本文へ移動します

斎藤 太郎

氏 名斎藤 太郎サイトウ タロウさいとう たろう
職 位助教
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 生命科学コース
理工学研究科 生命科学専攻
 
専門・研究分野神経生化学
最終学歴・学位東京工業大学大学院生命理工学研究科博士課程中退・博士(理学)
研究テーマサイクリン依存性キナーゼ5による神経機能の制御機構
研究キーワードCdk5、タンパク質リン酸化、タンパク質分解
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Hosokawa, T., Saito, T., Asada, A., Fukunaga, K., and Hisanaga, SI. (2010) Quantitative measurement of In Vivo phosphorylation states of Cdk5 activator p35 by Phos-tag SDS-PAGE. Mol Cell Proteomics 9 (6): 1133-43.

Yotsumoto*, K., Saito*, T., Asada, A., Oikawa, T., Kimura, T., Uchida, C., Ishiguro, K., Uchida, T., Hasegawa, M. and Hisanaga, S. (2009) Effect of Pin1 or microtubule binding on dephosphorylation of FTDP-17 mutant Tau. J Biol Chem 284, 16840-16847 (*equal contribution)

Kaminosono*, S., Saito*, T., Oyama, F., Ohshima, T., Asada, A., Nagai, Y., Nukina, N. and Hisanaga, S. (2008) Suppression of mutant Huntingtin aggregate formation by Cdk5/p35 through the effect on microtubule stability. J Neurosci. 28, 8747-8755 (*equal contribution)

Saito, T., Konno, T., Hosokawa, T., Asada, A., Ishiguro, K. and Hisanaga, S. (2007) p25/cyclin-dependent kinase 5 promotes the progression of cell death in nucleus of endoplasmic reticulum-stressed neurons. J Neurochem. 102, 133-140.
受 賞
主な学会活動日本神経化学会、日本神経科学学会、日本分子生物学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 生化学実験(神経分子機能)
  • 生物放射線実験
  • 生命科学放射線実習
  • 生命科学放射線実習
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能1)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能1)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能1)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能1)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能2)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能2)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能2)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能2)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能3)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能3)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能3)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能3)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能4)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能4)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能4)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能4)
  • 生命科学実験1(神経分子機能)
  • 生命科学実験1(神経分子機能)
  • 生命科学実験2(神経分子機能)
  • 生命科学実験2(神経分子機能)
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ