本文へ移動します

野村 琴広

氏 名野村 琴広ノムラ コトヒロのむら ことひろ
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 化学コース
理工学研究科 分子物質化学専攻
 
専門・研究分野有機金属化学、合成化学、分子触媒化学(高性能分子触媒による環境調和型の精密合成反応)
最終学歴・学位東京大学大学院工学系研究科修士課程合成化学専攻・博士(工学)大阪大学
研究テーマ有機高機能材料の精密合成に有効な高性能分子触媒の設計・創製
高性能分子触媒による環境調和型の精密合成プロセスの構築
金属―炭素結合を有する前周期遷移金属錯体の合成と反応化学
研究キーワード分子触媒、有機金属化学、有機高機能材料、グリーンケミストリー、精密合成反応、精密重合
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
K. Nomura, “Half-titanocenes containing anionic ancillary donor ligands as promising new catalysts for precise olefin polymerization”; Dalton Trans., 8811-8823 (2009). Perspective
K. Nomura, and J. Liu, "Half-titanocenes for precise olefin polymerisation: Effects of ligand substituents and some mechanistic aspects”; Dalton Trans., 40, 7666-7682 (2011). Perspective
K. Nomura, S. Zhang, “Design of vanadium complex catalysts for precise olefin polymerization”; Chem. Rev. 111, 2342-2362 (2011). Review
K. Nomura, W. Zhang, “(Imido)vanadium(V)-alkyl, -alkylidene complexes exhibiting unique reactivity towards olefins and alcohols”; Chem. Sci., 1, 161-173 (2010). Mini Review
S. Zhang, and K. Nomura, “Highyl efficient dimerization of ethylene by (imido)vanadium complexes containing (2-anilidomethyl)pyridine ligand: Notable ligand effect toward activity and selectivity”; J. Am. Chem. Soc., 132, 4960-4965 (2010).
A. Igarashi, S. Zhang, K. Nomura,“Ethylene dimerization/polymerization catalyzed by (adamantylimido)vanadium(V) complexes containing (2-anilidomethyl)pyridine ligands: Factors affecting the ethylene reactivity”; Organometallics, 31, 3575-3581 (2012).
K. Nomura, and M. M. Abdellatif, “A facile, controlled synthesis of soluble star polymers containing a sugar residue by ring-opening metathesis polymerization (ROMP)”; Polymer, 51, 1861-1881 (2010). Feature article
K. Takamizu, K. Nomura, “Synthesis of oligo(thiophene) coated star shape ROMP polymers: Unique emission properties by the precise integration of functionality”; J. Am. Chem. Soc., 134, 7892-7895 (2012).
K. Takamizu, A. Inagaki, K. Nomura,“Precise synthesis of poly(fluorene vinylene)s capped with chromophores: Efficient fluorescent polymers modified by conjugation length and end-groups”; ACS Macro Lett., 2, 980-984 (2013).
M. M. Abdellatif, K. Nomura,“Precise synthesis of end-functionalized oligo(2,5-dialkoxy-1,4-phenylene vinylene)s with controlled repeat units via combined olefin metathesis and Wittig-type coupling”; Org. Lett., 15, 1618-1621 (2013).
K. Hatagami, K. Nomura,“Synthesis of (adamantylmido)vanadium(V)-alkyl, alkylidene complex trapped with PMe3: Reactions of the alkylidene complexes with phenols”; Organometallics, 33, 6585?6592 (2014).
X. Hou, K. Nomura,“(Arylimido)vanadium(V)-alkylidene complexes containing fluorinated aryloxo, alkoxo ligands for fast living ring-opening metathesis polymerization (ROMP), Highly cis-specific ROMP”; J. Am. Chem. Soc., 137, 4662-4665 (2015).
受 賞日本化学会技術進歩賞(1996年)、触媒学会賞(2001年)
主な学会活動日本化学会、触媒学会、石油学会、近畿化学協会、有機合成化学協会、高分子学会、アメリカ化学会、日本ポリオレフィン総合研究会
社会等との関わり主要なもの: マサチューセッツ工科大学博士研究員(1993-1995)、Editorial Board: J. Mol. Catal. A: Chemical (1995-)他、イスラエル工科大学Lady Davis客員教授(2006年)、日本学術振興会特別研究員事業審査員(2007-2008年度)、科学研究費補助金審査委員(H23-H24年度)、石油学会石油化学部会委員(2001-)、日本化学会近畿支部幹事(2008-2009年度)、触媒学会西日本地区幹事(2004-2010)、触媒学会代議員(2006-2009)、触媒学会理事(教育推進担当、2010-2011年; 国際交流担当、2013-2014)、近畿化学協会代議員(2012-)、近畿化学協会有機金属部会幹事(2013-)、日本ポリオレフィン総合研究会運営委員、触媒学会ファインケミカルズ合成触媒研究会世話人代表(2008-2011年)、ファインケミカルズ合成触媒国際会議組織委員(2004年、2007年)、同会議International Coordinator(2009年、2013年、2016年)、ファインケミカルズ合成触媒国際会議 組織委員長(2011年)、アジアポリオレフィンワークショップ組織委員(2005年、2007年、2009年、2013年)、同会議組織委員長(2015年)、招聘講師 国家科学委員会化学研究推動中心(2011年、台湾)
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 有機化学I
  • 反応有機化学
  • 化学セミナー
  • 化学コロキウムI
  • 化学特論III(有機化学特論)
  • 化学特別講義Ⅱ(有機反応論)
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーIII
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別講義I
  • 化学特別講義I
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーIII
オフィスアワー随時
研究室8号館473号室
内線番号内線3542
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ