本文へ移動します

川崎 健

氏 名川崎 健カワサキ タケシかわさき たけし
職 位助教
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 数理科学コース
理工学研究科 数理情報科学専攻
 
専門・研究分野可換代数
最終学歴・学位東京都立大学大学院博士課程修了(理学博士)
研究テーマ優秀環とその周辺
研究キーワードCohen-Macaulay環、優秀環、永田環、局所コホモロジー、双対化複体
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1. T. Kawasaki, On the index of reducibility of parameter ideals and Cohen-Macaulayness in a local ring, J. Math. Kyoto Univ. 34 (1994), 219-226.

2. T. Kawasaki, Local rings of relatively small type are Cohen-Macaulay, Proc. Amer. Math. Soc. 122 (1994), 703-709.

3. T. Kawasaki, Surjective-Buchsbaum modules over Cohen-Macaulay local rings, Math. Zeit. 218 (1995), 191-205.

4. T. Kawasaki, Local cohomology modules of indecomposable surjective-Buchsbaum modules over Gorenstein local rings, J. Math. Soc. Japan. 48 (1996), 551-566.

5. T. Kawasaki, On Macaulayfication of certain quasi-projective schemes, J. Math. Soc. Japan. 50 (1998), 969-991.

6. T. Kawasaki, On arithmetic Macaulayfication of certain local rings, Comm. Algebra. 26 (1998), 4385-4396.

7. T. Kawasaki, On Macaulayfication of Noetherian schemes, Trans. Amer. Math. Soc. 352 (2000), 2517-2552.

8. T. Kawasaki, On arithmetic Macaulayfication of Noetherian rings, Trans. Amer. Math. Soc. 354 (2002), 123-149.

9. T. Kawasaki, Finiteness of Cousin Cohomologies, Trans. Amer. Math. Soc. 360 (2008), 2709-2739.

10. T. Kawasaki, On Faltings' annihilator theorem, Proc. Amer. Math. Soc. 136 (2008), 1205-1211.
受 賞
主な学会活動日本数学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 線形代数II c
  • 線形代数I g
  • 線形代数II c
  • 線形代数I g
  • 代数学序論演習
  • 線形代数III演習
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ