本文へ移動します

玉川 英則

氏 名玉川 英則タマガワ ヒデノリたまがわ ひでのり
職 位教授
所 属首都大学東京都市環境学部 建築都市コース
都市環境科学研究科 都市システム科学域
 
専門・研究分野都市・地域解析、都市・地域計画
最終学歴・学位1984年 東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程中退 1987年 工学博士
研究テーマ都市空間モデルの基礎的特性に関する研究

都市の空間特性とアクティビティの関連性に関する研究

都市論に関する研究
研究キーワード都市解析、GIS、空間統計、土地利用、分析論と計画論との接点
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1.審査論文

河村信治・市古太郎・野澤康・玉川英則 「震災被災地における復興支援手法としての提案型学生ワークショップの可能性に関する研究:野田村復興まちづくりシャレットワークショップ4年間のふりかえり」、都市計画論文集 50-3、379-386、2015.11

山崎明子・玉川英則・中林一樹:街づくり事業地区における細街路整備手法と市街地の地域的特徴との関係,日本建築学会計画系論文集,第694号, pp.2547-56,2013.12

Hidenori Tamagawa, “The implications of using a gravity model to determine territory in a circular domain”, Environment and Planning B: Planning and Design, Nov. 2012, volume 39, pp. 978-990

Takumi Kasuya and Hidenori Tamagawa, “A study on the relations between criminal behaviors in purse-snatching and urban spaces”, International Journal of Urban Sciences, 16, pp. 279-300, Nov. 2012

Lei Wang & Hidenori Tamagawa, "The characteristics of rail freight transportation and provincial factors in China", International Journal of Urban Sciences, Volume 15, Issue 1, 2011.4, pp.47-59.

Hidenori Tamagawa, "The Implications of Using a Gravity Model to Determine Territory in a Circular Domain", Procedia - Social and Behavioral Sciences, Volume 21 (International Conference: Spatial Thinking and Geographic Information Sciences), 2011.9, pp.167-176.

「発生時間帯からみたひったくり事件の地域的特徴に関する研究―東京23区内の認知数
から―」,粕谷巧・玉川英則,『都市科学研究』,第4号

「中国における鉄道貨物輸送量に影響を与える要因に関する実証的研究」,王雷・玉川英則,『都市科学研究』,第4号,

2.口頭発表

玉川英則 「土地利用パターンのシミュレーションモデルとそのインプリケーション」、「集約的な都市空間構造における環境負荷と生活環境の質を考慮した混合型土地利用」研究会、筑波大学、2015.08

Masahiro KAMEYAMA and Hidenori TAMAGAWA, "A Study on Building Use Patterns by Agglomeration", 2015 KAGIS Fall Conference for the Value of Geo-spatial Information in the Date-Technology Era, at Pukyong University in Korea, 5 Nov. 2015.

玉川英則・岡智史 「廃線による都市構造の変容に関する研究」、『CSIS-Days 2014研究アブストラクト集』(C11)及びポスター発表、2014.11.22

Masahiro Kameyama and HidenoriTamagawa, “Land use simulation model and contiguity indiceswith its applications by three dimensional vector data”, Joint Meeting of Korean, Chinese and Japanese Scholars, Cooperative Development of Great Cities in North East Asia, 2013.09

Hidenori TAMAGAWA, “Interdisciplinary global educational exchange program on urban issues in Asian region”, Special session on international education in Tokyo-Seoul Joint Seminar 2012 at TMU, 2012.11.2

Taro ICHIKO and Hidenori TAMAGAWA, "A report of an action disaster-research for recovery planning in Noda, Iwate prefecture", Tokyo-Seoul Joint Seminar 2012 at TMU, 2012.11.3

「少子高齢社会における地域の『サスティナビリティ』に関する考察」, 2012年日本建築学会大会学術講演梗概集, 岡智史・玉川英則, pp.1025-26, 2012年9月

「都市における屋上緑化と建物用途・規模の関連性に関する研究 世田谷区三軒茶屋におけるケーススタディ」, 2012年日本建築学会大会学術講演梗概集, 角谷学・玉川英則, pp.967-68, 2012年9月

Wang Lei and Hidenori Tamagawa, "A comparative study of the relation between city distribution and transportation energy consumption in Japan and China", 2nd International Conference on China's Urban Transportation and City Planning, Cardiff in UK,2011.5.

「街路パターンと空間認知の関係性に関する研究-田園調布駅周辺を対象として-」,平野有良・玉川英則,2011年日本建築学会大会学術講演梗概集 F1,pp.829-830

Hidenori TAMAGAWA, "Seoul-Tokyo, identity and exchange in the usual and emergence", Key note speech for Seoul-Tokyo Joint Seminar 2011 “Current Issues on Urban Affair of Capital City Seoul and Tokyo” on 2011.9.26 at UOS in Seoul.

Lei WANG and Hidenori TAMAGAWA, "National land policy and prediction of rail freight transportation energy in China", Seoul-Tokyo Joint Seminar 2011 “Current Issues on Urban Affair of Capital City Seoul and Tokyo” on 2011.9.26 at UOS in Seoul.

Taro ICHIKO, Shinji KAWAMURA and Hidenori TAMAGAWA, "Case study of preliminary actions for recovery planning in Noda village from the Tsunami", Seoul-Tokyo Joint Seminar 2011 “Current Issues on Urban Affair of Capital City Seoul and Tokyo” on 2011.9.26 at UOS in Seoul.

Hidenori Tamagawa, "The Japanese current status and future outlook of Urban Sciences", Key note speech for The retrospects and prospects of Urban Sciences -15th anniversary of College of Urban Sciences and 30th anniversary of Graduate School of Urban Sciences, on 2011.10 at UOS in Seoul.

Hidenori Tamagawa, "What is compactness for the city?", France-Taiwan-Japan Workshop -Globalization and Urban Dynamics in Asia, Comparative Approaches of Scientific and Politic "Hot Issues", on 2011.12 at Maison Franco-Japonese in Tokyo.

3.その他

3-1.専門書

『常識の天才 ジェイン・ジェイコブズ』(原書:Genius of Common Sense (G. Lang and M. Wunsch)),玉川英則・玉川良重訳,鹿島出版会,2012年6月

『都市の本質とゆくえ』,宮崎洋司・玉川英則,鹿島出版会,2011年5月

3-2.研究報告

玉川英則・岡智史 「鉄道の廃線に伴う人口構造の変容分析 -北陸地方におけるケーススタディ」、地理情報システム学会講演論文集、2014.11

「日本の一般市街地の住みよさ向上のための計画論に関する研究 ―ジェイコブズ都市論の再評価と日本における適用可能性―」 宮﨑洋司・玉川英則、『住総研研究論文集』、No.40-研究No.1207、pp.71-82

「中国における鉄道貨物輸送エネルギーの視点から見た国土・エネルギー政策の評価と課題」,王雷・玉川英則,都市計画報告集,Vol. 10-2,pp. 67-71,2011.9

3-3.解説・評論

玉川英則 「『地理情報科学 GISスタンダード』」、玉川英則、『GIS-理論と応用』、2015.12

「待つ」,玉川英則,『GIS-理論と応用』,Vol.19-1巻頭言

「形が見える瞬間(とき)」,玉川英則,『GIS-理論と応用』,Vol.19-2巻頭言

3-4.その他

代表:玉川英則 『都市縮退のプロセスの中での計画市街地の新たなコミュニティ形成に関する研究』第一生命財団調査研究助成(2014-15年度)報告書、2016年3月

国際会議での基調講演
Hidenori TAMAGAWA, "Trends of GIS and Future of Academism", 2015 KAGIS Fall Conference for the Value of Geo-spatial Information in the Date-Technology Era, Pukyong University in Korea, 5 Nov. 2015.

代表:玉川英則 『岩手沿岸北部被災地復興における地域連携型のコンパクトな居住モデルの導出』科学研究費補助金(2012-14年度、基盤研究(C))研究成果報告書、CD-ROM版、2015年7月

シンポジウム記録「『一般市街地』のすまいと居住を再評価する 混在性と柔軟性の再評価」(役割:ゲスト・コメンテータ)、『住総研レポート2014 すまいろん』、通巻第4号、pp.3-26、2014.7

Taro ICHIKO, Shinji KAWAMURA and Hidenori TAMAGAWA, "A report of an action disaster-research for recovery planning in Noda, Iwate prefecture", Poster presentation for ISSUE at TMU, 2012.11.2

Hidenori TAMAGAWA, Fumiko Ito, Taro ICHIKO, Tanji HOSHI, Kenji TAKEMIYA, Shin AIBA, Kahoruko YAMAMOTO and Motoki NAGANO,“Interdisciplinary scientific research to realize safety, security, and sustainability in urban areas”, Oral presentation for ISSUE at TMU, 2011.11.

Taro ICHIKO, Shinji KAWAMURA and Hidenori TAMAGAWA, “Case study of preliminary actions for recovery planning in Noda village from the Tsunami”, Poster presentation for ISSUE at TMU, 2011.11.

Lei Wang and Hidenori Tamagawa, “A Predicting study on the Rail Freight Transportation in relation to the National Land and Energy Policy in China”, Poster presentation for ISSUE at TMU, 2011.11.
受 賞首都大学東京都市環境学部2014年度主幹教授表彰
主な学会活動日本都市計画学会評議員、日本建築学会会員、日本オペレーションズ・リサーチ学会会員、日本不動産学会会員、地理情報システム学会理事・会長・自治体GIS研究分科会(SIG)メンバー・空間的思考研究分科会(SIG)メンバーなど。
社会等との関わりGIS利用定着化事業調査検討委員会委員、地域情報公開プラットフォーム研究会副会長、東京消防庁火災予防審議会地震対策部会委員、調布市都市計画審議会会長など。
個人のURL
担当科目
  • 都市空間と人間
  • 都市情報解析法
  • GIS演習
  • 都市情報解析法
  • 都市空間解析特論
  • 都市空間解析演習
  • 都市空間情報論演習
  • 都市環境科学特別講義第2
  • 都市空間解析特殊研究A
  • 都市空間解析特殊研究B
  • 都市空間解析特殊研究C
  • 都市空間解析特殊研究D
  • 都市空間解析特殊研究E
  • 都市空間解析特殊研究F
  • 都市空間と人間
オフィスアワー月(前期) 15:00-17:00 金(後期) 15:00-17:00
研究室9号館556号室
内線番号内線4275
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ