本文へ移動します

沼崎 誠

氏 名沼崎 誠ヌマザキ マコトぬまざき まこと
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 心理学・教育学コース 心理学教室
人文科学研究科 人間科学専攻 心理学・臨床心理学教室
 
専門・研究分野社会心理学
最終学歴・学位東京大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学(1991年)・社会学修士(1988年)
研究テーマ社会的自己 
偏見とステレオタイプ
社会的行動や判断の自動性 
研究キーワード自己呈示,偏見,ステレオタイプ,属性推論,社会的行動と判断の自動性
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
沼崎誠 (2001). 「自己査定(p.42) 」を含む7項目(p.43, p.44, pp.45-47, pp.58-59, p.227) 山本眞理子他(編) 「社会的認知ハンドブック」 北大路書房
沼崎誠 (2002). 自己概念 船津衛・安藤清志(編)「自我・自己の社会心理学」北樹出版, pp. 78-95.
沼崎誠・工藤恵理子 (2003). 自己高揚的提示と自己卑下的提示が呈示者の能力の推定に及ぼす効果-実験室実験とシナリオ実験との相違 実験社会心理学研究, 43, 36-51.
Kudo, E., and Numazaki, M. (2003). Explicit and direct self-serving bias in Japan. Journal of Cross-Cultural Psychology, 34, 511-521.
沼崎誠 (2004). 社会的認知と進化心理学 岡隆(編)「社会的認知研究のパースペクティブ」 培風館, pp. 215-232.
沼崎誠 (2005). ハンディキャップのタイプにより遂行期待や能力推測が変わるか? -困難なクラスを自ら選択した人の遂行期待と能力推測 東京都立大学人文学報, 358, 31-45.
沼崎誠・小野滋・高林久美子・石井国雄 (2006). Sequential Priming によるジェンダー・ステレオタイプの活性化の研究 首都大学東京 東京都立大学 人文学報, 369, 21-52.
江利川滋・山田一成・川端美樹・沼崎誠 (2007). テレビ親近感とテレビ視聴行動の関連性について 社会心理学研究, 267-273.
沼崎誠 (2007). 無能な人は温かいか? 冷たい人は有能か? -死すべき運命の顕現化と平等主義的性役割信念が同性/異性の評価に及ぼす効果 首都大学東京・東京都立大学人文学報, 380, 65-85.
武田美亜・沼崎誠 (2007). 研究相手との親密さが内的経験の積極的伝達場面における2種類の透明性の錯覚に及ぼす効果 社会心理学研究, 23, 57-70.
野寺綾・唐澤かおり・沼崎誠・高林久美子 (2007). 恐怖管理理論にもとづく性役割ステレオタイプ活性の促進要因の検討 社会心理学研究, 23, 195-201.
沼崎誠・天野陽一 (2008). 女性のジェンダー・ステレオタイプの内在化に関する研究 首都大学東京 東京都立大学 人文学報, 395, 63-76.
高林久美子・沼崎誠 (2008). 活性化した自己表象が女性サブカテゴリーへの偏見とステレオタイプに及ぼす効果 心理学研究, 79, 373-378..
田中知恵・沼崎誠 (2008). ネガティブ・ムード制御方略に対する期待感の効果 心理学研究, 79, 107-115.
石井国雄・沼崎誠 (2009) ジェンダー態度IATにおけるステレオタイプ的な刺激項目の影響 社会心理学研究, 25, 53-60.
武田美亜・沼崎誠 (2009). 共通基盤知覚がさまざまな内的経験の透明性の錯覚に及ぼす影響 対人社会心理学研究, 9, 55-62.
安藤清志・村田光二・沼崎誠(編著) (2009). 新版 社会心理学研究入門 東京大学出版会
麻生奈央子・沼崎誠 (2010). 潜在・顕在的なロマンティック幻想と結婚満足感 パーソナリティ研究, 18 , 244-247.
沼崎誠 (2010). ステレオタイプと社会システムの維持 村田光二(編)「現代の認知心理学6 社会と感情」 北大路書房, pp. 272-297.
沼崎誠 (2010). 死すべき運命の顕現化が日本人男子大学生の性役割的偏見に及ぼす効果 首都大学東京 東京都立大学 人文学報, 425, 15-30.
武田美亜・沼崎誠 (2010). 日本人大学生の恋愛関係に見られるナイーブ・シニシズムの検討 社会心理学研究, 26, 57-64.
高林久美子・沼崎誠 (2010). 女性による伝統的女性と非伝統的女性への偏見とステレオタイプの適用:潜在レベルからの検討 社会心理学研究, 26 , 141-150.
石井国雄・沼崎誠 (2011). 自己価値への脅威が男性のジェンダーに関する潜在的態度に及ぼす影響 社会心理学研究, 27, 24-30.
沼崎誠・天野陽一・石井国雄・廣瀬綾乃・髙林久美子・埴田健司 (2012). 死すべき運命の顕現化と博愛プライムが内集団ひいきに及ぼす効果 首都大学東京 東京都立大学 人文学報, 455, 15-28.
石井国雄・沼崎誠 (2012). 自己価値への脅威が男性の女性に対する潜在的偏見に及ぼす影響 対人社会心理学研究, 12, 67-76.
沼崎誠・高林久美子・天野陽一 (2013). 子どもを持つことと経済的に成功することによる象徴的不死 -死すべき運命の顕現化と性役割観が日本人男女大学生の持ちたい子どもの数と将来の理想収入に及ぼす効果- 首都大東京 人文学報, 470 , 39-52.
沼崎誠 (2013). ステレオタイプと偏見 日本認知心理学会(編) 「認知心理学ハンドブック」 有斐閣, pp. 310-311.
沼崎誠 (2014). 進化的アプローチ 唐沢かおり(編)「新社会心理学」 北大路書房, 149-168. 麻生奈央子・坂元章・沼崎誠 (2015). ロマンティック幻想の測定-潜在測度,顕在測度の乖離と理想度測定- パーソナリティ研究, 23 , 156-170.
沼崎誠 (2014). 集団間関係 「新版 誠信 心理学事典」 誠信書房, 266-269. 
沼崎誠・石井国雄・佐々木香織・天野陽一・高林久美子 (2015). システムの脅威となる外集団の顕現化は女性サブカテゴリーに対する男性の偏見やステレオタイプ化を強めるか? 首都大学東京 人文学報, 500 , 75-97.
石井国雄・沼崎誠 (2015). 男女カテゴリの顕現性が自己価値への脅威下におけるジェンダーに関する自動的偏見に及ぼす効果 社会心理学研究, 31 , 25-34.
受 賞2004年度グループ・ダイナミックス学会優秀論文賞
主な学会活動日本心理学会
日本社会心理学会(常任理事)
日本グループ・ダイナミックス学会
American Psychological Association
Society of Personality and Social Psychology
Association for Psychological Science
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 心の科学
  • 心の科学
  • 社会心理学特殊講義
  • 社会心理学演習
  • (カ)心理学方法論演習II
  • (カ)心理学方法論演習II
  • (カ)心理学方法論演習III
  • (カ)心理学方法論演習III
  • (カ)心理学方法論演習I
  • 心理学卒業論文
  • 社会心理学研究演習第二
  • 社会心理学研究演習第一
  • 社会心理学研究演習第一
  • 社会心理学特論演習
  • 社会心理学特論演習
  • 修士論文指導(心理)
  • 修士論文指導(心理)
  • 修士論文指導(臨床)
  • 修士論文指導(臨床)
  • 博士論文指導(心理)
  • 博士論文指導(心理)
  • 心の科学
  • 心の科学
オフィスアワー火、木
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ