本文へ移動します

加藤 直

氏 名加藤 直カトウ タダシかとう ただし  
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 化学コース
理工学研究科 分子物質化学専攻
 
専門・研究分野物理化学
最終学歴・学位都立大院・化学・修士課程修了。理博(都立大1980)
研究テーマ両親媒性分子が作る集合体の構造とダイナミクス
研究キーワード分子集合体 ソフトマター 両親媒性分子 ダイナミクス 界面活性剤 散乱 ずり流動場
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
M. Yamanoi, Y. Kawabata, and T. Kato
“Effects of Oscillatory Shear on the Orientation of the Inverse Bicontinuous Cubic Phase in a Nonionic Surfactant/Water System”
Langmuir, 32, 2863-2873 (2016).

Y. Shimada, Y. Kawabata, and T. Kato
“Rheological properties of wormlike micelles formed in concentrated region of nonionic surfactant (C16E7)-water system”(invited article)
Colloid Polym. Sci., 293, 3275-3283 (2015).

D. Sato, K. Obara, M. Iwahashi, Y. Kawabata, and T. Kato
“Re-entrant Lamellar/Onion Transition with Varying Temperature under Shear Flow”
Langmuir, 29, 121-132 (2013).

M. Ito, Y. Kosaka, Y. Kawabata, and T. Kato
“Transition Processes from Lamellar to Onion State with Increasing Temperature under Shear Flow in a Nonionic Surfactant/Water System Studied by Rheo-SAXS”
Langmuir, 27, 7400-7409 (2011).

Y. Kosaka, M. Ito, Y. Kawabata, and T. Kato
“Lamellar-to-Onion Transition with Increasing Temperature under Shear Flow in a Nonionic Surfactant/ Water System”
Langmuir, 26, 3835-3842 (2010).

Y. Suganuma, M. Imai, T. Kato, U. Olsson, and T. Takahashi
“Order-Disorder Transition of Nonionic Onions under Shear Flow”
Langmuir, 26, 7988-7995 (2010).

M. Hato, H. Minamikawa, and T. Kato
“Sugar-based surfactants with isoprenoid-type hydrophobic chains-Physicochemical and Biophysical Aspects”,
in "Sugar-Based Surfactants: Fundamentals and Applications", C. C. Ruiz, Ed. Taylor and Francis (2009).

S. Bulut, J. Hamit, U. Olsson, and T. Kato
“On the Concentration Induced Growth of Nonionic Wormlike Micelles”
Eur. Phys. J. E, 27, 261-273 (2008).

K. Miyazaki, Y. Kosaka, Y. Kawabata, S. Komura, and T. Kato*
“Shear-Induced Structural Transition in the Lamellar Phase of C16E7/D2O System. Time Evolution of Small-Angle Neutron Scattering at a Constant Shear Rate. ”
J. Appl. Cryst. 40, s332–s334 (2007).

T. Kato, Y. Kawabata, M. Fujii, T. Kato*, M. Hato and H. Minamikawa
“Micelle Structures in Aqueous Solutions of Glucose-Based Surfactants Having an Isoprenoid-Type Hydrophobic Chain”
J. Colloid Interface Sci. 312, 122-129 (2007).
受 賞
主な学会活動日本化学会コロイドおよび界面化学部会 部会長
日本化学会コロイドおよび界面化学部会 役員
日本化学会コロイド・界面化学ディビジョン主査
日本油化学会 代議員
日本油化学会 関東支部幹事
社会等との関わり経済産業省 計量士国家試験委員(2005年7月〜2013年5月)
文部科学省 理数学生応援プロジェクト企画評価委員会委員(2007年3月)
文部科学省 大学設置・学校法人審議会専門委員(2012年4月〜2015年3月)
日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員(2012年12月〜2014年11月)
東京理科大学総合研究機構 外部有識者によるアドバイザリー委員会委員(2014年6月〜2016年3月)
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 化学熱力学I
  • 化学セミナー
  • 物理化学特別講義II(化学特論VI凝縮系の物理化学)
  • 物理化学特別講義II(化学特論VI凝縮系の物理化学)
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーIII
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーIII
オフィスアワー金 10:30-12:30
研究室8号館375号室
内線番号内線3435
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ