本文へ移動します

木見田 康治

氏 名木見田 康治キミタ コウジきみた こうじ
職 位助教
所 属首都大学東京システムデザイン学部 知能機械システムコース
システムデザイン研究科 知能機械システム学域
 
専門・研究分野設計工学、サービス工学、Product-Service System
最終学歴・学位首都大学東京大学院システムデザイン研究科・博士(工学)
研究テーマ製品とサービスを統合的に提供するシステムの設計
工学的設計手法を用いたサービスの生産性向上
研究キーワードサービスの工学的設計 (サービスCAD)、受給者視点に基づく品質評価、製造業のサービスプロバイダ化
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
●査読付論文
[1] Y. Shimomura, Y. Nemoto, F. Akasaka and K. Kimita: A Method for Negotiating Various Customer Requirements for Public Service Design. Axioms, Special issue on Axioms of Decision Support System, Vol. 3(1), pp. 1-9, 2013.
[2] J. Saito, Y. Kurita, Y. Shimomura and K. Kimita: A Method for Structuring Service Failure Factors to Realize Highly Reliable Services, Journal of Mechanics Engineering and Automation, Vol.3, No.X, in-printing, 2013.
[3] 細野繁, 赤坂文弥, 木見田康治, 下村芳樹: クラウド環境におけるWebサービスの設計とライフサイクル管理. 日本機械学会論文集C編, Vol. 79, No. XXX, in-printing, 2013.
[4] K. Fujita, F. Akasaka, K. Kimita, Y. Nemoto, Y. Kurita and Y. Shimomura: Supporting Idea Generation in Business Design in Manufacturing Industries, International Journal of CAD/CAM, Vol.13, No.2, pp. 63-71, 2013.
[5] Y. Shimomura, K. Kimita, T. Tateyama, F. Akasaka and Y. Nemoto: A method for human resource evaluation to realize high-quality PSSs. CIRP Annals -Manufacturing Technology, Vol. 62/1, pp. 471-474, 2013.
[6] K. Kimita, T. Tateyama and Y. Shimomura: Process Simulation Method for Product-Service Systems Design. Procedia CIRP, Vol. 3, pp. 489-494, 2012.
[7] 木見田康治, 赤坂文弥, 太田卓見, 細野繁, 下村芳樹: サービスモジュール化設計のための依存性分析. 精密工学会誌, Vol.78, No.5, pp. 395-400, 2012.
[8] F. Akasaka, Y. Nemoto, K. Kimita and Y. Shimomura: Development of a Knowledge-Based Design Support System for Product-Service Systems. Computers in Industry, Special issue on: Product Service System Engineering - From Theory to Industrial Applications, Elsevier, Vol. 63, Issue 4, pp. 309-318, 2012.
[9] Y. Kurita, T. Ota, K. Kimita and Y. Shimomura: A Method for Analyzing Service Failure Causes. Journal on Innovation and Sustainability, Risus, Vol. 3, No. 2, pp. 71-80, 2012.
[10] 赤坂文弥, 根本裕太郎, 木見田康治, 下村芳樹: 機能の入出力表現に基づくサービスの設計知識管理手法. 精密工学会誌, Vol.77, No.11, pp. 1050-1056, 2011.
[11] 赤坂文弥, 木見田康治, 下村芳樹: 企業間サービス設計のための顧客要求価値の表現・分析ツールの開発. 日本機械学会論文集C編, Vol. 76, No. 771, pp. 2782-2790, 2010.
[12] K. Watanabe, K. Kimita and Y. Shimomura: Requirement Negotiation Process for the Design of Cooperative Services. In CIRP Journal of Manufacturing Science & Technology, Special issue on: sustainable manufacturing, CIRP, Vol.2, No.2, pp. 192-197, 2010.
[13] 舘山武史, 木見田康治, 下村芳樹, 川田誠一: 価値関数モデルを用いたサービスの設計・評価のための顧客意思決定シミュレーション手法. 日本機械学会論文集C編, Vol. 75, No. 756, pp. 2120-2127, 2009.
[14] K. Kimita, F. Akasaka, A. Ohrwall Ronnback, T. Sakao and Y. Shimomura: Requirement Analysis for User-Oriented Service Design, Asian International Journal of Science and Technology - Production and Manufacturing Engineering, Vol.2, No.3, pp. 11-23, 2009.
[15] K. Kimita, Y. Shimomura, T. Hara, T. Sakao and T. Arai: An Integrated Analysis of Customer Value and Environmental Burden for Environmentally Conscious Design. International Journal of Design Engineering, Special issue on: From Green Design to Eco-innovation and Sustainable Product Design, Vol.2, No.3, pp. 262-277, 2009.
[16] K. Kimita, Y. Shimomura and T. Arai: Evaluation of Customer Satisfaction for PSS Design. Journal of Manufacturing Technology Management, Special issue on Transferring Best Practices between the Manufacturing and Service Sectors, Vol.20, Special issue5, pp. 654-673, 2009.
[17] K. Kimita, Y. Yoshimitu, Y. Shimomura and T. Arai: A Customer Value Model for Sustainable Service Design. In CIRP Journal of Manufacturing Science & Technology, CIRP, Vol.1, No.4, pp. 254-261, 2009.

●解説論文
[18] 下村芳樹, 木見田康治, 赤坂文弥: 製造業のサービス化を支援する実践手法の開発, 精密工学会誌, 精密工学会, Vol. 78, No. 3, pp. 185-191, 2012.
受 賞平成24年 9月 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会ベストプレゼンテーション賞
平成23年 10月 奨励業績表彰(一般社団法人 日本機械学会 設計工学・システム部門)
平成22年 5月 Outstanding Paper Award Winner(the Emerald Literati Network, Awards for Excellence 2010)
平成27年 6月  Best Practitioner Award, The 3rd International Conference on Serviceology (ICServ 2015)
平成27年 9月  Best Paper Award, International Design and Concurrent Engineering Conference 2015 (iDECON 2015)
主な学会活動●学会活動
[1] 精密工学会 アフィリエイト (2009年度〜)
[2] 日本機械学会 設計工学・システム部門 拡大運営委員会構成員 広報委員会委員 (2011年度〜2012年度)
[3] 日本機械学会 日本機械学会誌 トピックス委員 (2012年度〜)
[4] 日本機械学会 設計工学・システム部門 拡大運営委員会構成員 産学連携活性化委員会委員 (2013年度〜)
[5] 日本機械学会 日本機械学会誌 メカライフ編修委員会 (2013年度〜)
[6] サービス学会 出版委員 (2012年度〜)

●国際会議および学術講演会での活動
[7] Asian Conference on Design and Digital Engineering 2011, session organizer (2011)
[8] 精密工学会 2012年春季大会学術講演会 実行委員 (2012)
[9] Design Engineering Workshop 2012-13, Program Committee (2012〜)
[10] The 4th CIRP Conference on Industrial Product Service Systems 2012 ,Organizing Committee, Proceedings Editor (2012)
[11] The 15th International Conference on Human-Computer Interaction 2013, session organizer (2013)
[12] The 1st International Conference on Serviceology 2013, Organizing Committee, Publication Chair (2013)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 応用設計工学
  • 設計製図(IMS)
オフィスアワー
研究室2号館701号室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ