本文へ移動します

多氣 昌生

氏 名多氣 昌生タキ マサオたき まさお
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 電気電子工学コース
理工学研究科 電気電子工学専攻
 
専門・研究分野環境電磁工学
最終学歴・学位東京大学大学院 1981年修了,工学博士
研究テーマ人体ばく露に関する電磁界の評価方法,電磁界の生体作用,電磁界の医学生物学への応用,騒音のアクティブコントロール
研究キーワード生体電磁気学,環境電磁工学,騒音制御工学
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
電気自動車のためのワイヤレス給電とインフラ構築,監修:堀洋一,横井行雄(分担執筆),シーエムシー出版(2010年)
非接触電力伝送技術の最前線,監修: 松木英敏(分担執筆),シーエムシー出版(2009年)
電磁環境学ハンドブック,監修:佐藤利三郎(分担執筆),三松出版(2009年)
T. Takebayashi, N. Varsier, Y. Kikuchi,K. Wake, M. Taki, S. Watanabe, S.Akiba, N. Yamaguchi, Mobile phone use, exposure to radio frequency electromagnetic field and brain tumour: a case-control study,British Journal of Cancer, vol. 98, pp. 652-659 (2008)
E. Cardis, I. Deltour, S. Mann, M.Moissonnier, M. Taki, N. Varsier, K.Wake, J.Wiart, Distribution of RF energy emitted by mobile phones in anatomical structures of the brain, Phys. Med. Biol. 53 , pp.1-13 (2008)
N. Varsier, K. Wake, M. Taki, S. Watanabe, Effect of heterogeneity of tissues on RF energy absorption in the brain for exposure assessment in epidemiological studies on mobile phone use and brain tumors, IEICE Trans. On Communications, Vol.E91-B, No.11, pp.3792-3795 (2008)
Dai Kaburagi, Masao Taki, Yukihisa Suzuki, Magnetostrictive vibration actuator with improved characteristics at low frequencies, Journal of System Design and Dynamics, Vol.2, No.1, pp.139-145 (2008)
K. Wake, H. Hongo, S. Watanabe, M. Taki, Y. Kamimura, Y. Yamanaka, T. Uno, M. Kojima, I. Hata, K. Sasaki, Development of a 2.45-GHz Local Exposure System for In Vivo Study on Ocular ffects, IEEE Trans. Microwave Theory Tech., vol. 55, no. 3, pp. 588-596 (2007)
青木琢哉・田中利幸・多氣昌生:離散リング音源を用いた回転騒音源の能動制御に関する理論的検討,日本音響学会誌,Vol.60,No.11,pp.639-645 (2004)
S. Mochizuki,S. Watanabe,M. Taki,Y. Yamanaka,H. Shirai,A new iterative MoM/FDTD formulation for simulating human exposure to electromagnetic fields, IEICE Trans. Electron. Vol.E87-C, No.9, pp.1540-1547 (2004)
M. Kojima, I.Hata, K.Wake,S.Watanabe, Y. Yamanaka,Y.Kamimura,M.Taki, K. Sasaki, Influence of Anesthesia on Ocular Effects and Temperature in Rabbit Eyes Exposed to Microwaves, Bioelectromagnetics, 25: 228-233 (2004)
T.Nagaoka, S.Watanabe, K.Sakurai, E.Kunieda, S.Watanabe, M.Taki, Y.Yamanaka, Development of realistic high-resolution whole-body voxel models of Japanese adult males and females of average height and weight, and application of models to radio-frequency electromagnetic-field dosimetry, Phys.Med.Biol.49,pp.1-15 (2004)
M. Taki, Y. Suzuki, and K. Wake: Dosimetry considerations in the head and retina for extremely low frequency electric fields, Radiation Protection Dosimetry Vol. 106 No. 4, pp.349-356 (2003)
S Koyama, T Nakahara, K.Wake,M.Taki, Y. Isozumi, J.Miyakoshi: Effects of high frequency electromagnetic fields on micronucleus formation in CHO-K1 cells., Mut Res 541:81-89 (2003)
青木琢哉,森下達哉,田中利幸,多氣昌生:球面調和関数展開に基づいた自由空間中でのファン騒音の能動制御,日本音響学会誌59(7),pp.379-387 (2003)
H.Yamaguchi, G. Turita, S.Ueno, S.Watanabe, K.Wake, M.Taki. H.Nagawa: 1439MHz pulsed TDMA fields affect performance of rats in T-maze task only when body temperature in elevated Bioelectromagnetics, Vol.24, No.4,pp.223-230 (2003)
受 賞第14回電波功績賞 総務大臣表彰(社)電波産業会(平成15年6月)
経済産業大臣賞 工業標準化事業表彰(平成22年10月)
主な学会活動電子情報通信学会フェロー,電気学会,IEEE MTT-S, Bioelectromagnetics Society、他会員
社会等との関わり日本学術会議特任連携会員(電子工学委員会URSI分科会)国際電気標準会議(IEC) TC106日本国内委員会委員長,情報通信審議会専門委員,同CISPR F作業班主任,国際電波科学連合(URSI) Commission-K 副議長,電子情報通信学会環境電磁工学研究専門委員会副委員長,他
個人のURL
担当科目
  • 電気エネルギーと環境
  • 基礎電磁気学第一
  • 電気電子数学
  • 確率と統計
  • 電気エネルギーと環境
オフィスアワー
研究室9号館432号室
内線番号内線4442
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ