本文へ移動します

加藤 潤一

氏 名加藤 潤一カトウ ジユンイチかとう じゆんいち  
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 生命科学コース
理工学研究科 生命科学専攻
 
専門・研究分野分子遺伝学
最終学歴・学位東京大学大学院理学系研究科(博士86年)、理学博士
研究テーマ細胞性生物の増殖、生存に最低限必須な全ての過程を分子レベルで明らかにすることを目指し、バクテリア(主に大腸菌)を材料として、実験的な最小必須遺伝子群の同定とそれらの機能解析を行っている。具体的には染色体大規模欠失株の作製、機能未知必須遺伝子の機能解析、生育、生存に重要な遺伝子群の解析を進めており、素過程としては特に染色体複製、染色体分離分配、遺伝子組み換え、タンパク質合成(転写、翻訳)のメカニズムなどに興味を持って研究している。また合成生物学的研究として、大腸菌における光合成機能の再構成を試みている。
研究キーワード必須遺伝子、最小必須遺伝子群、大腸菌ゲノム、染色体複製、複製開始調節、染色体分離分配、DNAトポイソメラーゼ、遺伝子組み換え、データベース、合成生物学
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
(1) Iwamoto, A., Osawa, A., Kawai, M., Honda, H., Yoshida, S., Furuya, N., and Kato, J.
(2012) Mutations in the essential Escherichia coli gene, yqgF, and their effects on
transcription. J. Mol. Microbiol. Biotechnol. 22: 17-23.
(2) Hashimoto, C., Sakaguchi, K., Taniguchi, Y., Honda, H., Oshima, T., Ogasawara, N.,
and Kato, J. (2011) Effects on transcription of mutations in ygjD, yeaZ, and yjeE
genes involvein a universal tRNA modification in Escherichia coli. J. Bacteriol. 193:
6075-6079.
(3) Iwadate, Y., Honda, H., Sato, H., Hashimoto, M. and Kato, J. (2011) Oxidative
stress sensitivity of engineered Escherichia coli cells with a reduced genome. FEMS
Microbiology Letter. 322: 25-33.
(4) Tachikawa, T., and Kato, J. (2011) Suppression of the temperature-sensitive
mutation of the bamD gene required for the assembly of outer membrane proteins
by multicopy of the yiaD gene in Escherichia coli. Biosci. Biotechnol. Biochem. 75:
162-164.
(5) Inoue, A., Murata, Y., Takahashi, H., Tsuji, N., Fujisaki, S., and Kato, J. (2008)
Involvement of an essential gene, mviN, in murein synthesis in Escherichia coli. J.
Bacteriol. 190: 7298-7301.
(6) Kato, J. and Hashimoto, M. (2007) Construction of consecutive deletions of the
Escherichia coli chromosome, Mol. Syst. Biol. 3; Article number 132.
(7) Ote, T., Hashimoto, M., Ikeuchi, Y., Su'etsugu, M., Suzuki, T., Katayama, T., and
Kato, J. (2006) Involvement of the Escherichia coli folate-binding protein YgfZ in
RNA modification and regulation of chromosomal replication initiation . Mol.
Microbiol. 59: 265-275.
(8) Hashimoto, M., Ichimura, T., Mizoguchi, H., Tanaka, K., Fujimitsu, K., Keyamura, K.,
Ote, T., Yamakawa, T., Yamazaki, Y., Mori, H., Katayama, T. and Kato, J. (2005) Cell
size and nucleoid organization of engineered Escherichia coli cells with a reduced
genome. Mol. Microbiol. 55: 137-149.
(9) Kato, J. and Katayama, T. (2001) Hda, a novel DnaA-related protein, regulates the
replicati on cycle in Escherichia coli. EMBO Journal 20: 4253-4262.
(10) Tsukamoto, Y., Kato, J., and Ikeda, H. (1997) Silencing factors participate in DNA
repair and recombination in Saccharomyces cerevisiae. Nature 388: 900-903.
(11) Kato, J., Nishimura, Y., Imamura, R., Niki, H., Hiraga, S., and Suzuki, H. (1990).
New topoisomerase essential for chromosome segregation in E. coli. Cell 63: 393-
404.
受 賞
主な学会活動日本分子生物学会、ゲノム微生物学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 生物学概説IA
  • 生物学概説IA
  • 遺伝学概論1
  • 分子生物学実験(分子遺伝)
  • ゲノム科学各論
  • 生物学特別講義(細菌の分子生物学)
  • 分子生物学特論
  • 分子生物学特論
  • 生命科学セミナー1(分子遺伝1)
  • 生命科学セミナー1(分子遺伝1)
  • 生命科学セミナー2(分子遺伝1)
  • 生命科学セミナー2(分子遺伝1)
  • 生命科学セミナー1(分子遺伝2)
  • 生命科学セミナー1(分子遺伝2)
  • 生命科学セミナー2(分子遺伝2)
  • 生命科学セミナー2(分子遺伝2)
  • 生命科学実験1(分子遺伝)
  • 生命科学実験1(分子遺伝)
  • 生命科学実験2(分子遺伝)
  • 生命科学実験2(分子遺伝)
オフィスアワー平日 メールでご相談ください
研究室8号館329, 330号室
内線番号内線3668
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ