本文へ移動します

田中 学

氏 名田中 学タナカ マナブたなか まなぶ
職 位助教
所 属首都大学東京都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
 
専門・研究分野環境・エネルギー材料、機能性高分子
最終学歴・学位早稲田大学 大学院理工学研究科 応用科学専攻 ・ 博士(工学) 2007年3月
研究テーマ「都市が直面する環境・エネルギー問題解決に寄与する機能性高分子材料の開発」
地球温暖化問題の抜本的な解決策として期待される二酸化炭素分離・回収(CCS)技術に不可欠な高効率な気体分離膜や、究極のクリーンエネルギーである燃料電池の高性能化に繋がるナノファイバーを用いた革新的な高分子電解質膜など、高分子ならではの特徴を活かした材料の開拓に取り組んでいます。
研究キーワードCO2削減、地球温暖化対策、気体分離膜、クリーンエネルギー、燃料電池、二次電池、ナノファイバー
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
代表的な論文・解説 他
Manabu Tanaka, "Developement of ion conductive nanofibers for polymer electrolyte fuel cells", Polymer Journal, 48, 51-58 (2016) (Invited Focus Review).
Ryohei Takemori, Genki Ito, Manabu Tanaka, Hiroyoshi Kawakami, "Ultra-high proton conduction in electrospun sulfonated polyimide nanofibers", RSC Advances, 4, 38, 20005-20009 (2014).
Katsuya Sode, Manabu Tanaka, Yoshiaki Suzuki, Hiroyoshi Kawakami, "Nickel nanoparticle chains inside carbonized polymer nanofibers: Preparation by electrospinning and ion-beam irradiation", Nanoscale 5, 8235-8241 (2013).
Takuma Arai, Manabu Tanaka, Hiroyoshi Kawakami, "Porphyrin-Containing Electrospun Nanofibers: Positional Control of Porphyrin Molecules in Nanofibers and Their Catalytic Application", ACS Applied Materials & Interfaces, 4, 5453-5457 (2012).
Manabu Tanaka, Keita Fukasawa, Eriko Nishino, Susumu Yamaguchi, Koji Yamada, Hirohisa Tanaka, Byungchan Bae, Kenji Miyatake, Masahiro Watanabe, "Anion Conductive Block Poly(arylene ether)s: Synthesis, Properties, and Application in Alkaline Fuel Cells", Journal of the American Chemical Society, 133, 10646-10654 (2011).
Manabu Tanaka, Abhinav Rastogi, Gregory N. Toepperwein, Robert A. Riggleman, Nelson M. Felix, Juan J. de Pablo, Christopher K. Ober, "Fluorinated Quaternary Ammonium Salts as Dissolution Aids for Polar Polymers in Environmentally Benign Supercritical Carbon Dioxide", Chemistry of Materials, 21, 3125-3135 (2009).
Manabu Tanaka, Takumi Hosaka, Takashi Tanii, Iwao Ohdomari, Hiroyuki Nishide, "Selective Deposition of Polystyrene Nano-particles in the Nanoetchpit-Array on a Silicon Substrate", Chemical Communications, 2004, 978-979 (2004).
田中 学, 電界紡糸ナノファイバー単体の力学特性・物質輸送特性, 繊維と工業(繊維学会誌), 71, P491-494 (2015).
田中 学, 特集 若きリーダー達Ⅱ - 研究と教育を両輪として, 高分子 1, 29-30 (2014).
田中 学, イオンを伝導する高分子ナノファイバー, 繊維と工業(繊維学会誌), 69, p57-62 (2013).
Manabu Tanaka, Hiroyuki Nishide, "Arrangement of Polymer Nano-Particles on Micro- and Nano-Fabricated Silicon Substrates", in "Functional Nanomaterials", K. E. Geckeler, E. Rosenberg, Eds, Chapter 12, pp235-246, American Scientific Publisher (2006).
他 約30報
受 賞第20回水野賞(2007年、早稲田大学)
平成25年度高分子研究奨励賞(2014年、高分子学会)
平成26年度Leading Scientist表彰 (2015年、首都大学東京 都市環境学部)
平成26年度繊維学会奨励賞 (2015年、繊維学会)
主な学会活動日本化学会、高分子学会、繊維学会、日本膜学会、電気化学会
社会等との関わり早稲田大学本庄高等学院 非常勤講師 (2002〜2004年)
関東高分子若手研究会(高分子学会) 世話人 (2011年〜)
早稲田大学 理工学術院 非常勤講師 (2013年〜)
International Symposium on Fiber Science and Technology (ISF2014) 実行委員 (2014年)
高分子学会、繊維学会、電気化学会等 年次大会/討論会実行委員
個人のURL
担当科目
  • 学外実習
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
オフィスアワー月 9:00-13:00
研究室9号館639号室
内線番号内線4586
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果平成27年度〜平成27年度
ページトップへ