本文へ移動します

西長 亨

氏 名西長 亨ニシナガ トオルにしなが とおる
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 化学コース
理工学研究科 分子物質化学専攻
 
専門・研究分野物理有機化学、構造有機化学、有機機能材料化学
最終学歴・学位京都大学大学院・工学研究科・博士課程修了・京都大学博士(工学)1995年
研究テーマ有機機能材料を指向した新規π共役系の設計・合成および物性評価
研究キーワードπ共役オリゴマー、ラジカルカチオン、有機電界効果トランジスター
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
代表的な著書:
1.Tohru Nishinaga Ed.
“Organic Redox Systems: Synthesis, Properties, and Applications”
Wiley, Hoboken NJ, 2016.

代表的な論文:
1. Tohru Nishinaga,* Takeshi Ohmae, Kazunari Aita, Masayoshi Takase, Masahiko Iyoda, Tatsuya Arai, Yoshihito Kunugi* “Antiaromatic planar cyclooctatetraene: a strategy for developing ambipolar semiconductors for field effect transistors”
Chem. Commun., 2013, 49, 5354-5356.
2. Masaki Tateno, Masayoshi Takase, Masahiko Iyoda, Koichi Komatsu, Tohru Nishinaga* “Steric Control in the π-Dimerization of Oligothiophene Radical Cations Annelated with Bicyclo[2.2.2]octene Units”
Chem. Eur. J., 2013, 19, 5457-5467.
3.Chuanwen Lin, Takanori Endo, Masayoshi Takase, Masahiko Iyoda, and Tohru Nishinaga* “Structural, Optical, and Electronic Properties of a Series of 3,4-Propylenedioxythiophene Oligomers in Neutral and Various Oxidation State”
J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 11339-11350.
4.Takeshi Ohmae, Tohru Nishinaga,* Wu Mo, Masahiko Iyoda* “Cyclic Tetrathiophenes Planarized by Silicon and Sulfur Bridges Bearing Antiaromatic Cyclooctatetraene Core: Syntheses, Structures, and Properties”
J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 1066-1074.

日本学術振興会特別研究員(PD)(1995年),
イリノイ大学客員研究員(2001年)
受 賞有機合成化学協会研究企画賞(2003年度),有機合成化学奨励賞(2005年度)
主な学会活動日本化学会、有機合成化学協会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 化学概説I b
  • 化学概説I b
  • 有機化学II
  • 化学セミナー
  • 化学特論III(有機化学特論)
  • 化学特別講義Ⅱ(有機構造論)
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーIII
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーIII
オフィスアワー火 16:00-17:30 金 16:00-17:30
研究室8号館472号室
内線番号内線3541
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ