本文へ移動します

白井 正明

氏 名白井 正明シライ マサアキしらい まさあき
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 地理環境コース
都市環境科学研究科 地理環境科学域
 
専門・研究分野堆積学
第四紀地質学
海洋地質学
最終学歴・学位東京大学大学院理学系研究科地質学専攻博士課程,博士(理学)
研究テーマ堆積学,特に「陸から深海までの砂の旅」
第四紀の堆積環境変動
研究キーワード砂粒子,運搬-堆積作用,河川,沿岸,タービダイト,自然災害
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
砕屑粒子の形状に関する研究史と今後の展望-特に円磨度に注目して-.宇津川喬子・白井正明 (2016): 地理学評論,89, 329-346.

長石粒子の光ルミネッセンス強度を基に推定された信濃川大河津分水路河口周辺の海岸における砂質粒子の運搬過程.林崎涼・白井正明 (2015): 地理学評論,88,327-340.

Testing the application of quartz and feldspar luminescence dating to MIS 5 Japanese marine deposits. Christine Thiel, Sumiko Tsukamoto, Kayoko Tokuyasu, Jan-Pieter Buylaert, Andrew S. Murray, Kazuhiro Tanaka and Masaaki Shirai (2015): Quaternary Geochronology, 29, 16-29.

Recognizing cryptic environmental changes by using paleoecology and taphonomy of Pleistocene bivalve assemblages in the Oga Peninsula, northern Japan. Chiba, T., Shirai, M. and Sato, S. (2014): Quaternary Research 81: 21-34.

Transport process of sand grains from fluvial to deep marine regions estimated by luminescence of feldspar: example from the Kumano area, central Japan. Shirai, M. & Hayashizaki, R. (2013): Island Arc22: 242-257.

愛知県渥美半島の沿岸低地で見出された江戸時代の津波起源と推定されたイベント堆積物.阿部朋弥・白井正明(2013):第四紀研究,52: 33-43.

A study oF the formation process of the Noshiro coastal dune, Akita Prefecture, northeastern Japan. Utsugawa, T. and Shirai, M. (2013): Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University 48: 1-11.(査読なし)

Submarine slope response to earthquake shaking within western Sagami Bay, Central Japan. K.Ikehara, J. Ashi, H. Machiyama,and M. Shirai. (2012): Submarine mass movements and their consequences (Yamada et al. eds.), Advances in Natural and Technological Hazards Research Volume 31, 539-548, Springer.

Determination of the origin and processes of deposition of deep-sea sediments from the composition of contained organic matter: An example from two forearc basins on the landward flank of the Nankai Trough, Japan. A. Omura, K. Ikehara, T. Sugai, M. Shirai, and J. Ashi. (2012): Sedimentary Geology, Volumes 249/250: 10-25.

Report on the tsunami deosits caused by the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake in the Soma Region, Fukushima Prefecture, northeast Japan. R. Hayashizaki and M. Shirai. (2012): Geographical Reports of Tokyo metropolitan University 47: 1-10. (査読無し)

Depositional age and triggering event of turbidites in the western Kumano Trough, central Japan during the last ca. 100 years. Marine Geology. Shirai, M., Omura, A., Wakabayashi, T., Uchida, J., and Ogami, T. (2010): Marine Geology 271: 225-235.

Investigation of the Sediment Movement along the Tenryu-Enshunada Fluvial System Based on Feldspar Thermoluminescence Properties. Liu, H., Kishimoto, S., Takagawa, T., Shirai, M. and Sato, S. (2009): Journal of Coastal Research, 25: 1096-1105.

OSL強度より推定する現世河川堆積物中の長石粒子の露光状況と運搬-堆積過程.白井正明・塚本すみ子・近藤玲介(2008):第四紀研究,47: 377-389

浅海成堆積物のOSL年代測定.幡谷竜太・白井正明(2003):第四紀研究,42: 347-359.

High-resolution reconstruction of Quaternary crustal movement based on sedimentary facies analysis: An example from the Oga Peninsula, northern Japan. Shirai, M. and Tada, R. (2002); Journal of Sedimentary Research, 70: 386-392.

Sedimentary successions formed by fifth-order glacio-eustatic cycles in the middle to upper Quaternary formations of the Oga Peninsula, northeast Japan. Shirai, M. and Tada, R. (2000); Journal of Sedimentary Research, 70: 839-849.

ODP日本海試料との対比に基づく男鹿半島安田海岸更新世中-後期テフラの同定と年代.白井正明・多田隆治・藤岡換太郎(1997): 第四紀研究,36: 183-196.
受 賞日本第四紀学会1999年論文賞受賞
主な学会活動日本堆積学会運営委員(2005-2010)
日本第四紀学会編集委員(2011-2015)
日本第四紀学会評議会員(2013-2015)
社会等との関わり羽村市市民大学講座 【東日本大震災から学ぶ】にて「地震と津波のメカニズム」講演(2011.12)
国家公務員採用総合職試験 試験専門委員(2011.7〜2013.6)
首都大学東京オープンユニバーシティ【大震災からの復興支援シリーズ】にて,「Tsunami -津波災害と地球科学-」講演(2012.2)
羽村市史編さん委員・第4部会長(2014.10〜)
個人のURL
担当科目
  • 自然災害と社会
  • 地圏環境科学
  • 地理環境科学実習I
  • 地球環境科学概説I
  • 地球科学実験
  • 自然科学実験(地学)
  • 堆積学
  • 地理環境科学第一基礎セミナーⅠ
  • 地理環境科学第一専門セミナーⅠ
  • 地理環境科学第二専門セミナーⅠ
  • 自然地理学講究I
  • 地理環境科学演習I
  • 地理環境科学演習II
  • 地理環境科学演習III
  • 地理環境科学演習IV
  • 地理環境科学セミナーI
  • 地理環境科学セミナーIII
  • 地理環境科学セミナーV
  • 地理環境科学セミナーII
  • 地理環境科学セミナーIV
  • 地理環境科学セミナーVI
  • 地理環境科学学外体験実習
  • 野外調査・実験III
  • 野外調査・実験I
  • 地形学特論II
  • 自然災害と社会
オフィスアワー火 10:30-12:00
研究室8号館(理学部棟)/734号室
内線番号内線3838
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果平成18年度〜平成28年度
ページトップへ