本文へ移動します

新田 收

氏 名新田 收ニツタ オサムにつた おさむ  
職 位教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 理学療法学科
人間健康科学研究科 理学療法科学域
 
専門・研究分野発達障害分野の理学療法
最終学歴・学位日本大学大学院理工学研究科 医療・福祉工学 博士後期課程卒業 博士(工学)取得
研究テーマ脳性麻痺に代表される発達障害児(者)に対する機能評価の方法,およびリハビリテーションプログラム.障害児(者)に対する介護負担の研究.障害児(者)に対する環境整備のあり方についての研究.福祉用具の開発研究.運動の解析方法研究.運動中の筋電図解析方法の研究.大都市在住障害者および高齢者における災害対策について.
研究キーワード脳性麻痺,運動発達障害,環境整備,介護負担,災害
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1)Analysis of Surface Electromyographic Findings of Isometric Contraction of the Vastus Lateralis, the Vastus Medialis and the Rectus Femoris. The13 Congress of International Society of Electrophysiology and Kinesiology.376〜377.2000.
2)The Logistic Regression Analysis on the Pattern of Roll Over in Children with Cerebral Palsy, The 1st World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine,673〜676,2001.
3)高齢者における手すり把握条件と握力の関係.理学療法科学17(3),175〜179,2002.
4)身体障害者福祉センターにおける業務内容の検討,東京保健科学学会5(1),P12〜17,2002.
5)A Method of calculating ICR with a Regression straght line, 14th Congress of International Society of Electrophysiology and Kinesiology PROCEEDING,230〜231,2002.
6)Evaluation of rehabilitation to chidren with cerebral palsy, Brain & Development 24(6),452,2002.
7)Kinematic Patterns of Rolling over in Children with Cerebral Palsy, Journal of Physical Therapy Science15,25〜31,2003.
8) 学齢脳性麻痺児の発達的特性と母親のストレスの関係,総合リハ,32(11),1091-1095,2004.
9) Developmental research of the power assistance type handrail The 11th World Congress of the International Society for Prosthetics & Orthotics, P57.34.
10)The influence of extremity positions on the relationship between activities of the Rectus Femoris and Vastus Medialis and torque in extension of the knee -A study of a method for approximation of the relationship between surface EMG and torque to power equation-, Proceedings The15 Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology,P66.
受 賞
主な学会活動日本理学療法士協会 ,日本公衆衛生学会,日本リハビリテーション医学会,日本建築学会,日本臨床神経生理学学会,日本社会福祉学会,日本福祉のまちづくり学会,International Society of Electrophysiology and Kinesiology
社会等との関わり日本理学療法士協会 学会誌(理学療法学)編集委員.福祉のまちづくり学会,会誌委員,日本保健科学学会(旧東京保健科学学会)事務局長
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 徒手技術学Ⅰ
  • 運動学実習
  • 理学療法学基礎実習
  • 運動学Ⅰ
  • 基礎理学療法学
  • 理学療法学セミナー
  • 小児理学療法学
  • 中枢神経系理学療法学実習
  • 機能・能力診断学臨床実習
  • 総合臨床実習Ⅰ
  • 整形外科学Ⅰ
  • 整形外科学Ⅱ
  • 総合臨床実習Ⅱ
  • 障害者とスポーツ論
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法研究法特論
  • 理学療法研究法特論
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
  • 発達障害理学療法学特論
  • 発達障害理学療法学特論
  • 発達障害理学療法学特論演習
  • 発達障害理学療法学特論演習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 発達障害理学療法学特講
  • 発達障害理学療法学特講
  • 発達障害理学療法学特講演習
  • 発達障害理学療法学特講演習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
オフィスアワー月-金
研究室校舎棟研究室575
内線番号内線442
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ