本文へ移動します

西山 雄二

氏 名西山 雄二ニシヤマ ユウジにしやま ゆうじ
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 欧米文化論 フランス語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 仏文学教室
 
専門・研究分野20世紀フランス思想・文学
最終学歴・学位一橋大学言語社会研究科博士課程修了、博士号取得
研究テーマジャック・デリダ、モーリス・ブランショの研究 哲学と大学、教育をめぐる研究
研究キーワード
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
著書に、『哲学への権利』(勁草書房)、『異議申し立てとしての文学――モーリス・ブランショにおける孤独、友愛、共同性』(御茶の水書房)。編著に、『カタストロフィと人文学』(勁草書房)、『人文学と制度』(未來社)、『哲学と大学』(未來社)、Philosophie et Education II: Le droit a la philosophie(UTCP). 共著に、Figures du dehors(Cesile Defaut), 『格闘する思想』(平凡社新書)、『1968年の世界史』(藤原書店)、『ヘーゲル――現代思想の起点』(社会評論社)、など。訳書に、ジャック・デリダ『哲学への権利』(全2巻、みすず書房)、『獣と主権者』(全2巻、白水社)、『条件なき大学』(月曜社)、『名を救う――否定神学をめぐる複数の声』(未來社)、カトリーヌ・マラブー『ヘーゲルの未来――可塑性・時間性・弁証法』(未來社)、エマニュエル・レヴィナス『倫理と無限』(ちくま学術文庫)、モーリス・ブランショ『ブランショ政治論集1958-1993』(月曜社)、ジャン=リュック・ナンシー『ヘーゲル 否定的なものの不安』(現代企画室)、など。大学と人文学の現在形と未来形を問うドキュメンタリー映画「哲学への権利―国際哲学コレージュの軌跡」(2009年)を製作し、日本各地、世界各地(アメリカ、フランス、香港、韓国など)で巡回上映と討論会を実施した。
受 賞
主な学会活動
社会等との関わり国際哲学コレージュプログラム・ディレクター(2010-2016年度)
日本学術会議 若手アカデミー 活動検討分科会委員(2009-2011年)、特任連携会員(2011年-2014年)
広島大学高等教育研究開発センター 客員研究員(2012年-)
個人のURL
担当科目
  • フランス語圏の文化
  • 人間・文化・社会
  • フランス語I 101a
  • フランス語I 101b
  • フランス語I 101a
  • フランス語I 101b
  • フランス語圏文学演習
  • フランス語圏文学演習
  • フランス語圏文化論A
  • フランス語圏文化論B
  • フランス文学研究
  • フランス文学特論
  • フランス語圏文化研究
  • フランス語圏文化特論
  • フランス語圏文化研究
  • フランス語圏文化特論
  • 修士論文指導(仏文)
  • 博士論文指導(仏文)
  • 修士論文指導(仏文)
  • 博士論文指導(仏文)
  • フランス文学研究
  • フランス文学特論
  • フランス語圏の文化
  • 人間・文化・社会
オフィスアワー水 13:00-14:00
研究室5号館516号室
内線番号内線1473
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ