本文へ移動します

草野 保

氏 名草野 保クサノ タモツくさの たもつ
職 位助教
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 生命科学コース
理工学研究科 生命科学専攻
 
専門・研究分野動物生態学
最終学歴・学位東京都立大学理学研究科生物学専攻博士課程 理学博士
研究テーマ両生類の生活史・繁殖生態と個体群動態
研究キーワード個体群生態学 両生類 繁殖生態 生活史
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
・Kusano, T., A. Sakai, and S. Hatanaka. 2005. Natural egg mortality and clutch size of the Japanese treefrog, Rhacophorus arboreus} (Amphibia, Rhacophoridae). Current Herpetology 24(2): 79-84.

・Kusano, T., A. Sakai, and S. Hatanaka. 2006. Ecological functions of the foam nests of the Japanese Treefrog, Rhacophorus arboreus (Amphibia, Rhacophoridae). Herpetological Journal 16: 163-169.

・林 義雄・草野 保. 2006. ミトコンドリア遺伝子 D-loop HV2 領域に基づくトウキョウサンショウウオの地域間変異. 爬虫両棲類学会報 2006(1):8--15.

・草野 保・井上雅文. 2006. 気候温暖化と両生類の繁殖のタイミング:東京都多摩地区の両生類個体群の一例. 爬虫両棲類学会報 2006(1):1-7.

・Kusano, T., T. Ueda, and H. Nakagawa. 2006. Body size and age structure of breeding populations of the Japanese salamander,Hynobius tokyoensis (Caudata: Hynobiidae). Current Herpetology 25(2): 71-78.

・中川 光・草野 保. 2007. 東京都八王子市南大沢におけるアカハライモリ(Cynops pyrrhogaster)の食性. 爬虫両棲類学会報 2007(1): 1-5.

・Kusano, T. and M. Inoue. 2008. Long-term trends towards earlier breeding of Japanese amphibians. J. Herpetol. 42(4):608-614.

・草野 保. 2008. サンショウウオ類のマーキング法について. 爬虫両棲類学会報 2008(2):105-116.

・草野 保. 2009. トウキョウサンショウウオの生態に及ぼす気候温暖化の影響. 遺伝 63(3): 8-13.

・Kusano, T., K. Maruyama, and S. Kaneko. 2010. Body Size and age structure of a breeding population of the Japanese common toad, Bufo japonicus formosus (Amphibia: Bufonidae). Current Herpetology 29(1):23-31.
受 賞
主な学会活動
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 生態学実験(動物生態)
  • 生物学基礎演習1
  • 生態学野外実習
  • 生命科学セミナー1(動物生態1)
  • 生命科学セミナー1(動物生態1)
  • 生命科学セミナー2(動物生態1)
  • 生命科学セミナー2(動物生態1)
  • 生命科学セミナー1(動物生態2)
  • 生命科学セミナー1(動物生態2)
  • 生命科学セミナー2(動物生態2)
  • 生命科学セミナー2(動物生態2)
  • 生命科学実験1(動物生態)
  • 生命科学実験1(動物生態)
  • 生命科学実験2(動物生態)
  • 生命科学実験2(動物生態)
オフィスアワー
研究室8号館534号室
内線番号内線3761
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ