本文へ移動します

高津 飛鳥

氏 名高津 飛鳥 タカツ アスカたかつ あすか
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 数理科学コース
理工学研究科 数理情報科学専攻
 
専門・研究分野幾何解析
最終学歴・学位博士(理学)
研究テーマ物質の分布状態を確率測度と見なし、“物質をある場所から他の場所に最小費用で輸送する方法を探す”最適輸送理論を用いることで、確率測度のなす空間に距離関数が定義できる。
そしてリーマン多様体上で、分布状態の不均一さを表すエントロピー汎関数のこの距離関数に対する凸性はリッチ曲率の下限を定める。
ここでリッチ曲率は半径がrである球の体積のrに関する増大度を制御し、また距離関数の振舞を制御する断面曲率の和として表される。
私は最適輸送理論から定まるリッチ曲率の下限の概念を用いて、多様体とは異なり滑らかでなく特異点を許容するような空間上の幾何構造を解析したい。
例えば、集合の測度と周長の関係を表す等周問題を解明したい。
研究キーワード最適輸送理論
情報幾何
等周問題
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
受 賞
主な学会活動日本数学会会員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 基礎線形代数A
  • 線形代数Ⅰh
  • 基礎線形代数A
  • 線形代数Ⅰh
  • 幾何学序論
  • 幾何学序論演習
オフィスアワー
研究室
内線番号内線3127
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ