本文へ移動します

柴田 泰邦

氏 名柴田 泰邦シバタ ヤスクニしばた やすくに
職 位准教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 情報通信システムコース
システムデザイン研究科 情報通信システム学域
 
専門・研究分野レーザ工学、光リモートセンシング、環境計測
最終学歴・学位東京都立大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了・博士(工学)
研究テーマ地球・都市環境問題に役立つリモートセンシングシステム(光計測、非接触可視化など)に関する研究
研究キーワードリモートセンシング、環境計測、非接触可視化、レーザ、ライダー
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【最近の論文】
・Measurement of Lower-Atmospheric CO2 Concentration Distribution Using a Compact 1.6μm DIAL, Y. Shibata, C. Nagasawa, M. Abo, In EPJ Web of Conferences, Vol. 119, 03003, 2016.
・Lidar Observation of the 2014 Kelut Volcanic Stratospheric Aerosols at Kototabang, Indonesia, M. Abo, Y. Shibata, C. Nagasawa, In EPJ Web of Conferences, Vol. 119, 07005, 2016.
・High Spectral Resolution Lidar Based on a Potassium Faraday Dispersive Filter for Daytime Temperature Measurement, M. Abo, P. P. Le Hoai, K. Aruga, C. Nagasawa, Y. Shibata, In EPJ Web of Conferences, Vol. 119, 17007, 2016.
・A direct detection 1.6μm DIAL with three wavelengths for high accuracy measurements of vertical CO2 concentration and temperature profiles , Proc. SPIE 8894, Lidar Technologies, Techniques, and Measurements for Atmospheric Remote Sensing IX, 889406; doi: 10.1117/12.2029359, 2013.
・First simultaneous measurement of vertical air velocity, particle fall velocity, and hydrometeor sphericity in stratiform precipitation: Results from 47 MHz wind-profiling radar and 532 nm polarization lidar observations, Radio Sci., 47, RS3002, doi:10.1029/2011RS004823, 2012.
・Direct detection 1.6μm DIAL for measurements of CO2 concentration profiles in the troposphere, SPIE Proceedings Vol. 8182, DOI: 10.1117/12.898794, 2011.
・1.5 μm ファイバブラッググレーティングフィルターを用いた小型インコヒーレントドップラーライダーの開発、レーザー研究、Vol.39, No.8, pp622-626, 2011.
・大気中のCO2濃度観測用DIALの開発、計測と制御、Vol.50, No.8, pp883-887, 2011.
・Low-Altitude Wind Measurement Using Incoherent Doppler Lidar by Utilizing Both Absorption Slopes of the Iodine Absorption Spectrum, Jpn. J. Appl. Phys., 48, 126501, 2009.
・System evaluation of an incoherent wind Doppler lidar using an iodine filter, Jpn. J. Appl. Phys., 48, 032401, 2009
・Development of a 1.6 μm Differential Absorption Lidar with a quasi phase matching OPO and photon-counting detector for the vertical CO2 profile, Appl. Opt., 48, 748, 2009.
・Measurement of Pressure-Induced Broadening and Shift Coefficients of Carbon Dioxide Absorption Lines around 1.6 μm for using Differential Absorption Lidar, Jpn. J. Appl. Phys. Vol.47 No.1, 2008.
・Stimulated Raman Scattering Laser Oscillation around 1.6 μm Carbon Dioxide Absorption Line, Jpn. J. Appl. Phys, Vol. 47, No. 3, 2008.
・Development of the 1.6 μm carbon dioxide DIAL for tropospheric CO2 study, Proceedings of SPIE Europe, Vol. 6750 No. 51, 2007.
・Lidar observations of Fe and Na layers in the mesopause region over equator,J. Meteor. Soc. Japan, Vol. 84A, pp.317 - 325,2006.
・赤道域に設置した多目的ライダーシステム,日本リモートセンシング学会誌,Vol.26, No.1, pp.45 - 51,2006.

【招待講演】
・Passive and Active Remote Sensing of Greenhouse Gases in the GOSAT Project, I. Morino, M. Inoue, Y. Yoshida, N. Kikuchi, T. Yokota, T. Matsunaga, O. Uchino, T. Tanaka, D. Sakaizawa, S. Kawakami, S. Ishii, K. Mizutani, Y. Shibata, M. Abo, C. Nagasawa, 2014 AGU Fall Meeting, No.A42B-06, 2014.
・Direct Detection 1.6μm DIAL / Doppler Lidar for Measurements of CO2 Concentration and Wind Profiles, 2013 AGU Fall Meeting, 2013.
・風分布計測のための直接検波小型ドップラーライダーの開発、レーザー学会学術講演会第32回年次大会、2012.
・ライダーに用いる近赤外QPM-OPGレーザー、レーザー学会学術講演会第31回年次大会、2011.
・Lidar System for Observations of Equatorial Lower and Upper Atmosphere, 23rd International Laser Radar Conference,2006.
・Multi-Purpose Lidar System Covering Wide Altitude Range Over Equatorial Region, International Quantumn Electronics Conference 2005 and the Conference on Lasers Electro-Optics in Pacific Rim 2005.
・Preliminary observations of atmospheric temperature structure over the equator by the multi-lidar system, The 11th International Symposium on Equatorial Aeronomy and CAWSES mini-workshop, 2005.
受 賞2012年 地球電磁気・地球惑星圏学会 フロンティア賞
2008年 応用物理学会 感謝状
主な学会活動計測自動制御学会(リモートセンシング部会運営委員・2013年〜、同幹事・2016年〜、会誌編集委員計測部門幹事・2013年度、会誌編集委員計測部門主査・2014年度)、応用物理学会(プログラム編集委員・2013年〜)、レーザー学会、地球電磁気・地球惑星圏学会、気象学会、日本分光学会、American Geophysical Union(AGU)、衛星搭載ドップラーライダー構想委員会
社会等との関わりインドネシアでのライダー研究紹介およびライダー技術指導
個人のURL
担当科目
  • 光電波伝送工学
  • 通信工学演習
  • 電磁波工学
  • 制御理論
オフィスアワー
研究室1号館205号室
内線番号内線8455
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ