本文へ移動します

益田 秀樹

氏 名益田 秀樹マスダ ヒデキますだ ひでき
職 位教授
所 属首都大学東京都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
 
専門・研究分野電気化学,材料化学
最終学歴・学位東京大学大学院工学系研究科工業化学専門課程博士課程1982年卒 工博(1982年)
研究テーマ電気化学プロセスにもとづく微細加工法に関する研究,陽極酸化ポーラスアルミナの機能化に関する研究
研究キーワード電気化学,材料化学,陽極酸化ポーラスアルミナ,微細加工
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
第5版実験化学講座[27 機能材料](日本化学会編,分担,丸善 2004),基礎化学コース・電気化学(分担,丸善 2001), ナノ粒子の製造・評価・応用・機器の最新技術(分担,シーエムシー出版 2002),フォトニック結晶技術とその応用(分担,シーエムシー出版 2002),ナノテクノロジー大辞典(分担,工業調査会 2003),図解ナノテクノロジーのすべて(分担,工業調査会 2001),第5版電気化学便覧(分担,丸善 2001)Direct observation of the initial-state distribution of the first electron transferred to slow highly charged ions interacting with a metal surface. Phys. Rev.,A 70, 12902 (2004). Preparation of Monodisperse SiO2 Nanoparticles by Membrane Emulsification Using Ideally Ordered Anodic Porous Alumina. Langmuir, 20, 554 (2004). Carbon nanotubes with a triangular cross-section, fabricated using anodic porous alumina as the template, Adv. Mater., 16,429 (2004). Fabrication of highly ordered anodic porous alumina using self-organized polystyrene particle array. Chem. Lett., 33, 584 (2004). Ideally ordered, high-density patterning of DNA on Au disk array fabricated using anodic porous alumina. Jpn. J. App. Phys., 43, L640 (2004). Arrangement of Ferritin Molecules on a Gold Disk Array Fabricated on Highly Ordered Anodic Porous Alumina Substrate, Chem. Let., 33, 812 (2004). Fabrication of functional devices based on highly ordered anodic porous alumina. Electrochemistry, 72, 389 (2004). Dependence of Optical Properties of Ordered Metal Hole Array on Refractive Index of Surrounding Medium Electrochem. Solid-State Lett., 7, H27 (2004).
受 賞電気化学会 佐野・進歩賞 (1989年)
主な学会活動電気化学会(編集担当理事,会計担当理事,評議員),日本化学会(関東支部幹事),応用物理学会(代議員),表面技術協会(理事,会誌編集主査,学術委員),日本表面科学会 (企画委員)
社会等との関わり軽金属製品協会JIS企画原案(陽極酸化皮膜の絶縁性試験)作成委員会委員(1995-1996)
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 材料物理化学第2
  • 電子材料化学
  • 材料物理化学
  • 先端機能物質化学特論I
  • 先端機能物質化学講究Ⅰ
  • 先端機能物質化学講究Ⅱ
  • Advanced Energy Chemistry
オフィスアワー水 16:30-18:00
研究室9号館146号室
内線番号内線4935
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ