本文へ移動します

中村 一史

氏 名中村 一史ナカムラ ヒトシなかむら ひとし
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 都市基盤環境コース
都市環境科学研究科 都市基盤環境学域
 
専門・研究分野構造工学,橋梁工学,維持管理工学
最終学歴・学位修士(工学) 東京都立大学大学院 修士課程修了(1994)
博士(工学) 東京都立大学大学院 (2009)
研究テーマ吊形式橋梁の構造特性と経済性,CFCCを用いた長大斜張橋の構造特性,合理的な複合構造橋梁の開発,既設鋼構造物の補修・補強,歴史的鋼橋の評価と保全
研究キーワード超長大吊形式橋梁,繊維強化プラスチック(FRP)橋梁,鋼構造物の補修・補強,維持管理,歴史的鋼橋
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
(1) 土木学会 複合構造委員会 FRPと鋼の接合方法に関する調査研究小委員会(共著):FRP部材の接合および鋼とFRPの接着接合に関する先端技術,複合構造レポート09,2013.11
(2) 高橋秀夫,渡辺忠朋,中村一史,松本幸大,西崎到,日比英輝,FRP下路トラス橋梁の設計施工,第10回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム,CD-ROM 8pages,土木学会,2013.11
(3) 土木学会 鋼構造委員会 鋼橋の疲労対策に関する新技術調査研究小委員会(共著):鋼橋の疲労対策技術,鋼構造シリーズ22,2013.12
(4) Hitoshi Nakamura, Yuto Yamamura, Fan Lin and Ken-ichi Maeda: Experimental Study on Repair Method of Cracked Steel Members With Pre-Tensioned CFRP Strips, The Forth Asia-Pacific Conference on FRP in Structures, APFIS2013, 6 pages (CD-ROM), 2013.12
(5) Shunichi Nakamura and Hitoshi Nakamura: Serviceability Limit States of Lateral Vibration of Footbridges Induced by Pedestrians Estimated by Field Measurements, The 6th International Conference on Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure, Hong Kong, 2013.12
(6) 土木学会 複合構造委員会 FRP水門技術ガイドライン作成小委員会(共著):FRP水門設計・施工指針(案),複合構造シリーズ06,2014.1
受 賞強化プラスチック協会 協会賞(論文賞)「超低コスト化を図った新形式GFRP歩道橋の開発」(2010)
平成18年度日本鋼構造協会論文賞「溶接継手に発生した疲労き裂の積層CFRP板による補修効果」(2006)
主な学会活動土木学会,日本鋼構造協会,鋼橋技術研究会,IABSE(International Association for Bridge and Structural Engineering:国際構造工学会),IIFC(International Institute for FRP in Construction:国際FRP構造学会)
社会等との関わり2004-2006 鋼橋技術研究会 技術情報部会 新形式・新構造WG 委員兼幹事
1995-1998 東京都中央区教育委員会 中央区文化財調査・近代橋梁調査団 調査員
1994-現在 鋼橋技術研究会 鋼橋技術研究会 学術委員
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践I 52
  • 都市創造と再生技術
  • 都市基盤環境情報処理実習II
  • 社会基盤管理
  • 社会基盤計画デザイン実習
  • 都市基盤環境工学実験II
  • インフラネットワーク工学
  • 鋼構造設計製図
  • 都市基盤環境工学実験I
  • CAD応用演習
  • 数値解析・情報処理基礎
  • 構造振動・耐震設計学
  • 橋梁構造工学特論
  • 橋梁構造工学演習
  • 社会基盤構造数理学
  • 土木動力学
  • 社会基盤工学講究Ⅰ
  • 社会基盤工学講究Ⅱ
  • 社会基盤工学講究Ⅲ
  • 社会基盤工学講究Ⅳ
  • 社会基盤工学講究Ⅴ
  • 社会基盤工学講究Ⅰ
  • 社会基盤工学講究Ⅱ
  • 社会基盤工学講究Ⅲ
  • 社会基盤工学講究Ⅳ
  • 社会基盤工学講究Ⅴ
  • 都市創造と再生技術
オフィスアワー月 9:00-12:00
研究室9号館628号室
内線番号内線4564
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ