本文へ移動します

三宅 昭良

氏 名三宅 昭良ミヤケ アキヨシみやけ あきよし
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 表象文化論教室
人文科学研究科 文化基礎論専攻 表象文化論教室
 
専門・研究分野アメリカ・モダニズム文学と表象論、
最終学歴・学位文学修士、東京都立大学
研究テーマアメリカ・モダニズム文学、移動文化論、カリブ海英語文学・文化、表象論、
研究キーワード表象、貨幣、ゲーム、即興、象徴と代表
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
「象徴と代表:ひとつの表象論」『人文学報』2007年3月
「貨幣の表象論序説」『人文学報』2006年3月
「エズラ・パウンドのアメリカ」『人文学報』2004年3月
「記憶と忘却のディアレクティーク--デレック・ウォルコットから学ぶこと」、『國文学』2002年、8月号(學燈社)
「叙事詩はカリブ海を観光するか--デレック・ウォルコットの『オメロス』をめぐって」、『モダニズムの越境』第1分冊『越境する想像力』所収、2002(人文書院)
「一線をこえた記憶--エズラ・パウンドにおける記憶としての<アメリカ>」、『モダニズムの越境』第2分冊『権力/記憶』所収、2002(人文書院)
など。
受 賞なし
主な学会活動日本アメリカ文学会会員
日本エズラ・パウンド協会会員
日本T・S・エリオット協会会員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 実践英語Ia(404)
  • 実践英語Ib(404)
  • 実践英語Ia(504)
  • 実践英語Ib(504)
  • 実践英語IIa(105)
  • 実践英語IIb(105)
  • 空間表象論
  • 空間表象論
  • 空間表象論
  • 表象言語の諸問題
  • 芸術表象論
  • 表象言語論基礎演習
  • 表象文化論基礎理論
  • 文化表象研究
  • 文化表象特論
  • 文化表象研究
  • 文化表象特論
  • 修士論文指導(表象)
  • 博士論文指導(表象)
  • 修士論文指導(表象)
  • 博士論文指導(表象)
オフィスアワー
研究室5号館453号室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ