合的研究」,2003年
玉野和志『都市コミュニティの社会的形成過程に関する実証的研究』,平成10年度〜12年度科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書 研究代表者 玉野和志,2001年 など.
受 賞第5回日本都市社会学会賞(『東京のローカル・コミュニティ』)
主な学会活動社会学系コンソーシアム財務担当理事,日本社会学会理事,日本都市社会学会常任理事,日本地方自治学会理事、コミュニティ政策学会理事
社会等との関わり調布市市民活動支援センター運営団体選考委員会委員長,神戸市地域活動推進委員会委員,地方自治研究機構「地域の自主性及び自立性の向上に関する研究会」委員
個人のURL
担当科目
  • 社会学A文
  • 都市社会学演習
  • 社会学基礎演習
  • GIS演習
  • 都市社会学研究演習Ⅰ
  • 都市社会学特論演習Ⅰ
  • 都市社会学研究演習II
  • 都市社会学特論演習II
  • 学外演習
  • 学外演習
  • 修士論文指導(社会)
  • 博士論文指導(社会)
  • 修士論文指導(社会)
  • 博士論文指導(社会)
  • 学外演習
  • 学外演習
  • 修士論文指導(社会)
  • 博士論文指導(社会)
  • 修士論文指導(社会)
  • 博士論文指導(社会)
  • 社会学A文
オフィスアワー月 12:00-14:30、火 16:00-18:00、水 11:00-14:30
研究室5号館352号室
内線番号内線1138
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ