本文へ移動します

園田 みどり

氏 名園田 みどりソノダ ミドリそのだ みどり
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 欧米文化論 ドイツ語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 独文学教室
 
専門・研究分野ドイツ文学
最終学歴・学位東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了(1986年)・文学修士(1986年)
研究テーマドイツ語圏の現代文学の動向、およびそれが歴史や社会との関係で抱える問題性
研究キーワードドイツ文学, 現代文学
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
『悪魔の将軍』 見えない傷跡―ニーベルンゲンの痕跡をたどって―(科学研究費補助金, 基盤研究C『ドイツ語圏における神話・伝説素材の作品化に見られる集合的記憶の諸相』, 2016年)
『シュティルバッハあるいは憧れ』を読む―ザビーネ・グルーバー氏朗読会(人文学報第510号, 2015年)
『一夜の解剖学』を読む―アンナ・キム氏漏刻会―(人文学報第495号, 2014年)
ヘルタ・ミュラー『心獣』, 書評(週刊読書人, 2014年)
『ほかの場所』を読む―ドロン・ラビノヴィチ氏朗読会―(人文学報第480号, 2013年)
「過去の未来」と『未来の過去」, 書評(週刊読書人, 2013年)
往にし方の記憶―ポニョってだあれ?(Phases 1 ファーズ[首都大学東京大学院 人文科学研究科 表象文化論分野], 2011年)
シャルロッテ・リンク著『姉妹の家(上・下巻)』[翻訳](集英社, 2010年)、
『ケーペニク大尉-制服、時代のアトリビュート』(人文学報第419号, 2009年)、
(科学研究費補助金, 基盤研究C『ドイツ語圏社会文化的ディスクルスの研究』, 2009年)
クリスタ・ヴォルフ『メデイア』,書評(週刊読書人,2006年)
ジークフリート・レンツ『遺失物管理所』、書評(日本経済新聞,2005年)
E・イェリネク『したい気分』, 書評(週刊読書人, 2004年)
ドイツ文学の現況と翻訳・研究'03(文藝年鑑, 2004年)
ドイツ文学の現況と翻訳・研究'04(文藝年鑑, 2003年)
失われた記憶を求めて(ユリイカ, 2003年)
すべては生き直すために(ユリイカ, 2003年)
あなたに夢中(ユリイカ, 2003年)
新たな始まりの予感(ユリイカ, 2003年)
仰天、幻想殺人(ユリイカ, 2002年)
過去の克服への挑戦(ユリイカ, 2002年)
天使が織り成す色彩論(ユリイカ, 2002年)
救済への三九秒(ユリイカ, 2002年)
破壊と再生のビート(大航海, 2000年)
肉叢の現前(ドイツ文学, 1999年)
世界の文学 ヨーロッパⅡ, 共著(朝日新聞社, 1999年)
世界×現在×文学作家ファイル, 共著(国書刊行会, 1996年)
「パフォーマンス」としての批評(文部省科学研究費総合研究A研究成果報告書『ドイツ文学における「批評」の展開』, 1995年)
Analogische Phantasie in Botho Strauss' Roman "Der junge Mann"(ドイツ文学, 1991年)
受 賞ドイツ語学文学振興会32回振興会賞受賞(1992年)
主な学会活動日本独文学会会員,オーストリア文学研究会会員
社会等との関わりOU秋講座担当(2014年)
OU講座コーディネーター(2014-2015年)
書評(2013, 2014年)
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 独文学特殊講義
  • ドイツ語圏の文化
  • ドイツ語I 102a
  • ドイツ語I 101b
  • ドイツ語I 102a
  • ドイツ語I 101b
  • ドイツ語圏文化演習
  • ドイツ語圏文学演習
  • 欧米文化論卒業論文(ドイツ語圏)
  • ドイツ語圏文化論研究
  • ドイツ語圏文化論特論
  • ドイツ語圏文化論研究
  • ドイツ語圏文化論特論
  • ドイツ語学ドイツ文学研究
  • ドイツ語学ドイツ文学特論
  • ドイツ語学ドイツ文学研究
  • ドイツ語学ドイツ文学特論
  • 修士論文指導(独文)
  • 博士論文指導(独文)
  • 修士論文指導(独文)
  • 博士論文指導(独文)
  • ドイツ語圏の文化
オフィスアワー
研究室
内線番号内線1452
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ