本文へ移動します

木村 光江

氏 名木村 光江キムラ ミツエきむら みつえ
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 法学系 法律学コース
社会科学研究科 法曹養成専攻
 
専門・研究分野刑法
最終学歴・学位東京都立大学社会科学研究科修士課程修了・博士(法学)
研究テーマ財産犯論を中心とした刑事法全般、経済犯罪などに関する特別刑法。
研究キーワード刑法,経済刑法
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【単著】『財産犯論の研究』日本評論社(1988.12) 『主観的犯罪要素の研究』東大出版会(1992.8) 『詐欺罪の研究』東京都立大学出版会(2000.3) 『刑事法入門(第2版)』東大出版会(2001.3) 『刑法(第3版)』東大出版会(2010.3) 『演習刑法(第2版)』東大出版会(2016.2)

【共著】『刑法基本講座(第6巻)』法学書院(1993.5) 『新・判例コンメンタール刑法(第6巻)』三省堂(1998.4) 『新判例マニュアル刑法総論』三省堂(1998.10) 『新判例マニュアル刑法各論』三省堂(1998.10) 『条解刑法(第3版)』弘文堂(2013.10) 『ケースブック刑法(第5版)』(2015.3)

【論文】「イギリス2006年詐欺罪法と詐欺罪処罰の変化」研修769号(2012.7) 「被害者保護と性犯罪」大沢他編『社会の安全と法』(2013.6) 「利殖詐欺と金融商品取引法」法学会雑誌54巻1号(2013.7) 「性犯罪の法的規制と性的自由に対する罪」『町野朔先生古希記念(上)』(2014.3) 「中国式治療と無資格診療」『医事判例百選(第2版)』(2014.3) 「イギリス2006年詐欺罪法と詐欺処罰の限界」『川端博先生古希記念(下)』(2014.10) 「『財産上の利益』の意義について」法曹時報67巻2号(2015.2) 「イギリスにおける共犯処罰と2007年重大犯罪法」法学新法121巻11・12号(2015.3) 「強盗罪・強姦罪のをめぐり諸問題-反抗抑圧についてー」安廣編『裁判員時代の刑事裁判』(2015.5) 「現代社会と財産犯の保護法益」法学会雑誌56巻1号(2015.7) 「利殖勧誘事犯と改正金融商品取引法」捜査研究785号(2016.6) 「淳強姦罪,準強制わいせつ罪―地位・関係性の利用」研修818号(2016.8)
受 賞
主な学会活動日本刑法学会会員
社会等との関わり最高裁判所・司法修習委員会委員 最高裁判所・簡易裁判所判事選考委員会委員 内閣府・男女共同参画会議(女性に対する暴力に関する専門調査会委員) 警察庁・一定の病気に係る運転免許制度の在り方に関する有識者会議 法務省・法制審議会刑事法部会委員(自動車運転に係る死傷事犯関係,裁判員制度関係,性犯罪関係) 文部科学省・中央教育審議会大学分科会法科大学院特別委員会委員 大学改革支援学位授与機構・法科大学院認証評価委員会委員 防衛省・防衛人事審議会委員 厚生労働省・医療関係職種行政処分審査会委員 東京都・情報公開審査会委員 東京都・個人情報保護審査会委員
個人のURL
担当科目
  • 刑法2
  • 刑法3
  • 刑法総合1A
  • 刑法総合1B
  • 刑法総合2A
  • 刑法総合2B
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ