本文へ移動します

小町 守

氏 名小町 守コマチ マモルこまち まもる
職 位准教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 情報通信システムコース
システムデザイン研究科 情報通信システム学域
 
専門・研究分野自然言語処理
最終学歴・学位奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程修了・博士 (工学)
研究テーマ大規模テキストを用いた統計的手法によって、人間のことばを解析し、多言語コミュニケーション支援につなげる研究をしています。特に日本語と英語をターゲットに、言語学習者の作文の誤り訂正、統計的機械翻訳、意味・文脈解析、そしてウェブからの大規模な情報抽出に関する研究を行なっています。
研究キーワード自然言語処理、ウェブマイニング、機械学習
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
・論文誌

大山浩美, 小町守, 松本裕治. 日本語学習者の作文における誤用タイプの階層的アノテーションに基づく機械学習による自動分類. 自然言語処理, Vol.23, No.2. March 2016.
叶内晨, 北川善彬, 荒牧英治, 岡崎直観, 小町守. Web情報からの罹患検出を対象とした事実性解析・主体解析の誤り分析. 自然言語処理, Vol.22, No.5, pp.363-395. December 2015.
林部祐太, 小町守, 松本裕治. 述語と項の位置関係ごとの候補比較による日本語述語項構造解析. 自然言語処理, Vol.21, No.1, pp.3-25, March 2014.
水本智也, 小町守, 永田昌明, 松本裕治. 日本語学習者の作文自動誤り訂正のための語学学習SNSの添削ログからの知識獲得. 人工知能学会論文誌, Vol.28, No.4, pp.420-432, July 2013.
小嵜耕平, 新保仁, 小町守, 松本裕治. 相互 k-近傍グラフを用いた半教師あり分類. 人工知能学会論文誌, Vol.28, No.4,pp.400-408, June 2013.
岡照晃, 小木曽智信, 小町守, 松本裕治. 統計的機械学習を用いた歴史的資料への濁点付与の自動化. 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.4, pp.1641-1654, April 2013.
内海慶, 小町守. ウェブ検索クエリログとクリックスルーログを用いた同義語獲得. 情報処理学会論文誌: データベース (TOD56), Vol.6, No.1, pp.16-28, January 2013.
飯田龍, 小町守, 井之上直也, 乾健太郎, 松本裕治. 述語項構造と照応関係のアノテーション: NAIST テキストコーパス構築の経験から. 自然言語処理, Vol.17, No.2, pp.25-50, April 2010.
小町守, 飯田龍, 乾健太郎, 松本裕治. 名詞句の語彙統語パターンを用いた事態性名詞の項構造解析. 自然言語処理, Vol.17, No.1, pp.141-159, January 2010.
小町守, 工藤拓, 新保仁, 松本裕治. Espresso 型ブートストラッピング法における意味ドリフトのグラフ理論に基づく分析. 人工知能学会論文誌, Vol.25, No.2, pp.233-242, January 2010.
小町守, 牧本慎平, 内海慶, 颯々野学. ラプラシアンラベル伝播による検索クリックスルーログからの意味カテゴリ獲得. 人工知能学会論文誌, Vol.25, No.1, pp.196-205, January 2010.
小町守, 鈴木久美. 検索ログからの半教師あり意味知識獲得の改善. 人工知能学会論文誌, Vol.23, No.3, pp.217-225, March 2008.

・国際会議

Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. Building a Monolingual Parallel Corpus for Text Simplification Using Sentence Similarity Based on Alignment between Word Embeddings. In Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016). (poster)
Tomonori Kodaira, Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. Controlled and Balanced Dataset for Japanese Lexical Simplification. In Proceedings of the ACL 2016 Student Research Workshop, pp.1-7. Berlin, Germany, August 2016. (poster)
Ryuichi Tachibana and Mamoru Komachi. Extraction of English Spelling Errors using a Word Typing Game. In Proceedings of The 10th Edition of the Language Resources and Evaluation Conference (LREC). Portoro?, Slovenia, May 2016. (poster)
Peinan Zhang and Mamoru Komachi. Japanese Sentiment Classification with Stacked Denoising Auto-Encoder using Distributed Word Representation. In Proceedings of The 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 29), pp.150-159. Shanghai, China, October 2015. (oral)
Yoshiaki Kitagawa, Mamoru Komachi, Eiji ARAMAKI and Naoaki Okazaki. Disease Event Detection based on Deep Modality Analysis. In Proceedings of the 53rd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Student Research Workshop. Beijing, China, July 2015. (poster)
Shin Kanouchi, Mamoru Komachi, Naoaki Okazaki, Eiji ARAMAKI and Hiroshi Ishikawa. Who caught a cold? - Identifying the subject of a symptom. In Proceedings of the 53rd Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Long Papers. Beijing, China, July 2015. (oral)
Budi Irmawati, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. Towards Construction of an Error-Corrected Corpus of Indonesian Second Language Learners. In Proceedings of the 6th International Conference on Corpus Linguistics, Gran Canaria, Spain, May 2014. (oral)
Hiromi Oyama, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. Towards Automatic Error Type Classification of Japanese Language Learners' Writings. In Proceedings of the 27th Pacific Asia Conference on Language, Information, and Computation (PACLIC 27), pp.163-172, Taipei, Taiwan, November 2013. (oral)
Keisuke Sakaguchi, Yuki Arase and Mamoru Komachi. Discriminative Approach to Fill-in-the-Blank Quiz Generation for Language Learners. In Proceeding of the 51st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Short Papers. Sophia, Bulgaria, August 2013. (poster)
Yu Sawai, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. A Learner Corpus-based Approach to Verb Suggestion for ESL. In Proceeding of the 51st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Short Papers. Sophia, Bulgaria, August 2013. (oral)
Keisuke Sakaguchi, Tomoya Mizumoto, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. Joint English Spelling Error Correction and POS Tagging for Language Learners Writing. In Proceedings of the 24th International Conference on Computational Linguistics (COLING-2012): Long Papers (oral), pp.2357-2374. Mumbai, India, December 2012.
Tomoya Mizumoto, Yuta Hayashibe, Mamoru Komachi, Masaaki Nagata (NTT) and Yuji Matsumoto. The Effect of Learner Corpus Size in Grammatical Error Correction of ESL Writings. In Proceedings of the 24th International Conference on Computational Linguistics (COLING-2012): Short Papers (poster), pp.863-872. Mumbai, India, December 2012.
Toshikazu Tajiri, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. Tense and Aspect Error Correction for ESL Learners Using Global Context. In Proceedings of the 50th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Short Papers (oral), pp.198-202. Jeju Island, Korea, July 2012.
Yuta Hayashibe, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. Using Discourse Context to Japanese Predicate Argument Structure Analysis. In Proceedings of the 5th International Joint Conference on Natural Language Processing (oral). Chiang Mai, Thailand, November 2011.
Tetsuo Kiso, Masashi Shimbo, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. HITS-based Seed Selection and Stop List Construction for Bootstrapping. In Proceedings of the 49th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies, short paper, pp.30-36. Portland, USA, June 2011.
受 賞言語処理学会20周年記念論文賞 (2014)
人工知能学会論文賞 (2011)
情報処理学会山下記念研究賞 (2011)
言語処理学会年次大会最優秀発表賞 (2009)
言語処理学会年次大会優秀発表賞 (2008)
主な学会活動情報処理学会、人工知能学会、言語処理学会、電子情報通信学会、Association for Computational Linguistics 各会員
言語処理学会代議員 (2016-2018)
Area Chair (ACL 2014)
Program Committee (ACL 2015, 2016; EMNLP 2012, 2014-2016; NAACL-HLT 2009, 2016; COLING 2014, 2016; CoNLL 2011-2013; EACL 2012; IJCNLP 2011, 2013, 2015; BEA 2013-2016; NLP-TEA 2014-2016; WTIM 2011; AAAI 2011; IJCAI 2015)
Reviewer (TACL 2014-2016; TALIP 2012; NIPS 2012-2015)
人工知能学会編集委員 (2012-2016)
言語処理学会編集委員 (2013-2015)
電子情報通信学会論文誌D常任査読委員 (2014-2015)
言語処理学会年次大会プログラム委員 (2013-2014)
情報処理学会自然言語処理研究会幹事 (2014-2018)
NLP 若手の会シンポジウム委員長 (2012-2014)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 情報理論
  • 自然言語処理
  • 情報工学演習
  • パターン認識と機械学習
  • 情報通信特別講義
  • オートマトンと言語理論
  • 情報通信システム演習Ⅰ
  • 情報通信システム演習Ⅱ
  • 情報通信システム演習Ⅲ
  • 情報通信システム演習Ⅳ
  • 情報通信システム演習Ⅰ(後)
  • 情報通信システム演習Ⅱ(前)
  • 情報通信システム演習Ⅲ(後)
  • 情報通信システム演習Ⅳ(前)
  • 研究プロジェクト演習(B)
  • インターンシップ(平成23年度以前入学生用)
  • 自然言語処理特論
  • 情報通信システム特別研究Ⅰ
  • 情報通信システム特別研究Ⅱ
  • 情報通信システム特別研究Ⅲ
  • 情報通信システム特別研究Ⅳ
  • 情報通信システム特別研究Ⅴ
  • 情報通信システム特別研究Ⅵ
  • 情報通信システム特別研究Ⅰ(後)
  • 情報通信システム特別研究Ⅱ(前)
  • 情報通信システム特別研究Ⅲ(後)
  • 情報通信システム特別研究Ⅳ(前)
  • 情報通信システム特別研究Ⅴ(後)
  • 情報通信システム特別研究Ⅵ(前)
  • インターンシップ(平成24年度以降入学生用)
オフィスアワーメールでお問い合わせください。
研究室1号館204室(教員室)、2号館604室(学生室)
内線番号内線8460(教員室)、8743(学生室)
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ