本文へ移動します

加藤 洋

氏 名加藤 洋カトウ ヨウかとう よう
職 位教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 放射線学科
人間健康科学研究科 放射線科学域
 
専門・研究分野放射線物理学
放射線計測学
放射線防護学
最終学歴・学位電気通信大学大学院・工学修士
東邦大学・医学博士
研究テーマ核的方法による生体内微量元素分析
診断領域X線の物理特性
診断領域X線エネルギーの各種防護材料特性
研究キーワードINAA
微量元素
放射線防護
放射線計測
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
[著書]・医療被ばく測定テキスト(改訂2版):日本放射線技術学会,2012.・医用放射線機器-定義した用語 JIS Z 4005-2012:日本工業規格,2012.・新医用放射線技術実験(臨床編)第2版:共立出版,東京,2010.・コ・メディカルのための研究ガイド:日本放射線技師会出版会,東京,2009.・診療放射線技師 スリム・ベーシック2 放射線物理学:メディカルビュー社,東京,2009.・ポケット・レビュー帳,第2章 放射線物理学:メジカルビュー社,東京,2008.・放射線計測学:オーム社,東京,2003.・放射線医療技術学叢書(10)インバータ式X線装置の特性と臨床への適用:日本放射線技術学会,1995.
[論文]・Dual Source CTを用いた冠状動脈造影CTにおける使用基準の有用性 心電同期高速二重螺旋スキャンと螺旋スキャン,非螺旋スキャンの被ばく線量比較:日本放射線技術学会雑誌,69(3),257-263,2013.・可視光を利用した模擬X線CT装置の開発:群馬県立県民健康科学大学紀要,6,21-31,2011.・Calculation of air-kerma rate of diagnostic X-ray generators: Radiological Physics and Technology, Vol4:1-6,2011.・診断用X線撮影領域に対する無鉛ボードの遮へい評価:日本放射線技術学会雑誌66:1555-1560,2010.・Evaluation of Non-lead Board as X-Ray Protective Material: 12th International Congress of the International Radiation Protection Association, FP0489.pdf,4Page,CD-ROM,2008.・X線防護材としての無鉛ボードの評価:日本放射線技術学会雑誌,63,428-435,2007.・Use of Instrumental Neutron Activation Analysis to Determine Consentrations of Multiple Trace elements in Human Organs: Archeves of Enviromental Health, 58(10), 655-661, 2003. ・アルミニウム飲水投与によるSHRラットの血圧と微量元素への影響:Biomedical Reserch on Trace elements,14(4), 338-340,2003. ・高電圧半導体スイッチによるパルス透視における被ばく線量低減:東京保健科学学会,4,110-113,2001.・X-ray output and percentage ripple in X-ray tube voltage:X-ray generator for mammography: Japanese journal of radiological technology,17,48-55,1999.
受 賞日本放射線技術学会奨励賞(1997)
日本放射線技術学会技術奨励賞(2012)
主な学会活動日本放射線技術学会
日本微量元素学会
日本保健科学学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 物理通論I c
  • 物理通論II c
  • 物理学実験第一 f
  • 物理通論I c
  • 物理通論II c
  • 物理学実験第一 f
  • 応用数学
  • 医用物理学Ⅰ
  • 医用物理学Ⅱ
  • 生化学
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特論
  • 放射線科学特論
  • 放射線計測学特論
  • 放射線計測学特論
  • 放射線計測学特論演習
  • 放射線計測学特論演習
  • 放射線医学物理学特論
  • 放射線医学物理学特論
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特講
  • 放射線科学特講
  • 放射線計測学特講
  • 放射線計測学特講
  • 放射線計測学特講演習
  • 放射線計測学特講演習
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究b
オフィスアワー
研究室校舎棟514号室
内線番号内線410
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ