本文へ移動します

金崎 雅博

氏 名金崎 雅博カナザキ マサヒロかなざき まさひろ  
職 位准教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 航空宇宙システム工学コース
システムデザイン研究科 航空宇宙システム工学域
 
専門・研究分野空気力学,最適設計
最終学歴・学位博士(情報科学)
研究テーマ最適設計
将来型航空機・宇宙機
ハイブリッドロケット
研究キーワード航空機・宇宙機設計,最適設計,遺伝的アルゴリズム,
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
査読付論文
1) 金崎雅博,大林茂,中橋和博 「自動車エンジン排気系形状の多目的最適化」,日本機械学会論文集(B編)67巻663号,pp 2746-2753,2001.
2) Kanazaki, M., Obayashi, S., and Nakahashi, K., "Numerical Simulation of Supersonic Flow around Wing-Body Configuration with Integrated Engine Nacelle", AIAA Journal, Vol. 41, No. 2, pp. 213-217, 2002.
3) Kanazaki, M., Obayashi, S., and Nakahashi, K., "Design Optimization of Exhaust Manifold for a Car Engine using MOGA," Evolutionary Methods for Design, Optimization and Control, pp. 423-430, CIMNE, March, 2002.
4) 金崎雅博,藤原仁志,大林茂,中橋和博,「NAL小型超音速実験機におけるナセル内流量変化の影響」,日本航空宇宙学会論文集,第51巻,588号,pp. 31-35,2003年1月.
5) Kanazaki, M., Obayashi, S., and, Nakahashi, K., "Exhaust Manifold Design with Tapered Pipes Using Divided Range MOGA", Engineering Optimization, Vol. 36, No. 2, pp. 149-164, Taylor and Francis, April, 2004.
6) 金崎雅博,藤原仁志,大林茂,中橋和博,「構造-非構造接続法によるNALジェット実験機機体統合超音速インテーク性能解析」,日本航空宇宙学会論文集,第52巻,607号,pp. 355-360,2004年8月.
7) Kanazaki, M., Jeong, S., and Yamamoto, K., "High-Lift SystemOptimization Based on Kriging Model Using High Fidelity Flow Solver," Transaction of Japan Society for Aeronautical and Space Science, Vol. 49, No. 165, p. p. 169-174, November, 2006.
8) 金崎雅博,鄭信圭,田中健太郎,山本一臣,「Kriging法を用いた3要素翼配置の多目的設計探査」,日本航空宇宙学会論文集,第54巻第632号,pp. 419-426, 2006年9月.
9) Kanazaki, M., Tanaka, K., Jeong, S., and Yamamoto, K., "Multi-Objective Aerodynamic Exploration of Elements' Setting for High-Lift Airfoil Using Kriging Model," Journal of Aircraft, Vol.44 No.3, p. p. 858-864, 2007.
10)Kanazaki, M., and Jeong, S., "High-lift Airfoil Design Usign Kriging based MOGA and Data Mining," Journal of KSASS, (in refereeing).
11) Kanazaki, M., Jeong, S., and Yamamoto, K., “Data Visualization for a Multi-Element High-Lift Airfoil Design,” Journal of Aircraft, (in refereeing).
12) Kanazaki, M., Imamura, T., Jeong, S., and Yamamoto, K., “Sweep Angle Effect for Design of a High-lift Wing,” Journal of KSASS, (in refereeing).
13) Kanazaki, M., Yokokawa, Y., Murayama, M., Ito, T., Jeong, S., and Yamamoto, K., “Nacelle Chine Installation Based on Wind Tunnel Test Using Efficient Design Exploration,” Transaction of JSASS, Vol 51, No. 173, Nov. 2008.

     
報告など(論文形式・査読付)
1) 金崎雅博, 大林茂, 中橋和博,「自動車エンジン排気系形状の多目的最適化」,流体科学研究所報告, 第12巻,2001.
2) Kanazaki, M., Obayashi, S., and Nakahashi, K., "Numerical Simulation of Supersonic Flow around Wing-Body Configuration with Integrated Engine Nacelle," The Report of the Institute of Fluid Science, Vol. 14, 2002.
3) Kanazaki, M., Obayashi, S., and Nakahashi, K., "Exhaust Manifold Design with Tapered Pipes Using Divided Range MOGA," The Report of the Institute of Fluid Science, Vol. 15, 2003.
4) 金崎雅博,藤原仁志,大林茂,中橋和博,「構造-非構造接続法によるNALジェット実験機機体統合超音速インテーク性能解析」,宇宙航空研究開発機構特別資料,JAXA-SP-03-002,pp.220-225,2004年3月.
5) 鄭信圭,金崎雅博,村山光宏,「Kriging法を用いた高揚力装置の最適設計」,宇宙航空研究開発機構特別資料,JAXA-SP-04-012,pp.151-154,2005年3月.
6) 金崎雅博,鄭信圭,田中健太郎,山本一臣,「Kriging法を用いた3要素翼配置の多目的最適化」,宇宙航空研究開発機構特別資料,JAXA-SP-05-017,pp.59-64,2006年2月.


国際会議論文
1) Kanazaki, M., Obayashi, S., and Nakahashi, K., "Design Optimization of Exhaust Manifold for a Car Engine Using MOGA," EUROGEN2001, Proceedings of EUROGEN2001, p. p. 423-430, Greek, September, 2001.
2) Kanazaki, M., Morikawa, M., Obayashi, S., and Nakahashi, K., "Design Optimization of Exhaust Manifold for a Car Engine Focused on Branching Configuration," ParallelCFD2002, Proceedings of ParallelCFD2002, Nara, Japan, May, 2002.
3) Kanazaki, M., Morikawa, M., Obayashi, S., and Nakahashi, K., "Multiobjective Design Optimization of Merging Configuration for an Exhaust Manifold of a Car Engine," the 7th conference on Parallel Problem Solving from Nature, Proceedings of PPSN, p. p. 281-287 Granada, Spain, September, 2002.
4) Kanazaki, M., Obayashi, S., and Nakahashi, K., "Numerical Simulation of Supersonic Flow around Wing-body Configuration with Integrated Engine Nacelle," the 42th Aerospace Sciences Meeting and Exhibit Conference, AIAA Paper 2002-0836, Reno, NV, January, 2002.
5) Kanazaki, M., Fujiwara, H., Ito, Y., Fujita, T., Obayashi, S., and Nakahashi, K., "Numerical Simulation of Supersonic Intake Using Structured-unstructured Zonal Approach," 24th International Congress of the Aeronautical Sciences, ICAS2004, (CDROM), Yokohama, July, 2004.
6) Kanazaki, M., "Multi-Objective Design Optimization System for a Subsonic Diffuser," AIAA 1st Intelligent Systems Technical Conference, AIAA Paper 2004-6513, Chicago, IL, September, 2004. (Invited)
7) Kanazaki, M., Jeong, S., and Yamamoto, K.,"Three-element wing optimization based on kriging model using high fidelity flow solver," The 3rd China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structual and Mechanical Systems,Proceedings of CJK-OSM3, p. p. 197-202, Kanazawa, October, 2004.
8) Kanazaki, M., Jeong, S., and Murayama, M., "High-Lift System Optimization Based on Kriging Model Using High Fidelity Flow Solver," The Fourth International Symposium on AFI and TFI, Proceedings of AFI-TFI2004, p. p. 135-138, Sendai, November, 2004.
9) Kanazaki, M., Tanaka, K., Jeong, S., and Yamamoto, K., "Multi-objective Aerodynamic Optimization of Elements' Setting for High-lift Airfoil Using Kriging Model," the 44th Aerospace Sciences Meeting and Exhibit Conference, AIAA Paper 2006-1471, January, 2006.
10)Kanazaki, M., Tanaka, K., Jeong, S., and Yamamoto, K., "Multi-objective Design Exploration of High-lift Airfoil Using Kriging Model," International Conference on Nonlinear Problems in Aviation and Aerospace, Proceedings of ICNPAA2006, (CDROM), Hungary, June, 2006.
11)Kanazaki, M., Tanaka, K., Jeong, S., and Yamamoto, K., "DESIGN EXPLORATION OF HIGH-LIFT AIRFOIL USING KRIGING MODEL AND DATA MINING TECHNIQUE," European Conference on Computational Fluid Dynamics, Proceedings of ECCOMAS2006, (CDROM), Netherlands, September 5, 2006.
12)Kanazaki, M., Jeong, S., Murayama, M., Yokokawa, Y., Yamamoto, K., "Design Optimization of Elements' Setting for a High-lift Airfoil Based on Data Mining Technique", The Third International Conference on Flow Dynamics, Proceedings of ICFD2006, p. p. 13-14, Matushima, Japan, November, 2006.
13) Masahiro Kanazaki, Mitsuhiro Murayama, Yuzuru Yokokawa, Shinkyu Jeong, and Kazuomi Yamamoto, “High-lift Airfoil Design for a Take-Off Configuration Using Kriging Based GA,” APCOM07, Kyoto, December 2007.
14) Masahiro Kanazaki, Taro Imamura, Shinkyu Jeong, and Shinkyu Jeong, “High-lift Wing Design in Consideration of Sweep Angle Effect Using Kriging Model,” 40th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, AIAA-2008-175, Reno, January 2002.
15) M. Kanazaki, Y. Yokokawa, M. Murayama and T. Ito, “Efficient Design Exploration of Nacelle Chine Installation in Wind Tunnel Testing,” 40th AIAA Aerospace Sciences Meeting and Exhibit, AIAA-2008-155, Reno, January 2002.
16)Y. Yokokawa, M. Kanazaki, M. Murayama, et al., “INVESTIGATION OF THE FLOW OVER NACELLE/PYLON AND WING CONTROLLED WITH A VORTEX GENERATOR IN HIGHLIFT CONFIGURATION,” ICAS 2008, Anchorage, Alaska, Sept. 2008.


その他論文
1) 金崎雅博,矢野康英,中橋和博,大林茂,「エンジンサイクルシミュレーションと排気系形状の最適化」,第11回日本流体力学会 年会2000,講演論文集,京都,2000年7月.
2) 金崎雅博,大林茂,中橋和博,「自動車エンジンの排気系形状の多目的最適化」,第14回数値流体力学シンポジウム,講演論文集(CDROM),東京,2000年12月.
3) 金崎雅博,大林茂,中橋和博,「自動車エンジンの排気系形状の多目的最適化」,日本機械学会第79期流体工学部門講演会,講演論文集,宮城蔵王町,2001年10月.
4) 金崎雅博,大林茂,中橋和博,「自動車エンジンの排気系形状の多目的最適化」,第8回MPSシンポジウム,講演論文集,京都,2001年10月.
5) 金崎雅博,大林茂,中橋和博,「NAL小型超音速実験機におけるナセル内流量変化の影響」,第14回計算力学講演会,講演論文集,札幌,2001年11月.
6) 森川雅司,金崎雅博,大林茂,中橋和博,「分散型多目的GAによる自動車エンジン排気系形状の最適設計」,第15回数値流体力学シンポジウム,講演論文集(CDROM),東京,2001年12月.
7) 金崎雅博,森川雅司,大林茂,中橋和博,「エンジン排気流れのハイブリッド最適化」,日本航空宇宙学会北部支部2002年講演会,仙台,2002年3月.
8) 金崎雅博,藤原仁志,大林茂,中橋和博,「NAL小型超音速実験機におけるナセル内流量変化の影響」,第33期航空宇宙学会年会講演会,講演論文集,東京調布市,2002年4月.
9) 金崎雅博,大林茂,中橋和博,「領域分割型MOGAによる自動車エンジン排気マニホールド設計システム」,第9回MPSシンポジウム,京都,2003年1月.
10)金崎雅博,藤原仁志,伊藤靖,藤田健,大林茂,中橋和博,「構造-非構造接続法によるNALジェット実験機機体統合超音速インテーク性能解析」, 航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,航空宇宙シミュレーション技術シンポジウム,東京調布市,2003年6月.
11)金崎雅博,藤原仁志,大林茂,中橋和博,「超音速航空機エンジンナセル内亜音速ディフューザの形状最適化」,第10回MPSシンポジウム,京都,2003年10月.
12)加藤将俊,金崎雅博,大林茂,中橋和博,「粘性計算による自動車エンジン排気マニホールドの最適設計」,第10回MPSシンポジウム,京都,2003年10月.
13)金崎雅博,藤原仁志,伊藤靖,藤田健,大林茂,中橋和博,「非構造・構造接続法を用いた機体統合状態における迎角・横滑り角の超音速インテーク空力性能変化の検証」,理論応用力学講演会,東京,2004年1月.
14)鄭信圭,金崎雅博,村山光宏,「Kriging法を用いた高揚力装置の最適設計」,航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2004,東京調布市,2004年6月.
15)金崎雅博,鄭信圭,田中健太郎,向井純一,山本一臣,「UPACS評価計算に基づく多要素翼の空力最適化」,第42回飛行機シンポジウム,講演論文集(CDROM),横浜,2004年10月.
16)今村太郎,山本一臣,嶋英志,井上隆,金崎雅博,向井純一,「超高速輸送機における抵抗発散マッハ数の推算と最適化」,第42回飛行機シンポジウム(CDROM),横浜,2004年10月.
17)金崎雅博,「Kriging法による多要素翼翼素配置最適化」,21世紀COE航空宇宙流体科学サマースクール,発表資料,p. p. 129-131,栃木,2004年7月.
18)金崎雅博,鄭信圭,田中健太郎,山本一臣「Kriging法を用いた3要素翼配置の多目的最適化」,航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2005,東京調布市,2005年6月.
19)金崎雅博,「UPACS計算に基づく高揚力装置の最適化」,21世紀COE航空宇宙流体科学サマースクール,発表資料,p. p. 79-85,宮城,2005年7月.
20)金崎雅博,鄭信圭,村山光宏,横川譲,山本一臣「データマイニング法を用いた2次元高揚力翼翼素配置最適設計」,第20回数値流体力学シンポジウム,名古屋,2006年12月.
21)金崎雅博,今村太郎,鄭信圭,山本一臣,「横流れを考慮した高揚力翼型展開形態の設計探査」,第39回 流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2007,東京,2007年6月.
22) 金崎雅博, 横川譲, 村山光宏, 伊藤健, 鄭信圭, 山本一臣, 「ナセルチャイン取り付け位置に関する効率的な実験的設計探査」,第45回飛行機シンポジウム,北九州,2007年10月.
23) 金崎雅博, 鄭信圭, 山本一臣, 「データマイニング法を利用した高揚力翼展開形態の多目的設計」,第45回飛行機シンポジウム,北九州,2007年10月.
24) 横川譲,村山光宏,金崎雅博, 伊藤健, 山本一臣, 「JAXA 高揚力装置模型のショートナセル形態風洞試験結果について」,第45回飛行機シンポジウム,北九州,2007年10月.
25) 金崎雅博,鄭信圭,山本一臣,「Kriging 近似手法を用いた離陸形態における高揚力翼型最適設計」,第17回設計工学・システム部門講演会,仙台,2007年10月.
26) 金崎雅博,村山光宏,横川譲,鄭信圭,山本一臣,「KRIGING法を用いた離陸形態における高揚力翼配置の最適設計」,第20回計算力学講演会,京都,2007年11月.
27) 小西里和子,鄭信圭,金崎雅博,「Kriging法による遷音速機主翼形状の設計 探査」,日本航空宇宙学会 北部支部 2009年講演会/第10回再使用型宇宙推進 系シンポジウム講演論文集,p. p. 40-45, 2009年3月.
28) 金崎雅博,小西里和子,鄭信圭,「遷音速三次元翼の多点最適化とデータマ イニング」,日本航空宇宙学会 北部支部 2009年講演会/第10回再使用型宇宙 推進系シンポジウム,p. p. 221-226,2009年3月.
29) 瀬戸直人,牧野好和,鄭信圭,金崎雅博「超音速機主翼の大域的な多分野融合最適設計」,日本航空宇宙学会 北部支部 2009年講演会/第10回再使用型宇宙推進系シンポジウム,2009年3月.
30) 金崎雅博,横川譲,伊藤健,鄭信圭,山本一臣「JAXA高揚力装置模型におけるナセルチャイン位置の最適化」,平成20年度航空宇宙空力班シンポジウム,2009年1月.
31) 横川譲,村山光宏,山本一臣,加藤裕之,伊藤健,金崎雅博「旅客機着陸性能の改善に関する風洞試験」,第43回「境界層遷移の解明と制御」研究会,2008年10月.
受 賞平成21年度 日本航空宇宙学会奨励賞
主な学会活動所属学会
日本航空宇宙学会,日本機械学会,AIAA,HASTIC北海道宇宙科学技術創成センター委員など
日本航空宇宙学会 空力部門委員
日本航空宇宙学会 サイレント超音速研究会幹事
日本機械学会計算力学部門 流体と構造の複合領域研究会委員(〜2006年)
日本機械学会計算力学部門 複合領域における設計探査研究会
人工知能学会進化計算フロンティア研究会専門委員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 航空機力学とペーパープレーン
  • 航空宇宙工学概論
  • 航空宇宙設計工学
  • 数値流体力学演習
  • 数値流体力学2
  • 航空宇宙設計工学特論
  • システム設計工学特別講義
  • 航空機力学とペーパープレーン
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ