本文へ移動します

篠田 粧子

氏 名篠田 粧子シノダ シヨウコしのだ しようこ
職 位教授
所 属首都大学東京人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域
オープンユニバーシティ 身体健康栄養分野
 
専門・研究分野栄養学、栄養生化学
最終学歴・学位Longwood College, Dept. of Home Economics (Food and Nutrition)  農学博士(東京大学)
研究テーマミネラルの生体利用性に関する研究
消化管における鉄の吸収調節メカニズム-鉄濃度に対する粘膜上皮細胞の応答-
フィチン酸およびその他のミネラル吸収阻害因子の作用機序
培養細胞単層膜を用いたミネラルの透過性および利用性の解析
研究キーワードミネラル栄養、鉄の吸収調節メカニズム、消化管、DMT1、フィチン酸、リン、Caco-2およびIEC6細胞
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
著書:
応用栄養学第2版(2015)学文社、わかりやすい公衆栄養第3版(2015)三共出版、私たちの食と健康(2011)三共出版、新しい生化学・栄養学実験(2011)三共出版、わかりやすい栄養学改訂4版(2015)三共出版、新基礎栄養学 第8版(2015)医歯薬出版、

論文:
・篠田粧子、消化管における鉄の吸収調節とホメオスタシス. ソフト・ドリンク技術資料、175, 21-34, 2015 .
・Shinoda S, Yoshizawa S, Nozaki E, Tadai K and Arita A. Marginally excessive iron loading transiently blocks mucosal iron uptake in iron-deficient rats. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol 307: G89-97, 2014.
・Shinoda S and Arita A. Regulatory mechanisms of intestinal iron absorption: Iron-deficient mucosal cells respond immediatery to dietary iron concentration. J Phys Fitness Sports Med, 3: 399-407, 2014.
・篠田粧子 鉄欠乏・鉄過剰をめぐる最近の話題 都薬雑誌 35(2), 4-8, 2013
・Oishi Y, Shinoda S, Watanabe Y, Naka M, and Fuke Y, Relative risk factors for osteoporosis: a pilot study of genetic polymorphisms and bone mineral density in Japanese young women: Journal of Preventive Medicine, 7, 4, 2012
・Oishi Y, Watanabe Y, Shinoda S, Naka M, Ozawa Y, Matsuyama T, Morozumi K, Fuke Y.,IL-6 gene polymorphisms -634C>G and IL-17 gene polymorphisms 7488T>C influence bone mineral density in young and elderly Japanese women,Gene,504, 75, 2012
・Nomura T, Shinoda S, Yamori T, Fuke Y, et al., Wasabi-derived 6-(methylsulfinyl) hexyl isothiocyanate effectively suppressed breast cancer and melanoma cell lines in a human cancer cell line panel in vitro. Cancer Detection and Prevention、2005
・Shinoda S and Yoshida T, Effects of intestinal microflora and dietary phytate on intestinal phytase activity in germfree and conventionalized rats. Bioscience and Microflora, 23, 35, 2004
・ Ono T, Iijima M, Shinoda S and Wada O, Lithium deficiency reduces thymus weight and alter differential blood count in rats. Life Science、61, 16, 1997
・篠田粧子・他、フィチン酸分解中間生成物としてのイノシト-ルリン酸化合物がラットのミネラルの利用性に及ぼす影響、日本栄養・食料学会誌、48, 371, 1999
・水野隆志・川口きよみ・篠田粧子、脱フィチン酸フスマの in vitro におけるリパ-ゼおよび胆汁酸との結合、日本栄養・食糧学会誌、49, 119, 1996
受 賞
主な学会活動日本栄養・食糧学会(参与)、日本農芸化学会、日本動物細胞工学会(評議委員)、日本栄養改善学会、日本栄養士会、International BioIron Society
社会等との関わり羽村市消費生活センター運営委員(平成9年-13年、平成27年-)東京都消費生活総合センター、ステップアップ講座カリキュラム検討委員会委員(平成10年-11年)東京都消費生活総合センター運営協議会委員 (平成11年4月-平成21年3月)
個人のURL
担当科目
  • 母子保健助産学
  • 健康の栄養学
  • 人間健康科学概論
  • 健康管理と栄養・食品
  • 栄養科学
  • 運動学Ⅰ
  • 栄養生化学特論
  • ヘルスプロモーションサイエンス特講Ⅲ
  • 健康の栄養学
オフィスアワー月、木
研究室10号館栄養・食品科学研究棟203号室
内線番号内線4663
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ