本文へ移動します

木村 千里

氏 名木村 千里キムラ チサトきむら ちさと
職 位准教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 看護学科
人間健康科学研究科 看護科学域
H30再編後の所属
健康福祉学部 看護学科
人間健康科学研究科 看護科学域
 
専門・研究分野母性看護学・助産学
最終学歴・学位東京医科歯科大学博士後期課程 総合保健看護学専攻(リプロダクティブヘルス看護学)

博士(看護学) 東京医科歯科大学
研究テーマ育成期の母子と家族の支援
育成期の母子支援活動とサービスラーニング
児童と家族に対する生と性の教育
研究キーワードウィメンズヘルス、育成期、家族、支援、
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
論文
1)Kimura C, Masuya J.: Significance of nursing students' experiences as health volunteers in communities: A qualitative study.International journal of nursing and clinical practice,201704.
2)Yamazaki A, Tsumura A, Mine H, Kimura C, et al.: Feasibility and short-term impact of the “Case Study in-house Group Training Program for Family Nursing” at medical facilities, International Journal of Nursing Practice, 201610.
3)木村千里,池田真弓,園部真美:ケーススタディ:大学生、地域住民、自治体の協働による育児支援ボランティア活動-組織発達と活動メンバーの学びの検討-,保健医療福祉連携,9(1),201603.
4)Kimura C, Ohmori T.: Health of women with inflammatory bowel disease: Coping with challenges from pregnancy to child rearing. International Journal of Nursing and Midwifery, 7(3),201503.
5)池田真弓,木村千里(2014):大学生・成人女性に対する子宮頸がん予防教育プログラムの実践と評価,日本保健科学学会誌,17(2),pp.86-94,201409.
6)Kimura C, Matsuoka M.:Changes in breast skin temperature during the course of breastfeeding.
Journal of Human Lactation, 23(1),200702.

著書
1)松岡 恵,大久保功子,塩野悦子,木村千里.(2007):やさしく学ぶ看護学 母性看護学 改訂3版(pp.184-235).
2)吉沢豊予子,山崎あけみ,工藤美子,森 恵美,三隅順子,木村千里 他.(2008):女性看護学 Womens’Health,
  メジカルフレンド社(第Ⅲ章 pp.95-120).
3)小島照子,濱松加寸子,坂上明子,玉里八重子,木村千里 他.(2008):看護系標準教科書 母性看護学,
  オーム社(第10章4節 pp.212-229).
4)小島照子,濱松加寸子,坂上明子,玉里八重子,木村千里 他.(2008):看護系標準教科書 母性看護学,
  オーム社(第12章2節 pp.260-262).

学会発表
1)Kimura C, Sonobe M, Ikeda M:Breastfeeding Care Competency- Tracking and Analysis of Skill and Experience Acquisition Early in the Careers of Midwives -,MMIRA Asia Regional 2017 / JSMMR2017,201708.
2)Kimura C, Sonobe M, Hirose T:Feasibility study of a support program for mothers and children using Postnatal Promotional Guide (PPG) based home visits: Analysis of qualitative data on program evaluations by mothers and midwives,The 13th International Family Nursing Conference,201706.
3)Kimura C, Sonobe M, Ikeda M, Azuma T, Watanabe M, Hamasaka M, Hirata N:A qualitative study of primary school students' learning through sexuality and relationship education (SRE) program based on collaboration by midwives and school teachers in Japan,The 20th East Asian Forum of Nursing Scholars,201703.
受 賞
主な学会活動日本看護科学学会,日本助産学会,日本母乳哺育学会,日本母性衛生学会,日本保健科学学会,日本家族看護学会,日本公衆衛生看護学会,日本保健医療福祉連携教育学会
社会等との関わり1)日本助産師会東京都支部荒川地区分会:周産期の家族ケア
2)学童期・思春期の健康教育(足立区公立小学校)
3)広がれ、こども食堂の輪!推進委員会
4)荒川区 子どもの居場所・子ども食堂推進委員会
5)ファミリーパートナーシップモデルによる周産期の家族の支援 専門職研修支援
6)荒川区子育て支援ボランティア 新規ボランティア研修
7)International Journal of Nursing and Clinical Practice 編集委員
8)乳幼児保健学会 第11回学術集会 企画委員
個人のURL
担当科目
  • 看護研究
  • 成長発達看護学演習(母性)
  • 成長発達看護学(母性)
  • 看護病態生理学(周産期学)
  • 臨地看護学実践実習(母性)
  • 看護科学特別研究Ia
  • 看護科学特別研究Ia
  • 看護科学特別研究Ib
  • 看護科学特別研究Ib
  • リプロダクティブヘルス看護学特論
  • リプロダクティブヘルス看護学特論
  • リプロダクティブヘルス看護学特論演習
オフィスアワー火14:00-17:00
研究室校舎棟536号室
内線番号内線480
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ