本文へ移動します

直井 岳人

氏 名直井 岳人ナオイ タケトなおい たけと  
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース
都市環境科学研究科 観光科学域
 
専門・研究分野観光学
最終学歴・学位Doctor of Philosophy (The University of Surrey、イギリス)
博士(工学)(東京工業大学)
研究テーマ観光地環境評価、観光地イメージ、観光動機
研究キーワード観光学、環境心理学、観光者行動
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
主な発表論文:日本語

矢追錬・直井岳人(2016)工場景観の観光対象化とその背景に関する研究:日本語大工場や軽エリアに関する新聞記事の内容分析を中心に 観光科学研究, No.9, 109-118.
相尚寿・直井岳人・倉田陽平・田中昂助(2016)GPSログを用いた歩行者散策行動の自動判別:歩行速度の個人差を考慮した判別ルール修正 観光科学研究, No.9, 75-82.
直井岳人・十代田朗・飯島祥二(2015)歴史的町並みにおける訪問客のまなざしとロイヤルティの関係 観光科学研究, No.8, 43-50.
飯島祥二・直井岳人・十代田朗(2014)那覇市国際通りの色彩環境:比較色彩環境研究から観光学へのアプローチ 総合観光研究
飯島祥二・稲垣卓造・直井岳人(2014)街路景観色彩の経時変化に関する基礎的調査研究:1994年および2014年における島根県松江市と鳥取県倉吉市の事例を通して 学術講演梗概集2014(環境工学), 509-512(選抜梗概)
直井岳人・十代田朗・飯島祥二(2014)歴史的町並みにおける訪問客のまなざしの差異と町並みの印象との関係:岐阜県高山市の歴史的町並みをケースとして 観光研究, Vol. 26, No. 1, 47-60.
直井岳人・十代田朗・飯島祥二(2013)観光地としての歴史的町並みにおける地元の生活の様相:訪問客のまなざしの対象と、それに対する住民の評価 都市計画論文集, Vol.48, No.1, 82-87.

主な発表論文:英語

Naoi, T., Iijima, S., Soshiroda, A.(In press). The gaze and objectives of townscape visitors. In. A. woodside & A. Decrop (Eds.), Buying, Behaving, and being (Advances in culture, tourism and hospitality research). Emerald.
Ogawa, M., Naoi, T., Iijima, S.(2016). Effects of people in photographs on potential visitors’ evaluations. In. M. Kozak, & N. Kozak (Eds.), Tourist behavior: an international perspective (pp.168-176). Wallingford, UK: CABI.
Araya, A., Naoi, T., Iijima, S. (2016). The effects of Westerners’ presence on Japanese evaluations of a historic district: the case of Takayama City. Journal of Travel and Tourism Marketing, Vol.33, No.5, 628-644.
Naoi, T., Iijima, S., Soshiroda, A., Shimizu, T. (2015). Local students’ perception of spaces for tourists and locals in shopping district: photo-based research. In. A. Correia, J. Gnoth, M. Kozak & Fyall, A (Eds.), Advances in culture, tourism and hospitality research: Volume 10 (Advances in Marketing Places and Spaces (pp.). Bingley, UK: Emerald.
Endo, Y., Kurata, Y., Naoi, T. (2014).Exhibition Areas: Case Study Research of Japanese Firms. Advances in Culture, Tourism and Hospitality Research: Volume 9, 41-48.
Naoi, T., Yamada, T., Iijima, S., Kumazawa, T. (2013).Photo-based participatory research: exploring the objectives of visiting a historical district. The International Journal of Tourism Science, Vol.6, 77-84.
Naoi, T., Shoshiroda, S., & Iijima, S. (2012).Local lives in a historical district: the formation of the tourist gaze on their aspects. The International Journal of Tourism Science, Vol.5, 167-175.
Naoi, T., Yamada, T., Iijima, S., Kumazawa, T. (2011).Applying the caption evaluation method to studies of visitors’ evaluation of historical districts. Tourism Management, Vol. 32, No.5,p.1061-1074.
Naoi, T., Airey, D., Iijima, S. (2010).Evaluating Historical Districts: exploring the use of photographs and slide experiments. Tourism Analysis, Vol. 14, No.5, p. 587-603.
Naoi, T., Airey, D., Iijima, S., Niininen, O. (2007). Advancing and testing a theory of how visitors assess historical districts. Advances in culture, tourism and hospitality research: Volume 1, 289-319.
Naoi, T., Airey, D., Iijima, S., Niininen, O. (2007). Towards a theory of visitors’ evaluation of historical districts as tourism destinations: frameworks and methods. Journal of Business Research, Vol. 60, No.4, p.396-400.
Naoi, T., Airey, D., Iijima, S., Niininen, O. (2006). Evaluation of an historical district: repertory grid analysis and laddering analysis with photographs. Tourism Management, Vol. 27, No.3, p.420-436.
Iijima, S., Inagaki, T., & Naoi, T. (2005). The successive colour change on building stone in Edinburgh. Proceedings book of the 10th Congress of the International Colour Association (AIC), Granada, Spain, 1569-1572.
Naoi, T. (2004). Visitors’ evaluation of a historical district: the roles of authenticity and manipulation. Tourism and Hospitality Research, Vol.5, No.1, p.45-63.
Naoi, T., & Iijima, S. (2004). Effects of the presence of other people on visitors’ evaluation of a historical district. Refereed Paper of The 14th International Research Conference of the Council for Australian University Tourism and Hospitality Education (CAUTHE), Brisbane, Australia, p.519-531.
Naoi, T. (2003). Tourists’ evaluation of destinations: the cognitive perspective. Journal of Travel & Tourism Marketing, Vol.14, No.1, p.1-20.
受 賞2008年(平成20年)2月
 2008 International Research Conference of the Council for Australian University Tourism and Hospitality
2008年(平成20年)2月 Education (Queensland, Australia) Best Research Information Exchange 受賞
2015年(平成27年)5月 人間・環境学会 大会発表賞(第22回大会) 受賞
主な学会活動Travel and Tourism Research Association
日本観光研究学会
総合観光学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • Tourism theories and practice
  • ツーリズム産業論
  • 自然・文化ツーリズム入門
  • 観光情報学
  • 観光資源論
  • 観光分析論
  • 観光論Ⅱ
  • 観光分析論演習
  • 自然ツーリズム学プロジェクト演習
  • 観光まちづくりプロジェクト演習Ⅰ
  • 自然・文化ツーリズム学ゼミナールⅠ
  • 自然・文化ツーリズム学ゼミナールⅡ
  • インターンシップⅠ
  • Tourism Theory Ⅱ
  • サービスマネジメント
  • ホスピタリティ産業の経営戦略論
  • ホスピタリティ産業の財務管理論
  • 旅行産業論
  • インターンシップ
  • 海外宿泊旅行サービス研究
  • 都市環境科学特別講義第3
  • 自然ツーリズム学セミナーI
  • 自然ツーリズム学セミナーII
  • 観光情報・コンテクスト特論I
  • 観光情報・コンテクスト特論II
  • 自然ツーリズム学セミナーⅢ
  • 自然ツーリズム学セミナーⅣ
  • 自然・文化ツーリズム講究Ⅰ
  • 自然・文化ツーリズム講究Ⅱ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅰ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅱ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅲ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅳ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅴ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅵ
  • Tourism theories and practice
  • ツーリズム産業論
  • 自然・文化ツーリズム入門
オフィスアワー
研究室9号館425号室
内線番号内線4357
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ