本文へ移動します

中尾 啓子

氏 名中尾 啓子ナカオ ケイコなかお けいこ
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 社会学コース 社会学教室
人文科学研究科 社会行動学専攻 社会学教室
 
専門・研究分野社会階層論、社会調査法、計量社会学、社会ネットワーク
最終学歴・学位カリフォルニア大学社会科学部・社会科学博士(Ph.D.)
研究テーマ社会階層構造に関する国際比較(欧米、東アジア諸国との比較)・ 職業の社会的地位(職業威信)に関する研究・ 社会的地位達成課程に関する研究・ 社会ネットワークに関する研究
研究キーワード社会階層、社会調査、職業威信、地位達成、社会ネットワーク
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Nakao, Keiko and Judith Treas. 1994. ”Updating Occupational Prestige and Socioeconomic Scores: How the New Measures Measure Up.” Sociological Methodology 24:1-72.
Nakao, Keiko. 1998. “Sociological Work in Japan.” Annual Review of Sociology 24:499-516.
Nakao,Keiko. 2000. ”Occupational Prestige.” In E. F. Borgatta and R.J.V. Montgomery eds., Encyclopedia of Sociology, Revised edition. New York: Macmillan, pp. 1996-2002.
中尾啓子. 2000.「社会的資源と地位達成:アメリカの総合社会調査による分析」佐藤博樹・石田浩・池田謙一編『社会調査の公開データ‐2次分析への招待‐』東京大学出版会. pp.143-157.
中尾啓子. 2000.「地位達成におけるパーソナルネットワークの機能」森岡清志編『都市社会のパーソナルネットワーク』東京大学出版会. pp. 87-106.
中尾啓子. 2002.「階層帰属意識と生活意識」『理論と方法』vol.17, No.2. pp. 135-149.
中尾啓子編. 2003.『現代日本における社会的地位の測定』科学研究費研究成果報告書.
中尾啓子. 2004.「ネットワークと職業的地位達成一関係的資源の保有と利用」松本康編『東京で暮らす-社会構造と都市生活』都市研叢書.pp. 93-111.
受 賞
主な学会活動会員:日本社会学会、アメリカ社会学会、国際社会学会(Social Stratification Research Committee); 日本社会学会社会学教育委員 1997-2001; 『社会学評論』編集専門委員、『International Journal of Japanese Sociology』編集委員
社会等との関わり日本版総合社会調査(JGSS)プロジェクトメンバー(1999年-現在)・ University of New Mexico, Adjunct Professor of Sociology(1996年-現在)
個人のURL
担当科目
  • 社会調査法
  • 社会学特殊講義
  • 社会調査法研究 I
  • 社会調査法特論 I
  • 社会調査法研究 II
  • 社会調査法特論 II
  • 学外演習
  • 学外演習
  • 修士論文指導(社会)
  • 博士論文指導(社会)
  • 修士論文指導(社会)
  • 博士論文指導(社会)
  • 学外演習
  • 学外演習
  • 修士論文指導(社会)
  • 博士論文指導(社会)
  • 修士論文指導(社会)
  • 博士論文指導(社会)
  • 社会調査法
オフィスアワー
研究室5号館344号室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ