本文へ移動します

北薗 幸一

氏 名北薗 幸一キタゾノ コウイチきたぞの こういち  
職 位教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 航空宇宙システム工学コース
システムデザイン研究科 航空宇宙システム工学域
 
専門・研究分野材料工学、金属工学、航空宇宙工学
最終学歴・学位東京大学大学院工学系研究科材料学専攻博士課程 博士(工学)(1999年)
研究テーマ航空宇宙用軽量金属材料の作製プロセス、性能向上に関する研究を行っている。特に、マトリックス中に多数の気孔を有するポーラス金属は、衝撃吸収、断熱特性に優れているため注目している。
研究キーワードポーラス金属、クリープ、超塑性
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
K. Kitazono, S. Komatsu and Y. Kataoka: Mechanical Properties of Titanium Particles Dispersed Magnesium Matrix Composite Produced through Accumulative Diffusion Bonding Process, Mater. Trans. 52, (2011), 155-158.

K. Kitazono, R. Suzuki and Y. Inui: Novel strengthening method of closed-cell aluminum foams through surface treatment by resin, J. Mater. Proc. Tech. 209, (2009), 3550-3554.

K. Kitazono, Y. Kikuchi, E. Sato and K. Kuribayashi: Anisotropic compressive behavior of Al–Mg alloy foams manufactured through accumulative roll-bonding process, Mater. Letters 61, (2007), 1771-1774.
受 賞2001年日本金属学会奨励賞
主な学会活動日本金属学会、軽金属学会、日本塑性加工学会、日本航空宇宙学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 材料強度学
  • 航空宇宙工学実験2
  • 材料組織学
  • 航空宇宙工学概論
  • 航空宇宙材料学
  • 高温材料工学特論
  • 航空宇宙材料・構造工学特別講義
オフィスアワー
研究室1号館233号室
内線番号内線8679
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ