本文へ移動します

髙橋 智

氏 名髙橋 智タカハシ サトルたかはし さとる
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 機械工学コース
理工学研究科 機械工学専攻
 
専門・研究分野表面・界面工学
最終学歴・学位東京都立大学大学院工学研究科機械工学専攻 博士課程満期退学,博士(工学)
研究テーマ遮熱コーティングの熱機械的特性評価試験方法の開発研究及びこれら試験方法の国際標準化活動、溶射皮膜の微構造解析と特性評価,超音波振動による積層金属箔接合技術の開発,異種材料の超音波接合
研究キーワード溶射,遮熱コーティング,国際標準化,超音波接合
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
・ISO14188:2012. Metallic and other inorganic coatings - Test methods for measuring thermal cycle resistance and thermal shock resistance for thermal barrier coatings,プロジェクトリーダーとして制定
・脇 裕之,髙橋 智,山崎泰広:溶射コーティングの特性評価試験方法の標準化の動向,溶射技術,Vol32-4(2013),2-6.
・髙橋 智:溶射による遮熱コーティング,表面技術,Vol.63-5(2012),17-21.
・S. Takahashi, M. Hatano, Y. Kojima, Y. Harada, A. Kawasaki, F. Ono:Thermal Cycle Properties of Plasma Sprayed Oxidation-Resistant Metallic Coatings, Materials Science Forum, Vol.696(2011),296-301.
・髙橋 智:遮熱コーティングの特性評価試験方法の標準化活動,高温学会誌,vol.37-5(2011)264-270.
・髙橋 智,原田良夫:プラズマ溶射遮熱コーティングのクリープおよび疲労損傷挙動のその場観察、日本機械学会論文集、76巻767号A編(2011),64-70.
・高橋 智,熊川彰長,川崎亮,児島慶享,原田良夫,小野文夫:遮熱コーティングの試験方法に関するISO規格化活動、傾斜機能材料論文集, vol.24(2010),118-123.
・髙橋 智:遮熱コーティングの試験方法に関する国際標準化活動、日本機械学会機械材料・材料加工部門ニュースレター,(2010),5-7.
・S.Takahashi and Y.Harada:In-Situ Observation of Creep and Fatigue Failure Behavior for Plasma Sprayed Thermal Barrier Coating Systems,J. Solid Mechanics and Materials Engineering,Vol.4,No.2(2010),235-243.
・髙橋 智,吉葉正行:耐熱コーティングシステムの耐はく離試験方法の標準化,セラミックス,第43巻5号(2008),405-408.
・S.Takahashi,M.Yoshiba,Y.Harada:Effect of coating process condition on high-temperature oxidation and mechanical failure behavior for plasma sprayed thermal barrier coating system,Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, Vol.2-4(2008),409-416.
・髙橋 智,木村浩史,吉葉正行,原田良夫:プラズマ溶射TBCシステムのクリープならびに疲労強度特性に及ぼすボンドコートプロセッシングの影響,日本金属学会誌,72巻5号(2008),317-322.
・髙橋 智,吉葉正行,原田良夫:プラズマ溶射TBCシステムの高温酸化特性に及ぼす溶射後熱処理条件の影響,日本金属学会誌,71巻1号(2007),47-54.
・髙橋 智,吉葉正行,原田良夫:プラズマ溶射遮熱コーティングシステムの室温ならびに高温における機械的損傷挙動のその場観察,材料,55巻12号(2006),1125-1132.
・S.Takahashi, M.Yoshiba, W.Kakuta, S.Matsuoka, Y.Harada:Environmental Effect of Hot Corrosion on Creep and Fatigue Failure of Thermal Barrier Coating Systems,Materials Science Forum,Vols.522-523(2006),353-360.
・S.Takahashi, M.Yoshiba, R.Kawamura,Y.Harada:In Site Observation of Failure Behavior for Plasma Sprayed Thermal Barrier Coating Systems under Static Loading,Materials Science Forum, Vols.522-523(2006),345-352
受 賞(社)日本溶射協会奨励賞(1999),
(社)腐食防食協会技術賞(2005)
主な学会活動(一社)日本溶射学会 理事
(一社)日本溶射学会 関東支部 支部長
(一社)日本溶射学会 ISO規格委員会 委員
(一社)日本溶射学会 編集委員会 査読委員
(公社)腐食防食学会 理事
(公社)腐食防食学会 研究事業委員会 委員
(一社)表面技術協会 評議員
(一社)表面技術協会 溶射・ライニング部会 監事
(一社)日本機械学会 関東支部 事業幹事
(一社)日本機械学会 関東支部 商議員
(独)日本学術振興会 耐熱金属材料123委員会 委員
社会等との関わり・経済産業省補助事業「タービンの遮熱コーティング特性評価試験方法」産学官連携委員会 幹事
・経済産業省補助事業「タービンの遮熱コーティング特性評価試験方法」試験方法開発ワーキンググループリーダー
・ISO14188:2012-"Test methods for measuring thermal cycle resistance and thermal shock resistance for thermal barrier coatings"プロジェクトリーダー
・ISO/WD18555-”Determination of thermal conductivity for thermal barrier coating”プロジェクトリーダー
・ISO提案-”Measurement of Young's modulus of thermal barrier coating”プロジェクトリーダー
・ISO/TC107-WG1メンバー
個人のURL
担当科目
  • 機械の要素
  • 機械工作実習
  • トライボロジ-
  • 材料科学工学
  • 機械工作実習
  • 表面機能工学特論
オフィスアワー木 10:30-11:30、17:00-18:00
研究室9号館461号室
内線番号内線4254
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ