本文へ移動します

習田 明裕

氏 名習田 明裕シユウダ アキヒロしゆうだ あきひろ
職 位教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 看護学科
人間健康科学研究科 看護科学域
 
専門・研究分野基礎看護学領域
最終学歴・学位2011年 博士(看護学)
研究テーマ院内コーディネーターの役割・機能、生体肝移植後のレシピエンのQOLに関する研究、生体肝移植における看護職の倫理的対応モデルの構築、フィジカルアセスメントのスキル向上に関する研究
研究キーワード臓器移植、身体抑制、QOL、倫理、フィジカルアセスメントスキル
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1)習田明裕,志自岐康子,他:平成22〜25年度科学研究費補助金基盤(C),臓器移植医療における看護職の院内コーディネーターの役割・機能に関する研究.
2)林優子,習田明裕,他:平成22〜25年度科学研究費補助金挑戦的萌芽研究,臓器移植を受ける患者及び家族に対する倫理的関わりのモデル構築.(分担)
3)志自岐康子,習田明裕,他:平成21〜23年度科学研究費補助金基盤(C),「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」における看護職の役割と機能.(分担)
4)習田明裕,志自岐康子,他:平成19〜21年度科学研究費補助金基盤(C),生体肝移植における看護職の倫理的対応モデルの構築.
5)清水準一,志自岐康子,習田明裕,他:平成19〜20年度厚生労働科学研究費補助金,臨床移植コーディネーター看護師養成教育プログラムの開発と評価に関する研究(分担).
6)志自岐康子,習田明裕,他:平成19年度傾斜的研究費(一般)(部局分・部局競争経費),欧米と日本における臓器移植チーム体制の比較に関する研究-看護職の移植コーディネーターの役割・機能に焦点をあてて-(分担).
7)習田明裕:科学研究費補助金(若手研究(B)(2),抑制プロトコールの作成とその評価に関する研究.
8)志自岐康子,習田明裕,他:科学研究費科学研究費補助金(基盤研究(B)(2),臓器移植医療における看護職移植コーディネーターの役割・機能に関する研究-生体部分肝移植に焦点をあてて-(分担).
9)酒井美絵子,志自岐康子,城生弘美,習田明裕,川村佐和子:科学研究費補助金(基盤研究(C)),安全な看護ケアを行うために必要な看護師数の算出方法に関する基礎的研究(分担).
10)金壽子,中村美幸,習田明裕,中村裕美,志自岐康子,杉尾節子,菊池美佐子:傾斜的配分研究費,電子カルテシステムに対応できる看護基礎教育プログラムの検討(分担).

1)習田明裕,志自岐康子,添田英津子,田邊稔,野末聖香:生体肝移植を受けたレシピエントの苦悩・葛藤に関する研究.日本保健科学学会誌,10(4):241-248,2008.
2)抑制に関する教育の実態-基礎看護学領域および高齢者看護学領域における調査-,東京保健科学学会誌,6巻1号(P.53〜61),2003.4
3)高齢者および基礎看護学領域における「抑制」教授時のジレンマ,東京保健科学学会誌,6巻1号(P.62〜69),2003.4
4)看護専門職の大学院教育の在り方に関する研究-修士号または博士号取得者の学習ニーズと環境整備-,東京保健科学学会誌,5巻4号(P.208〜216),2003.1
5)抑制(身体拘束)廃止による患者の変化-高齢者アセスメント表(MDS)を用いて-,東京保健科学学会誌、5巻4号(P.217〜224),2003.1
6)訪問看護における倫理的課題,東京保健科学学会誌,5巻3号 (P.144〜151),2002.7
7)高齢者施設における「抑制」に関する海外文献の1991年から2000年までの動向,東京保健科学学会誌,5巻3号(P.129〜136),2002.5
8)脳血管疾患の既往をもつ在宅療養者のQOLに影響を及す要因分析―老年者と壮年者の比較を通して-,東京保健科学学会誌3巻2号(P.88〜P.97),1999.7

1)脳血管障害,ナーシングセレクション;リハビリテーション看護,学習研究社, pp204-221,2003.6
2)看護計画;実践看護技術学習支援テキスト,日本看護協会出版会,pp56-66, 2003.2.
3)看護を展開する技術;基礎看護技術:123-145,メディカ出版,大阪,2004.
4)体温を調整する技術;基礎看護技術:313-326,メディカ出版,大阪,2004.
5)排泄状態のアセスメント;ヘルスアセスメント:26-33,メディカ出版,大阪,2004.
6)腹部(消化器)のアセスメント;ヘルスアセスメント:100-106,メディカ出版,大阪,2004.
7)筋・骨格系のアセスメント;ヘルスアセスメント:118-130,メディカ出版,大阪,2004.
8)看護における倫理と価値;看護学概論:109-131,メディカ出版,大阪,2004.
受 賞
主な学会活動日本保健科学学会、日本看護科学学会、日本看護管理学会、日本看護学教育学会 日本看護技術学会、日本移植学会、日本移植・再生医療看護学会、日本生命倫理学会、日本看護倫理学会
社会等との関わり都立系病院等における研究指導や公開講座等の講師
個人のURL
担当科目
  • 基礎看護学実習Ⅰ
  • 基礎看護学実習Ⅱ
  • 看護基礎援助学Ⅲ(日常生活援助技術演習)
  • 看護研究
  • 看護基礎援助学Ⅳ(ヘルスアセスメント論)
  • 看護基礎援助学Ⅱ(日常生活援助技術論)
  • 看護基礎援助学Ⅶ(診療援助技術演習)
  • 看護基礎援助学Ⅴ(ヘルスアセスメント演習)
  • 看護学概論Ⅰ
  • 看護基礎援助学Ⅵ(診療援助技術論)
  • ヘルスアセスメント実践演習
  • 看護倫理学
  • 看護学概論Ⅱ
  • 看護科学特別研究Ia
  • 看護研究方法論Ⅱ
  • 看護研究方法論Ⅱ
  • 看護法制度論
  • 看護法制度論
  • コンサルテーション論
  • コンサルテーション論
  • 看護倫理学特論
  • 看護倫理学特論
  • 看護管理学特論
  • 看護管理学特論
  • 看護科学特別研究Ⅱa
  • 看護倫理学特論演習Ⅰ
  • 看護倫理学特論演習Ⅱ
  • 看護倫理学特論演習Ⅲ
  • 看護管理学特論演習Ⅰ
  • 看護管理学特論演習Ⅱ
  • 看護管理学特論演習Ⅲ
  • 看護倫理・管理学特講
  • 看護倫理・管理学特講
  • 看護倫理・管理学特講演習
  • 看護倫理・管理学特講演習
  • 看護科学特別研究Ia
  • 看護科学特別研究Ib
  • 看護科学特別研究Ib
  • 看護科学特別研究Ⅱa
  • 看護科学特別研究Ⅱb
  • 看護科学特別研究Ⅱb
オフィスアワー
研究室校舎棟571研究室
内線番号内線466
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ